全日本空輸に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

全日本空輸に関する口コミ・噂

全日本空輸(全日本空輸株式会社/東京都港区東新橋一丁目5番2号汐留シティセンター)に関する噂・口コミランキングです。
全日本空輸への印象・評価は、1位 先進(28%)、2位 凄い(19%)、3位 イケてる(16%)、4位 厳しい(11%)、5位 コアなファンが居る(10%)、6位 堅実(9%)、7位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に全日本空輸の記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「倒産しそう」であり、4位は「リストラをしている」、5位は「創業者の話がある」、6位は「いじめがある」、7位は「経営破綻する」、8位は「営業力がある」、9位は「ブラック企業である」、10位は「有給休暇が使えない」です。

ニュースリンク

国内の主要航空会社は29日、お盆期間(8月6~15日)の予約状況を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続き低調ではあるものの、国内線の予約数は前年比35.5%増で、東京都への緊急事態宣言発令後も増えているという。
お盆予約、宣言後も増 航空各社:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072901079&g=eco
全日本空輸は29日までに、今年の夏と冬のボーナス支給額をゼロとすることで各労働組合と合意した。新型コロナウイルス感染拡大で業績が悪化しており、人件費を含めた固定費の圧縮を進める。年間を通して支給を見送るのは、記録が残る1962年以降で初めて。昨年は、夏が1カ月で、冬はゼロだった。
全日空、ボーナス見送り 初の年間ゼロ、コロナ禍響く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062901060&g=eco
新型コロナウイルスワクチンの普及加速に向けた企業や大学などによる職域接種が21日午前、本格的に始まった。政府によると、18日午後5時時点で累計3479会場、1373万人分の申請があった。全国の大企業や大学のほか、中央官庁などでも一斉にスタートした。
ワクチン職域接種が本格化 申請1373万人、企業・大学など:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062100097&g=eco
新型コロナウイルスワクチンの職域接種が13日、始まった。全日本空輸は同日午前、国際線の運航に関わるパイロットと客室乗務員を対象に接種を開始。欧米に比べてワクチン接種が遅れている日本国内で、高齢者対象の接種に続いて職場や大学などの単位で行う接種が今後、本格化する。 全日空は13日、羽田空港の自社診療所近くの会議室で50人を対象に実施。国際線の乗務員計約1万人から進め、国際線の接客業務に関わる地上職などに順次拡大する。接種会場も増やす方向だ。接種を終えた客室乗務員の寺田路子さん(49)は「安心して乗…
ワクチン職域接種スタート 全日空、国際線乗務員優先で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061300094&g=eco
全日本空輸が新型コロナウイルスワクチンの職域接種を13日午前に始めることが12日、分かった。当初予定した21日から14日に前倒しする方向で調整していたが、準備が整ったため、さらに早める。接種は国際線のパイロットと客室乗務員を優先し、羽田空港の会議室で行う。
全日空、13日に職域接種:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061200328&g=eco
全日本空輸は10日、7月の国内線について、新型コロナウイルス流行前に立てた2020年度の事業計画に比べ運航を半減させると発表した。コロナ禍の影響が長期化する中、需要回復にはなお時間を要すると判断した。日本航空が同日公表した7月の国内線運航率は、21年度の事業計画比で76%。同月22~25日の4連休には利用増を見込み、全日空が約7割、日航が86%の運航率とする。
全日空、7月国内線の運航半減 日航は4連休利用増見込む:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061001136&g=eco
全日本空輸は27日、6月7~30日の国内線について、712便を追加減便すると発表した。新型コロナウイルス流行が続き、予約状況が伸び悩んでいるため。減便対象は羽田―新千歳、福岡、那覇など27路線。
全日空、6月の国内線追加減便:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052700988&g=eco
全日本空輸(ANA)は18日、7~9月の国際線について、新型コロナウイルス感染拡大前の2020年度事業計画比で2割運航すると発表した。各国の出入国規制により、依然として低水準での運航が続く。
ANA、7~9月の国際線2割運航 出入国規制続く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051800915&g=eco
全日本空輸は10日、5月13~31日に国内線の運航を2670便、追加で減らすと発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長などを受け、予約数が減少しているため。
全日空、5月に追加減便 緊急事態宣言延長で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051000982&g=eco
全日本空輸は10日、今年の夏と冬のボーナスを支給しないと労働組合に提案した。新型コロナウイルス感染拡大で業績が悪化しており、固定費を圧縮して収支を改善する。合意すれば、記録が残る1962年以降で初めて。昨年度は夏が例年の半分に当たる1カ月分、冬は支給を見送った。 2021年3月期に連結純損益が4000億円を超える巨額赤字に陥った持ち株会社ANAホールディングス(HD)は、22年3月期に純損益が35億円の黒字に転換すると予想。コロナ禍で旅客需要の回復が遅れる中、人件費を含めて合計で3000億円規模…
全日空、初の年間ボーナスゼロへ コロナ禍で業績悪化、組合に提案:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051001003&g=eco
ニュース一覧

全日本空輸の注目の噂

全日本空輸の全ての噂

全日本空輸のタグ

全日本空輸スターアライアンス航空会社東京都港区2012年設立の航空会社

全日本空輸の噂をタレコミ

全日本空輸株式会社の基本情報

全日本空輸株式会社は、日本の航空会社である。ANAホールディングス株式会社の子会社である。通称は全日空、略称はANA。2015年8月現在、羽田空港における発着枠のシェアは約6割である。イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、韓国のアシアナ航空や香港のキャセイパシフィック航空と並ぶ実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の5スターの獲得であるhttp://www.airlinequality.com/Airlines/NH.htm ANA All Nippon Airways 5-Star Airline Rat...