日本航空に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

日本航空に関する口コミ・噂

日本航空(日本航空株式会社/東京都品川区東品川二丁目4番11号(野村不動産天王洲ビル))に関する噂・口コミランキングです。
日本航空への印象・評価は、1位 商売熱心(22%)、2位 凄い(20%)、3位 先進(20%)、4位 コアなファンが居る(11%)、5位 厳しい(11%)、6位 イケてる(6%)、7位 堅実(6%)であると考えられます。(参考データポイント:187)
当サイト内に日本航空の記事は全部で40件あり、注目度1位は「倒産しそう」で東京商工リサーチ等のメディアで記事にされており、注目度2位は「創業者の話がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、注目度3位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「労働組合の話がある」、5位は「経営破綻する」、6位は「有給休暇が使えない」、7位は「リストラをしている」、8位は「M&Aの話がある」、9位は「営業力がある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

日本航空は11日、昨年秋から先月にかけて相次いだ安全上のトラブルに関する再発防止策を国土交通省に提出した。滑走路に誤って進入したトラブルや機体の接触に関しては、定時運航のプレッシャーで「安全を大前提として立ち止まれる環境がつくれていない」と分析。経営トップが率先して安全意識を再徹底するとともに、安全管理システムの課題を洗い出し、体制・人員強化策などを盛り込んだ計画を9月末までに策定する。
トラブル続発で再発防止策 日航、9月に安全管理計画:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024061101013&g=eco
日本航空機でトラブルが相次いでいることを受け、国土交通省は27日、同社の鳥取三津子社長を同省に呼び、厳重注意した。来月11日までに再発防止策を報告するよう指示した。
日本航空社長を厳重注意 旅客機トラブル受け―国交省:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052700745&g=eco
日本航空グループの格安航空会社ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)の片岡優社長は24日、成田空港で報道陣の取材に応じ、「地方都市へインバウンドを誘致することはわれわれの得意分野だ」と述べ、訪日客の乗り継ぎ需要取り込みに力を入れていく方針を示した。累計搭乗者数5000万人突破を記念したイベントで語った。
地方都市へインバウンド誘致する 片岡ジェットスター・ジャパン社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052400786&g=eco
航空大手2社の2024年3月期連結決算が2日、出そろった。日本航空の純利益(国際会計基準)は、前期比約2.8倍の955億円。経済活動の正常化に伴って旅客収入が拡大、インバウンド(訪日客)の増加で国際線も好調だった。ANAホールディングス(HD)とともに増収増益を確保し、コロナ禍からの回復が鮮明になった。
航空大手2社、増収増益 コロナ禍からの回復鮮明―24年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024050200698&g=eco
日本航空の鳥取三津子社長(59)は24日、就任後初めて報道各社のインタビューに応じ、格安航空会社(LCC)の強化に加え、マイル事業など非航空分野の収益の割合を5割に拡大する意向を示した。
LCC、マイル事業を強化 非航空収益5割に―日航社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024042400999&g=eco
カネボウ(現クラシエ)社長や日本航空会長などを務めた伊藤淳二(いとう・じゅんじ)氏が2021年12月に死去していたことが16日、分かった。99歳だった。
伊藤淳二氏死去、99歳 元カネボウ社長、日航会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024041601022&g=obt
カネボウ(現クラシエ)社長や日本航空会長などを務めた伊藤淳二(いとう・じゅんじ)氏が2021年12月に死去していたことが16日、分かった。99歳だった。
伊藤淳二氏死去、99歳 元カネボウ社長、日航会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024041601022&g=eco
日本航空は21日、航空機の増加や大型化で、2030年に国際線の事業規模を格安航空会社(LCC)を含め現行の約1.4倍に拡大すると発表した。大型機のエアバスA350―900型を20機、中型機のボーイング787―9型を10機、それぞれ27年度から6年程度かけて導入。ともに新型・省燃費で二酸化炭素(CO2)削減効果も見込んでいる。
国際線1.4倍に 省燃費機の追加導入で―日航:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024032101133&g=eco
日本航空(JAL)グループの格安航空会社ジップエアー・トーキョー(千葉県成田市)は13日、成田―カナダ・バンクーバー線を就航した。西田真吾社長は同日、成田空港で開いた就航記念式典で「本日の初便から5月の中頃までほぼすべての便が満席の予約だ」と説明。「7月から週3便のところを週5便へ増便することを急きょ決定した」と述べた。
日航系ジップエア、バンクーバー線就航 7月から週5便、毎日運航目指す:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024031300933&g=eco
日本航空が2024年春闘で、基本給を底上げするベースアップ(ベア)について、労働組合に月1万2000円と回答したことが8日、分かった。前年の7000円を上回り、1992年以降で最高水準となる。最大労組のJAL労働組合は1万5000円のベアを要求していた。
日航、ベア1.2万円回答 92年以降で最高:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024030800979&g=eco
ニュース一覧

日本航空の注目の噂

日本航空の全ての噂

日本航空のタグ

日本航空航空会社ワンワールド品川区東証一部上場仮想移動体通信事業者再上場経営破綻2010年の日本興銀グループ

日本航空の噂をタレコミ

日本航空株式会社の基本情報

日本航空株式会社は、日本の航空会社である。日本航空株式会社法が1953年に施行されてから1987年に廃止されるまで、日本のフラッグ・キャリアであったとされている。初代会長:藤山愛一郎山田智彦『日本航空の選択』21頁秋葉良宣『なぜ日航だけが』163頁石飛仁、竹田遼『迷走』238頁片山修『日航の運命』261頁佐藤朝泰『第4の成長産業・航空三社』60頁中田重光『日本航空のグループ戦略』24頁小島郁夫『3年後の航空業界』45頁渡辺国温『日本航空の挑戦』56頁杉浦一機『JAL VS ANA』252頁森功『腐った翼』9,17頁。コーポレートスローガンは、「明日の空へ、日本の翼http://www.jal....