日本航空に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

日本航空に関する口コミ・噂

日本航空(日本航空株式会社/東京都品川区東品川二丁目4番11号(野村不動産天王洲ビル))に関する噂・口コミランキングです。
日本航空への印象・評価は、1位 商売熱心(22%)、2位 凄い(20%)、3位 先進(20%)、4位 コアなファンが居る(11%)、5位 厳しい(11%)、6位 イケてる(6%)、7位 堅実(6%)であると考えられます。(参考データポイント:187)
当サイト内に日本航空の記事は全部で40件あり、注目度1位は「倒産しそう」で東京商工リサーチ等のメディアで記事にされており、注目度2位は「経営破綻する」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「収益の話がある」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「有給休暇が使えない」、7位は「リストラをしている」、8位は「M&Aの話がある」、9位は「営業力がある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

全日本空輸と日本航空は17日、米国の再生可能燃料ベンチャー、レイヴェン社から「持続可能な航空燃料(SAF)」を調達するとそれぞれ発表した。両社とも、レイヴェン社に出資する伊藤忠商事を通じて2025年以降に調達する予定。SAF活用拡大を図り、50年の二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロ実現を目指す。
全日空と日航、米社からSAF調達 伊藤忠通じて25年以降:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023011700476&g=eco
【北京時事】日本航空は28日、羽田空港と中国の広州空港を結ぶ路線を来年1月17日から週2便に増やすと発表した。日本政府が新型コロナウイルスの水際対策で中国からの到着便を増やさないよう求めていることを受け、増便分は当面、羽田からの片道運航とする。
日本航空、中国広州線を増便 水際対策で当面は片道のみ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122800872&g=eco
日銀が26日発表した11月の企業向けサービス価格指数(速報値、2015年平均=100)は107.6で、01年3月(107.8)以来、約21年半ぶりの高水準だった。前年同月比では1.7%上昇で、21カ月連続のプラス。燃料高で航空機や船による輸送費が引き続き大幅に上昇した。
11月の企業間取引、21年半ぶり高水準 燃料高で輸送費の上昇続く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122600773&g=eco
日本航空は22日、国際線旅客運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、2023年2~3月発券分は据え置くと発表した。燃料価格の高騰は一服したものの、円安進行を考慮した。
日本航空、燃油サーチャージ据え置き 来年2~3月発券分、燃料高一服も円安で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122200987&g=eco
全日本空輸と日本航空は19日、それぞれ海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)と協力覚書を締結し、「持続可能な航空燃料(SAF)」の海外での製造・調達で連携すると発表した。脱炭素化推進のため、SAFの安定調達につなげる狙い。
全日空と日航、海外SAF製造・調達で支援機構と連携:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022121900553&g=eco
ドローンを市街地を含む有人地帯上空で飛ばせるようにする改正航空法が5日、施行される。これまで市街地では監視要員を配置した場合などに限り飛行が認められていたが、機体の安全性認証取得など条件付きで、監視要員なしでも飛行できるよう規制を緩和。物流を中心に人手不足が課題となる幅広い業種でドローン活用の本格化が期待され、関連企業各社は準備を進めている。
ドローン、市街地で飛行可能に 物流での本格活用を期待―改正航空法、5日施行:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022120300374&g=eco
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で16強入りを果たした日本の躍進により、関連消費に一段と弾みがつきそうだ。サッカー用品や自宅観戦を盛り上げるビールなどの販売が好調で、「さらなる活躍を」(スポーツ用品大手)と期待は膨らむ。 ミズノでは、W杯開幕後の11月22日~12月1日のサッカーシューズの売上高が東京と大阪の直営2店舗で前年同期比2倍超に達した。日本代表では主将の吉田麻也選手ら5人が同社製シューズを使用しており、「W杯効果が大きい」(広報)と歓迎する。 カルビーでは、代表選手カード付…
日本躍進、消費に弾み サッカー用品やビール好調―W杯16強:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022120201100&g=eco
日本航空とヤマトホールディングス(HD)は22日、2024年春に運航開始予定の貨物専用機について、東京(成田・羽田)―北九州など国内4路線とすると発表した。1日当たりの運航便数は計21便を計画。運航会社は、当初予定していた日航グループの格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)から、同グループのLCCスプリング・ジャパン(同)に変更することも明らかにした。
日航とヤマト、貨物専用機を国内4路線で運航 東京―北九州など、1日計21便:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112200888&g=eco
京セラ創業者で、8月に90歳で死去した稲盛和夫氏のお別れの会が28日に京都市で、12月6日に東京都内で開かれる。「アメーバ経営」という独自の経営手法を掲げ、一代で京セラを世界的な電子部品メーカーに育てたほか、経営破綻した日本航空の再建でも手腕を発揮した。稲盛氏が日本を代表する経営者と言われる理由は何か。 ―経歴は。 1932年に鹿児島市で生まれた。鹿児島大工学部を卒業後、京都のがいしメーカーに就職したが、59年に同僚らと京都セラミック(現京セラ)を創業。工業用の高機能素材であるファインセラミック…
稲盛氏が残した功績は? 京セラ創業者、28日お別れの会―ニュースQ&A:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112100785&g=eco
日本航空は18日、二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにしたチャーター便を、国内で初めて羽田―那覇間で運航した。持続可能なバイオ航空燃料(SAF)や、森林保護活動などへの投資で排出量を相殺する「カーボン・オフセット」を活用。2050年のCO2排出量実質ゼロ目標の実現に弾みをつけたい考えだ。 今回、機体はCO2排出量が従来機に比べ15~25%程度削減できる欧州エアバスのA350型機を使用。通常のジェット燃料にSAFを38%相当混ぜたほか、乗客1人当たり料金の約330円をカーボン・オフセットに充てた…
国内初「CO2ゼロ」運航 羽田―那覇間のチャーター便―日航:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111801099&g=eco
ニュース一覧

日本航空の注目の噂

日本航空の全ての噂

日本航空のタグ

日本航空航空会社ワンワールド品川区東証一部上場仮想移動体通信事業者再上場経営破綻2010年の日本興銀グループ

日本航空の噂をタレコミ

日本航空株式会社の基本情報

日本航空株式会社は、日本の航空会社である。日本航空株式会社法が1953年に施行されてから1987年に廃止されるまで、日本のフラッグ・キャリアであったとされている。初代会長:藤山愛一郎山田智彦『日本航空の選択』21頁秋葉良宣『なぜ日航だけが』163頁石飛仁、竹田遼『迷走』238頁片山修『日航の運命』261頁佐藤朝泰『第4の成長産業・航空三社』60頁中田重光『日本航空のグループ戦略』24頁小島郁夫『3年後の航空業界』45頁渡辺国温『日本航空の挑戦』56頁杉浦一機『JAL VS ANA』252頁森功『腐った翼』9,17頁。コーポレートスローガンは、「明日の空へ、日本の翼http://www.jal....