シャープに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

シャープに関する口コミ・噂

シャープ(シャープ株式会社/大阪市阿倍野区長池町22-22)に関する噂・口コミランキングです。
シャープへの印象・評価は、1位 凄い(34%)、2位 先進(33%)、3位 イケてる(8%)、4位 厳しい(7%)、5位 商売熱心(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(4%)であると考えられます。(参考データポイント:214)
当サイト内にシャープの記事は全部で52件あり、注目度1位は「残業代が出ない」であり、注目度2位は「倒産しそう」で日刊ゲンダイ等のメディアで記事にされており、注目度3位は「ブラック企業である」で日刊ゲンダイ等のメディアで記事にされており、4位は「セクハラが酷い」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「リストラをしている」、7位は「品質管理の問題がある」、8位は「創業者の話がある」、9位は「M&Aの話がある」、10位は「収益の話がある」です。

ニュースリンク

シャープは3日、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用した小学校向け「AI教育パック」を発売したと発表した。小学校でのプログラミング教育が必修化される中、人工知能(AI)について理解を深められる教育ツールを提供する。
シャープ、小学校向け「AI教育パック」発売 ロボホン活用:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070301006&g=eco
シャープは29日、液晶パネル事業を2020年度中に分社化すると発表した。他社からの出資も視野に、継続的な設備・開発投資を進める。 新会社の名称や資本金は今後決める。同事業の20年3月期の売上高は6514億円。スマートフォンなど向けカメラ関連部品事業も分社化する。
液晶パネル事業を分社化 シャープ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052900923&g=eco
シャープは28日、IoT(モノのインターネット)機器を一括管理できる専用アプリ「COCORO HOME(ココロ・ホーム)」と大阪ガス、ノーリツ、リンナイの無線LAN対応ガス機器との連携を開始したと発表した。外出先で、スマートフォン上のアプリからガス機器を遠隔操作し、風呂を沸かすことなどが可能になる。
シャープ、IoT機器管理アプリとガス機器の連携開始 関電にデータ提供も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052800891&g=eco
S&Pグローバル・レーティングは25日、シャープの長期発行体格付けのアウトルックを「安定的」から「ネガティブ」に変更したと発表した。長期発行体格付けは「BB-」、短期発行体格付けは「B」をいずれも据え置いた。
S&P、シャープの格付けアウトルックを「安定的」から「ネガティブ」に変更:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052500663&g=eco
シャープが19日発表した2020年3月期連結決算は、前期比71.8%減の209億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて取引先の工場が操業停止や減産に踏み切ったため、自動車やスマートフォン向けの液晶ディスプレーの販売が大幅に落ち込んだ。 売上高は5.4%減の2兆2712億円、本業のもうけを示す営業利益は37.3%減の527億円。保有している株式の評価損も純利益を押し下げた。 21年3月期の通期予想は新型コロナの影響が見通せないため未定とし、今年4~6月期業績を公表する8月に示す。
シャープ、純利益72%減 コロナで液晶低迷―20年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051901083&g=eco
シャープは8日、2020年3月期連結業績予想を下方修正し、純利益が200億円(従来予想800億円)に減る見通しだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うディスプレーなどの需要減少が主な要因。 売上高は2兆2700億円(同2兆4500億円)、営業利益は520億円(同1000億円)にそれぞれ下方修正した。
シャープ、純利益4分の1に 業績予想を下方修正―20年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050801086&g=eco
シャープは7日、6日に抽選を行った2回目の同社製マスク販売への応募総数が約680万人だったと発表した。初回の落選者らに加え、新規応募者の約210万人を対象に抽選した結果、6万人が当選した。当初5万人の予定だったが、増産により1万人上積みした。
シャープのマスク、2回目販売に6万人当選 応募680万人―13日に3回目抽選:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050701153&g=eco
シャープは1日、自社製マスクのインターネットを通じた抽選販売の応募の受け付けを3日に再開すると発表した。2回目の抽選は6日に行い、3日午前10時から5日正午まで受け付ける。購入は1人1箱に限定。5万箱用意する。
シャープ、マスクの販売再開 3日から受け付け:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050100818&g=eco
シャープは30日、2020年春闘で妥結していた賃上げの延期を労働組合に申し入れたことを明らかにした。実施を従来の4月から7月に3カ月延期する。新型コロナウイルス感染拡大に伴う経営環境の悪化で、業績が見通せないため。 今後、組合側は延期を受け入れるかどうか判断する。シャープは3月、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善の目安として、1500円で労使間で妥結していた。
シャープ、新型コロナで賃上げ3カ月延期 組合に申し入れ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020043000868&g=eco
シャープは28日、マスクの抽選販売に約470万人の応募があったと発表した。同日抽選を行い、当選者4万人には29日までに電子メールで知らせる。 マスクは1箱50枚入りで3278円(別途送料660円)。同社は3月、自社工場でマスクの生産を開始。今月21日にインターネットで一般向けに発売したが、アクセスが集中したため同日中に販売を停止。抽選方式に切り替え、販売を再開した。 2回目の抽選販売の日程は未定だが、販売数量は増やす予定。今回落選した人は、自動的に抽選対象となるため、改めて応募する必要はない。
シャープ、マスクに470万人応募:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042800883&g=eco
ニュース一覧

シャープの注目の噂

シャープの全ての噂

シャープのタグ

シャープ電気機器メーカー太陽光発電メーカー映像機器メーカー音響機器メーカー携帯電話メーカー半導体コンピュータかつての音響機器メーカー三和グループ芙蓉グループ阿倍野区多国籍東証一部上場日経平均株価1935年設立

シャープの噂をタレコミ

シャープ株式会社の基本情報

シャープ株式会社は、大阪府大阪市阿倍野区長池町に本社を構える総合家電メーカーである。大手電機8社の一角。液晶の応用技術を軸とした製品を持つ企業としてその名を知られている。商標は 。中国では「 」と表記される。経営信条は「誠意と創意」である。歴史1912年、早川徳次が東京で創業した。徳尾錠というベルトのバックルの発明が始まりである。1915年、金属製繰出鉛筆を発明。販売開始後、商品名をエバー・レディ・シャープ・ペンシルに変えた。アメリカで爆発的にヒット。現在の社名はこれに由来する。だが1923年に関東大震災によりシャープペンシル工場を焼失。早川は家族もすべて失い、大阪へ移り再起を図った。1925...