全日本空輸に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

全日本空輸に関する口コミ・噂

全日本空輸(全日本空輸株式会社/東京都港区東新橋一丁目5番2号汐留シティセンター)に関する噂・口コミランキングです。
全日本空輸への印象・評価は、1位 先進(28%)、2位 凄い(19%)、3位 イケてる(16%)、4位 厳しい(11%)、5位 コアなファンが居る(10%)、6位 堅実(9%)、7位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に全日本空輸の記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「倒産しそう」であり、4位は「リストラをしている」、5位は「創業者の話がある」、6位は「いじめがある」、7位は「経営破綻する」、8位は「営業力がある」、9位は「ブラック企業である」、10位は「有給休暇が使えない」です。

ニュースリンク

国土交通省は1日までに、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を防ぐため、日本への到着便を運航する国内外すべての航空会社に対し、到着便の搭乗予約の新規受け付けを停止するよう要請した。当面12月末まで1カ月間の措置。日本航空と全日本空輸は要請を受け、1日から新規予約の受け付けを停止した。 今回の措置により、予約を取っていなかった海外在住の日本人が年末年始に帰国できなくなる事態も想定される。
日本到着便、新規予約停止 国交省が航空各社に要請、年末まで:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120101110&g=eco
全日本空輸(ANA)は29日、保有する欧州航空機大手エアバスの超大型機「A380」全機を成田空港に並べて報道陣に公開した。3号機はフランスの製造工場から10月に到着していたが、駐機場の関係などで3機そろってのお披露目は初めて。 A380はハワイ路線専用機で、現地で神聖な生き物とされる「ウミガメ」の塗装を施している。ANAは新型コロナウイルス収束後の海外旅行需要回復の起爆剤として期待するが、新たな変異株「オミクロン株」の発生で先行きは不透明となっている。
超大型機、勢ぞろい 3機並べて公開―ANA:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112900868&g=eco
全日本空輸は15日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の全面解除に伴う需要増加を受け、17~24日に臨時便を運航すると発表した。低迷が続いていた国内線の予約数は、今月に入り増加に転じたという。対象路線は羽田―新千歳、伊丹、広島、福岡と伊丹―福岡の計62便。
全日空、17日から臨時増便 宣言解除で需要増:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101501103&g=eco
全日本空輸(ANA)は5日、欧州エアバスの超大型旅客機A380の3号機が16日に成田空港に到着すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空需要減退で受領が遅れていた。予定していた3機がすべてそろうことになる。
ANAの超大型機、3号機が16日に成田到着 コロナ禍で受領遅れ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100500580&g=eco
全日本空輸(ANA)は30日、新型コロナウイルス禍のような将来の危機に備え、賃金体系を見直す意向を労働組合に伝えた。パイロットの乗務時間が急減した際に、「乗務手当」の下限を引き下げる。さらに、社員を対象に昇給が止まる年齢を引き下げる一方、能力給の配分を増やす。コロナ禍で実施している社員の月例賃金減額が終了した後に導入する。
ANAが賃金体系見直し 危機対応、パイロット手当減も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021093001217&g=eco
米モデルナ製の新型コロナワクチンでの異物混入問題は、企業が実施している職域接種にも影響を及ぼした。全日本空輸は26日、問題発覚を受け羽田空港での職域接種を中止した。27日も羽田での接種は取りやめる予定。
羽田での職域接種、一時中止 モデルナ製ワクチン異物混入で―全日空:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082600997&g=eco
全日本空輸は24日、2021年度下半期の事業計画を一部変更すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客需要の減少を受け、当初計画で一日4往復だった羽田―富山を3往復に減らすなど12路線で減便する。観光利用が多い一部の便は傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)に移管し、コロナ収束後の需要の取り込みを目指す。 減便は羽田―富山のほか、当初の9往復から8往復になる羽田―広島、4往復から2往復に半減する関西―札幌、1往復から0~1往復となる札幌―沖縄、仙台―沖縄など。…
羽田―富山など12路線減便 格安ピーチに移管も―全日空下期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082400813&g=eco
全日本空輸が10月末から、国内線で1日当たり10便を傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)に移管する方針であることが23日、分かった。LCCを活用することで観光利用が多い路線の料金を引き下げ、新型コロナウイルスの感染収束後に回復が期待される観光需要の取り込みを目指す。
国内線10便ピーチに移管 観光需要取り込み―全日空:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082301059&g=eco
全日本空輸は12日、国内線の運航に関し、8月23~31日は175便、9月1~30日は6560便の運航を取りやめると発表した。8月は新型コロナウイルス感染拡大前に策定した2020年度計画比で36%、9月は31%の減便となる。 日本航空も9月1~30日の6910便を取りやめ、21年度計画比で27%の減便とする。
全日空、9月は31%減便 日航は27%:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081200765&g=eco
国内の主要航空会社は29日、お盆期間(8月6~15日)の予約状況を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続き低調ではあるものの、国内線の予約数は前年比35.5%増で、東京都への緊急事態宣言発令後も増えているという。
お盆予約、宣言後も増 航空各社:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072901079&g=eco
ニュース一覧

全日本空輸の注目の噂

全日本空輸の全ての噂

全日本空輸のタグ

全日本空輸スターアライアンス航空会社東京都港区2012年設立の航空会社

全日本空輸の噂をタレコミ

全日本空輸株式会社の基本情報

全日本空輸株式会社は、日本の航空会社である。ANAホールディングス株式会社の子会社である。通称は全日空、略称はANA。2015年8月現在、羽田空港における発着枠のシェアは約6割である。イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、韓国のアシアナ航空や香港のキャセイパシフィック航空と並ぶ実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の5スターの獲得であるhttp://www.airlinequality.com/Airlines/NH.htm ANA All Nippon Airways 5-Star Airline Rat...