全日本空輸に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

全日本空輸に関する口コミ・噂

全日本空輸(全日本空輸株式会社/東京都港区東新橋一丁目5番2号汐留シティセンター)に関する噂・口コミランキングです。
全日本空輸への印象・評価は、1位 先進(28%)、2位 凄い(19%)、3位 イケてる(16%)、4位 厳しい(11%)、5位 コアなファンが居る(10%)、6位 堅実(9%)、7位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に全日本空輸の記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「倒産しそう」であり、4位は「リストラをしている」、5位は「創業者の話がある」、6位は「いじめがある」、7位は「経営破綻する」、8位は「営業力がある」、9位は「ブラック企業である」、10位は「有給休暇が使えない」です。

ニュースリンク

全日本空輸は12日、夏のボーナスを1カ月分とする方針を労働組合に提案した。ボーナス支給は2020年夏以来、2年ぶりとなる。これまではコロナ禍に伴う業績悪化を受け、コスト削減のため支給を見送っていた。
全日空、2年ぶりボーナス 夏1カ月分、労組に提案:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051201369&g=eco
全日本空輸は20日、国際線の旅客運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を、6~7月発券分で増額すると発表した。原油価格の高騰や円安を反映し、多くの路線で過去最高だった2008年10~12月を上回る。 日本発の片道で北米・欧州・中東・オセアニアを3万7400円と、現行の1万9900円から引き上げる。ハワイ・インドネシアは2万3800円(現行1万2500円)、タイ・シンガポールなどは2万400円(同9700円)、ベトナム・グアム・フィリピンが1万2500円(同5700円)、韓国は410…
燃油サーチャージ過去最高 6~7月―全日空:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022042001028&g=eco
時事通信が主要100社を対象に行った2023年春の新卒採用計画に関する調査結果がまとまった。採用方針を明らかにした75社のうち、22年に比べて採用を「増やす」と回答した企業は33社と、前年の8社から大幅に増加。新型コロナウイルス禍で冷え込んだ企業の採用意欲が回復した。 「増やす」と答えた33社のうち、コロナ禍で利用客の激減に見舞われた全日本空輸は「事業規模の正常化を見据え、人材の確保を図る」と、3年ぶりに総合職の採用を再開する。JTBも2年ぶりに新卒採用を行い、JR西日本は採用増に踏み切る。イン…
来春採用、意欲が回復 人材確保へ「増やす」3割―主要100社:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022033000940&g=eco
全日本空輸は30日、2022年春闘で、コロナ禍に伴い実施している月例賃金の減額をやめ、4月に元に戻すと労働組合に伝えた。コロナ禍による業績悪化を受け、同社は21年1月から一般社員の賃金を5%減額し、平均年収は3割カットされている。一時金については協議を続ける。
全日空、月例賃金回復 一時金は協議継続―22年春闘:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022033001080&g=eco
福島県沖を震源とする地震に伴う東北新幹線の一部区間での運休を受け、全日本空輸は17日、代替輸送を担う臨時便を18日も運航すると発表した。羽田―仙台の3往復を運航する。定期便の羽田―秋田(1往復)は335席の大型の機体に変更する。 17日に全日空は羽田―仙台、福島で計5往復の臨時便を運航。日本航空は羽田―仙台、山形、秋田、三沢や伊丹―花巻など計8往復の運航を決めた。
18日も東北臨時便 全日空―福島沖地震:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031701089&g=eco
全日本空輸は3日、ロシアのウクライナ侵攻を受け、4日の成田―ブリュッセル線の航路をロシア上空から中央アジア上空に切り替えて運航すると明らかにした。ルート変更により、飛行時間は約12時間から約16時間に増えるという。上空を通過する各国の了承を得て、成田発は旅客便、復路は貨物便として運航する。 ロシア上空を通る4日の羽田―パリ、ロンドン、フランクフルト各線の旅客便計8便は欠航する。5日以降については、中央アジア上空を通る航路を利用する方向で検討を進める。
欧州便ルート変更 ロシア上空避ける―全日空:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022030300958&g=eco
全日本空輸は2日、ロシアのウクライナ侵攻を受け、3日に運航を予定していた欧州便8便をすべて欠航とすることを明らかにした。羽田―フランクフルトの旅客便1往復と貨物便6便を欠航とする。「運航の安全を担保し、事業を安定的に運営する観点から総合的に勘案した」(広報部)と説明している。4日以降の対応は検討中という。
全日空、3日の欧州便欠航:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022030201414&g=eco
全日本空輸と日本航空、日揮ホールディングスなどは2日、航空業界の脱炭素に向けた切り札とされる「持続可能な航空燃料(SAF)」の普及を目指し、計16社による有志団体を設立したと発表した。サプライチェーン(供給網)の確立や国産SAFの供給を促すため、燃料メーカーや航空会社、商社などが業種の垣根を越えて議論を進める。 新団体には、廃棄される食用油からバイオ燃料を製造するレボインターナショナル(京都市)のほか、ENEOS(東京)、三井物産、日清食品ホールディングスなどが加わった。今後、自治体や地方空港な…
国産代替燃料普及へタッグ 航空脱炭素、業界横断で新団体:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022030201231&g=eco
全日本空輸の社長に4月1日付で就任する井上慎一専務は14日、東京都内で記者会見し、「一日も早い黒字化がミッションだ」と抱負を語った。新型コロナウイルス流行で旅客需要が落ち込む中、井上氏は「グループ各社と相乗効果を発揮し、総力戦で期待に応えていく」と強調した。
「一日も早い黒字化を」 全日空の井上次期社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022021400957&g=eco
ANAホールディングス(HD)は27日、2023年春入社の採用に関し、傘下の全日本空輸が客室乗務員(CA)の新卒採用を3年連続で見送ると発表した。パイロットや総合職、障害者は新卒採用を行うが、人数はコロナ禍に伴う国際線の旅客減少を踏まえて絞り込む。組織のスリム化による業績改善を目指す。
全日空、CA新卒採用見送り 3年連続、国際線旅客減―23年度:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021122700762&g=eco
ニュース一覧

全日本空輸の注目の噂

全日本空輸の全ての噂

全日本空輸のタグ

全日本空輸スターアライアンス航空会社東京都港区2012年設立の航空会社

全日本空輸の噂をタレコミ

全日本空輸株式会社の基本情報

全日本空輸株式会社は、日本の航空会社である。ANAホールディングス株式会社の子会社である。通称は全日空、略称はANA。2015年8月現在、羽田空港における発着枠のシェアは約6割である。イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、韓国のアシアナ航空や香港のキャセイパシフィック航空と並ぶ実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の5スターの獲得であるhttp://www.airlinequality.com/Airlines/NH.htm ANA All Nippon Airways 5-Star Airline Rat...