りそなホールディングスに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

りそなホールディングスに関する口コミ・噂

りそなホールディングス(りそなホールディングス)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内にりそなホールディングスの記事は全部で32件あり、注目度1位は「ブラック企業である」であり、注目度2位は「創業者の話がある」であり、注目度3位は「M&Aの話がある」であり、4位は「収益の話がある」、5位は「倒産しそう」、6位は「リストラをしている」、7位は「経営破綻する」、8位は「いじめがある」、9位は「労働組合の話がある」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

りそなホールディングス傘下の投資会社は30日、事業承継を目的に、冷蔵ショーケースや厨房(ちゅうぼう)機器のレンタル・販売を手掛ける葛飾冷機センターグループ(東京)の全株式を取得したと発表した。2021年4月に設立した事業承継ファンドによる出資で、昨年9月に全株を取得した扶桑商事(東京)に次ぐ2号案件となる。出資額は公表していない。
りそな傘下の投資会社、冷蔵機器レンタル会社の全株取得 事業承継ファンド2号案件:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022083000842&g=eco
りそなホールディングス(HD)は30日、地域活性化を目的とした新会社を設立し、「農業」と「教育」をデジタル技術で結び付ける新事業に乗り出すと発表した。千葉大学内にいちごの営農施設を設置。保育園や幼稚園に農産物を育てる過程をタブレット端末などで楽しみながら学習できるデジタル教材を提供し、実際に収穫したり、食べたりすることで「食育」にもつなげる。
りそな、地域活性化へ新会社 農業と教育、デジタルで融合:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022063000990&g=eco
りそなホールディングスは21日、京葉銀行とファンドラップと呼ばれる投資一任型の資産運用商品の販売で提携すると発表した。りそなと京葉銀は、デジタル分野などで業務提携しており、今回もその一環。27日から京葉銀の利用客は投資信託口座を通じて、りそな銀が運用するファンドラップを購入できるようになる。
りそなHD、京葉銀にファンドラップ提供 信託代理店契約締結で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062100975&g=eco
りそなホールディングスの南昌宏社長は1日までにインタビューに応じ、スマートフォン向け銀行アプリのダウンロード数について、現状の2倍以上となる1000万件超を目指す考えを明らかにした。南氏は、銀行アプリ技術を提供する地方銀行との連携も強化し、「基本的にはすべての顧客とデジタルでつながっていく」と意気込みを語った。 りそなは、スマホで残高確認や振り込み、資産運用ができる銀行アプリを通じた金融取引の拡大を目指しており、常陽銀行や足利銀行など地銀にも技術提供している。 南氏は同アプリについて、来年3月ま…
銀行アプリ利用、1000万超へ 地銀との連携強化―南りそなHD社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022060101049&g=eco
りそなホールディングス傘下で関西みらいフィナンシャルグループ(FG)子会社、みなと銀行(神戸市)の武市寿一社長は12日の決算会見で、兵庫県内の景況感について「(1~3月期で)7四半期ぶりに悪化しており、原材料高騰が新型コロナウイルス要因を上回っている」との認識を示した。
武市みなと銀社長:7四半期ぶりに悪化 1~3月期、兵庫県内景況:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051201419&g=eco
りそなホールディングスは22日、ビッグデータ活用支援のブレインパッドと資本業務提携契約を締結したと発表した。りそながブレイン社の株式を最大2.5%程度取得するとともに、地域金融機関のデータ活用を支援するサービスの提供などで両社が連携する。
りそなHD、ブレインパッドに出資へ 地域金融のデータ活用支援などで連携:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022022200995&g=eco
りそなホールディングスは1日、中堅・中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する新会社を、4月1日に設立すると発表した。新会社にはシステムやソフトウエアの開発会社、コンサルティング会社などと共同出資。デジタル技術を活用した業務効率化や新規顧客開拓、新たな商品・サービス創出に向けて、DX導入時だけではなく継続的に取引先を支援していくという。
りそな、中小のDX支援で新会社 システム開発企業などと共同出資:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020100934&g=eco
りそなホールディングス(HD)の南昌宏社長は6日までにインタビューに応じ、環境問題や社会課題に取り組む企業の株式などで組成するESG関連ファンドの販売額を、2030年度までに現状の約200億円から累計2兆~3兆円に引き上げる方針を明らかにした。目標実現に向け、地域金融機関を通じた販売など外部との連携も強化する。 りそなHDは、30年度までにESG関連の投融資を総額10兆円とする目標を掲げている。このうち2兆~3兆円は、子会社で組成する投資信託を販売。「個人の顧客を含め(環境分野などに積極投資する…
ESGファンド、2兆~3兆円 30年度までに販売―南りそなHD社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120600938&g=eco
りそなホールディングス傘下で関西みらいフィナンシャルグループ(FG)子会社、みなと銀行(神戸市)の武市寿一社長は9日の決算会見で、2022年3月期の単体純利益が40億円になる見通しだと発表した。期初予想を5億円上方修正した。武市氏は「投信販売が好調で、経費が当初目標より改善した」と指摘した。
〔決算〕武市みなと銀社長:22年3月期単体純利益予想、期初予想より5億円増:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111000303&g=eco
りそなホールディングス(HD)やパナソニックなど4社は2日、「顔認証」技術を使った決済基盤の実用化で連携すると発表した。来年度にも、銀行の店頭で顔認証だけで入出金や振り込みができる仕組みを導入。さらに宿泊施設のチェックインや小売店での「顔パス」決済など、業種の垣根を越えて幅広い場面での活用を目指す。 顔認証は、店頭に設置されたカメラなどで、本人の同意を得て共通のサーバーに登録した顔画像と照合して本人確認する仕組み。ジェーシービー(JCB)と大日本印刷を加えた4社で共通の基盤を構築する。
「顔パス」で支払いや入出金 実用化へ異業種連携―りそな・パナソニック:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080200689&g=eco
ニュース一覧

りそなホールディングスの注目の噂

りそなホールディングスの全ての噂

りそなホールディングスの噂をタレコミ