全日本空輸に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

全日本空輸に関する口コミ・噂

全日本空輸(全日本空輸株式会社/東京都港区東新橋一丁目5番2号汐留シティセンター)に関する噂・口コミランキングです。
全日本空輸への印象・評価は、1位 先進(28%)、2位 凄い(19%)、3位 イケてる(16%)、4位 厳しい(11%)、5位 コアなファンが居る(10%)、6位 堅実(9%)、7位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に全日本空輸の記事は全部で35件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「倒産しそう」であり、4位は「リストラをしている」、5位は「創業者の話がある」、6位は「いじめがある」、7位は「経営破綻する」、8位は「営業力がある」、9位は「ブラック企業である」、10位は「有給休暇が使えない」です。

ニュースリンク

全日本空輸は21日までに、国際線の旅客運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、12月~来年1月発券分を引き下げると発表した。過去最高を更新した10~11月分から引き下げる。燃料価格の下落を反映し、今年度初の値下げとなる。日本発の片道で最も高い北米や欧州は、9000円安くなる。
全日空、燃油サーチャージ引き下げ 12月~来年1月発券分:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022102100864&g=eco
全日本空輸は19日、動物由来の食材を使わない「ヴィーガン」などに対応した国際線の特別機内食3種類を刷新すると発表した。対象はヴィーガンのほか、肉や魚を使わない「ベジタリアン」、小麦などに含まれる「グルテン」摂取を制限する「グルテンフリー」向けメニューで、11月に提供を開始。国内外で進む食習慣や好みの多様化に対応する。
全日空、特別機内食3種を刷新 「ヴィーガン」対応など、11月から:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022101900817&g=eco
政府は11日、新型コロナウイルス対策で実施してきた水際規制を大幅に緩和した。1日5万人だった入国者数上限を撤廃し、外国人の個人旅行やビザなし渡航も解禁。コロナ前から9割以上落ち込んだ訪日客数の回復に弾みがつきそうだ。
水際規制を大幅緩和 全国旅行支援もスタート―空港に訪日客続々:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022101100077&g=eco
全日本空輸は5日、冬の一時金を今年度、3年ぶりに支給する方針を労働組合に伝えた。支給額は月例賃金の2カ月分。新型コロナウイルス禍で急減した旅客数が回復しつつある状況を踏まえ、物価上昇などで高まる社員の生活不安を払拭(ふっしょく)するのが狙い。 全日空はコロナ禍前の2019年度、夏と冬にそれぞれ2カ月分の一時金を支給した。しかし、経営環境の悪化を受け、20年度の夏は1カ月分に削減。同年度の冬、21年度の夏と冬は支給額をゼロにした。今年度の夏は1カ月分だった。
全日空、冬の一時金支給へ 3年ぶり、旅客回復で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022100501044&g=eco
政府は11日に新型コロナウイルスの水際規制を大幅に緩和する。インバウンド(訪日客)の回復が加速し、同時に始まる全国旅行支援と合わせて経済の底上げにつながるとの期待が膨らむ。航空や旅行業界は増便や商品拡充で、待ち望んできた今回の本格的「開国」に備える。 ◇円安も後押し 「待ちに待った緩和だ」。全日本空輸の井上慎一社長は先月下旬の記者会見で、水際規制の緩和を歓迎。円安が進み訪日旅行の割安感も増しており、「日本に来たいという思いをあちこちで耳にする」と旅客増に自信を見せた。 今回の緩和では、入国者数上…
訪日観光復活へ「開国」 経済底上げに期待―11日から水際緩和:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022100200335&g=eco
全日本空輸の井上慎一社長は23日、岸田文雄首相が新型コロナウイルスの水際対策を10月11日に大幅緩和すると表明したことに関し、「待ちに待った規制緩和だ。大変うれしい」と歓迎した。羽田空港で記者団に語った。入国者数の上限撤廃などにより、訪日外国人数の回復を見込み、10月末から国際線をさらに増便する方針も表明した。 最近の急激な円安については、「間違いなく日本に来るインセンティブ(動機付け)になっている」と指摘した。全日空によると、水際対策の大幅緩和が報道されて以降、12月から来年1月に搭乗する国際…
水際緩和を歓迎、来月増便へ 全日空社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092300325&g=eco
全日本空輸の井上慎一社長は23日、新型コロナウイルスの水際対策をめぐり岸田文雄首相が来月11日からの大幅緩和を表明したことを受け、「待ちに待った規制緩和だ。大変うれしい」と述べ、インバウンド(訪日客)復活への期待感を示した。需要増に対応するため、10月末から国際線をさらに増便する方針も表明した。
全日空社長、水際緩和に期待 10月国際線増便へ―円安も歓迎:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092300286&g=eco
全日本空輸は25日までに、国際線の旅客運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、10~11月発券分を引き上げると発表した。ロシアによるウクライナ侵攻に伴う燃料価格高騰や円安進行を反映し、8~9月分に続き過去最高を更新する。
全日空も最高更新 燃油サーチャージ―10~11月:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022082500761&g=eco
客室乗務員が運航規定に反して飲酒をしていたとして、国土交通省は9日、全日本空輸グループのANAウイングスを厳重注意した。 国交省などによると、20代の女性客室乗務員2人が7月29日の岩国発羽田行きANA632便の乗務前日、飛行勤務開始12時間以内に規定量を超える飲酒をしていた。航空法に基づいて認可される同社の運航規定に違反する行為だった。
全日空系に厳重注意 乗務員、規定に反し飲酒―国交省:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080900842&g=eco
新型コロナウイルスの「第7波」と呼ばれる感染拡大が、外食や小売り、旅行などの客足回復に水を差す可能性が高まっている。政府は今のところ外食自粛などの行動制限は求めない方針で、各社とも消毒や換気といった感染防止策の再徹底を急ぐ。ただ、「対策はやり尽くしている」(外食チェーン大手)と打つ手の乏しさを訴える声も多く、書き入れ時の夏に不安を募らせている。 コロナ禍で深手を負った居酒屋大手のワタミ。3月下旬のまん延防止等重点措置の解除以来、月を追って売り上げが回復してきたが、「今週から客足が鈍っている」(広…
書き入れ時に「第7波」 対策再徹底も客足に不安―外食・旅行:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072000864&g=eco
ニュース一覧

全日本空輸の注目の噂

全日本空輸の全ての噂

全日本空輸のタグ

全日本空輸スターアライアンス航空会社東京都港区2012年設立の航空会社

全日本空輸の噂をタレコミ

全日本空輸株式会社の基本情報

全日本空輸株式会社は、日本の航空会社である。ANAホールディングス株式会社の子会社である。通称は全日空、略称はANA。2015年8月現在、羽田空港における発着枠のシェアは約6割である。イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、韓国のアシアナ航空や香港のキャセイパシフィック航空と並ぶ実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の5スターの獲得であるhttp://www.airlinequality.com/Airlines/NH.htm ANA All Nippon Airways 5-Star Airline Rat...