全日本空輸に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

全日本空輸に関する口コミ・噂

全日本空輸(全日本空輸株式会社/東京都港区東新橋一丁目5番2号汐留シティセンター)に関する噂・口コミランキングです。
全日本空輸への印象・評価は、1位 先進(28%)、2位 凄い(19%)、3位 イケてる(16%)、4位 厳しい(11%)、5位 コアなファンが居る(10%)、6位 堅実(9%)、7位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に全日本空輸の記事は全部で35件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「倒産しそう」であり、4位は「リストラをしている」、5位は「創業者の話がある」、6位は「いじめがある」、7位は「経営破綻する」、8位は「営業力がある」、9位は「ブラック企業である」、10位は「有給休暇が使えない」です。

ニュースリンク

全日本空輸(ANA)は9日、空港内で航空機の運航を支援する特殊車両の燃料として、廃食用油などからつくるバイオ燃料を活用する実証実験を羽田空港で開始した。ANAグループは航空機以外の分野でも脱炭素化を進めており、軽油より二酸化炭素(CO2)排出量の少ない燃料の実用化に向け、課題を洗い出す。
ANA、空港特殊車両にバイオ燃料 脱炭素化へ、羽田で実証実験:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024050901172&g=eco
全日本空輸(ANA)は19日、シンガポール航空との共同事業開始に向け、国土交通省から条件付きで独占禁止法適用除外の認可を取得したと発表した。シンガポールやオーストラリア、インドをはじめとする対象国で当局からの認可の取得後、運賃の共同設定や乗り継ぎダイヤの調整といった共同事業を開始し、利便性の向上を図る。
ANA、独禁法適用除外の認可取得 シンガポール航空との共同事業で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024041901016&g=eco
全日本空輸が2024年春闘で、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を月額1万1000円と回答したことが11日、分かった。1991年以来の高水準で、定期昇給(定昇)と合わせた賃上げ率は平均5.6%。
全日空、ベア1.1万円回答 91年以来の高水準:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024031101074&g=eco
全日本空輸は27日、国内定期旅客便の貨物室の空きスペースを使ってインターネット通販商品を配送するサービスを4月に始めると発表した。受注や出荷作業の自動化システムと組み合わせることで配送を効率化。トラック運転手の残業規制強化に伴う「2024年問題」で翌日配送ができない地域が増えることに対応する。
旅客便で通販翌日配送 24年問題に対応―全日空:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024022701000&g=eco
全日本空輸が2023年度の期末一時金について、月例賃金の3カ月分を支給する方針を労働組合に伝えたことが9日、分かった。これまでは1カ月分の予定だったが、通期利益予想を上方修正したことを踏まえた。これにより、夏と冬の一時金(各2カ月分)を合わせた年間一時金は、前年度(4カ月分)を上回る7カ月分となる。
全日空、期末一時金3カ月支給へ 業績予想上振れで:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024020901289&g=eco
全日本空輸は7日、能登半島地震の被災者の2次避難や、復旧に当たる作業員の移動を後押しする「能登復旧支援割」の実施を発表した。搭乗前日まで購入可能な割引運賃「ANA VALUE」について、現行の半額以下となる片道1万円とする。8日から来月28日までの運航分が対象で、7日に販売を始めた。
羽田―能登線、半額の片道1万円 2次避難や作業員に「支援割」―全日空:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024020701092&g=eco
全日本空輸は7日、羽田―能登線で、能登半島地震の被災地復旧支援や二次避難に伴う移動を支える「能登復旧支援割」を実施すると発表した。8日から来月28日までの運航分が対象で、搭乗前日まで購入可能な割引運賃「ANA VALUE1」を1万円で販売する。
全日空、羽田―能登線に「復旧支援割」 8日運航分から:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024020700864&g=eco
ANAホールディングス(HD)は31日、2024年3月期の連結営業利益が前期比58.3%増の1900億円と、過去最高を更新する見通しだと発表した。コロナ禍が一服して国際線を中心に訪日客らの利用が増え、従来予想の1400億円から上方修正した。売上高の見通しも18.9%増の2兆300億円へ、1兆9700億円から引き上げた。 23年4~12月期決算は増収増益。純利益は前年同期比2.4倍の1489億円だった。傘下の全日本空輸は国際線の旅客収入が1.9倍に拡大し、コロナ禍前の19年を上回った。旅客数は19…
営業益、過去最高へ ANAHDの24年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024013101201&g=eco
全日本空輸は23日、羽田―ミラノ、ストックホルム、イスタンブールの計3路線を2024年度下期中に新規開設すると発表した。当初20年度に就航予定だったが、コロナ禍で延期。回復が進む観光やビジネス需要を取り込む。
全日空、ミラノなど3路線開設へ コロナ明けで需要回復:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024012300988&g=eco
全日本空輸は23日、能登空港の復旧に伴い、羽田―能登線の運航を27日から再開すると発表した。当面は週3日(火、木、土)、1日1往復を運航する。
全日空、27日に羽田―能登線を運航再開 当面は週3往復:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024012300474&g=eco
ニュース一覧

全日本空輸の注目の噂

全日本空輸の全ての噂

全日本空輸のタグ

全日本空輸スターアライアンス航空会社東京都港区2012年設立の航空会社

全日本空輸の噂をタレコミ

全日本空輸株式会社の基本情報

全日本空輸株式会社は、日本の航空会社である。ANAホールディングス株式会社の子会社である。通称は全日空、略称はANA。2015年8月現在、羽田空港における発着枠のシェアは約6割である。イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、韓国のアシアナ航空や香港のキャセイパシフィック航空と並ぶ実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の5スターの獲得であるhttp://www.airlinequality.com/Airlines/NH.htm ANA All Nippon Airways 5-Star Airline Rat...