日本航空に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

日本航空に関する口コミ・噂

日本航空(日本航空株式会社/東京都品川区東品川二丁目4番11号(野村不動産天王洲ビル))に関する噂・口コミランキングです。
日本航空への印象・評価は、1位 商売熱心(22%)、2位 凄い(20%)、3位 先進(20%)、4位 コアなファンが居る(11%)、5位 厳しい(11%)、6位 イケてる(6%)、7位 堅実(6%)であると考えられます。(参考データポイント:187)
当サイト内に日本航空の記事は全部で39件あり、注目度1位は「倒産しそう」で東京商工リサーチ等のメディアで記事にされており、注目度2位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「経営破綻する」、5位は「創業者の話がある」、6位は「有給休暇が使えない」、7位は「リストラをしている」、8位は「M&Aの話がある」、9位は「営業力がある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

全日本空輸と日本航空は13日、6月の国内線の運航計画をそれぞれ発表した。全日空は新型コロナウイルス禍前の事業計画比で55%、日航は2021年度計画比で68%の便を運航する。緊急事態宣言発令などで予約数が減っている5月からは、いずれも改善する。 減便対象は、全日空が羽田―札幌、神戸など92路線の9813便、日航が羽田―新千歳、福岡や中部―那覇など86路線の8201便。 5月の運航率は全日空が49%、日航が63%。
全日空、6月の国内線55%運航 日航は68%、前月より改善:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051301331&g=eco
日本航空は7日、2025年度までの新たな中期経営計画を発表した。中国系格安航空会社(LCC)の春秋航空日本(千葉県成田市)を連結子会社化し、LCC事業を強化する。新型コロナウイルス流行で足元の経営環境は厳しいが、コロナ後の観光需要拡大をにらみ先手を打つ。23年度には本業の利益をコロナ前の水準に回復させる考えだ。
日航、LCC事業を強化 23年度に利益回復―新中計:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050701090&g=eco
日本航空が7日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が2866億円の赤字(前期は480億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客激減に苦しみ、12年の再上場後初の赤字となった。 売上高に当たる売上収益は前期比65.3%減の4812億円。貨物事業が堅調に推移したものの、巨額赤字は避けられなかった。
日航、赤字2866億円 再上場後初、コロナ禍で旅客激減:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050700772&g=eco
日本航空は28日、5月6~20日の国内線の運航について、新たに449便減らすと発表した。新型コロナウイルスの感染急拡大に伴う緊急事態宣言発令や「まん延防止等重点措置」の適用地域拡大を受け、予約数が減少しているため。 対象は羽田―熊本、伊丹―函館など40路線。事業計画比の5月の運航率は、今月21日公表の66%から65%に低下する。
日航、5月国内線を追加減便:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042801175&g=eco
日本航空グループの格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョー(千葉県成田市)は28日午前、予約システムの不具合が復旧したと発表した。21日から航空券の購入や払い戻しなどができなくなっていた。 同じシステムを採用し、不具合が起きていたANAグループのピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は27日に復旧している。
ジップも予約システム復旧:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042800381&g=eco
日本航空は26日、2021年3月期の連結純損益予想を2870億円の赤字(従来予想3000億円の赤字)に上方修正すると発表した。需要減少を踏まえた減便や社員の外部出向などによるコスト削減の効果で、赤字幅が縮小する見通しとなった。 国内線の旅客需要が想定を上回ったことや、好調な貨物事業の増収により、売上高に当たる売上収益も4810億円(同4600億円)に引き上げた。
日航、赤字幅が縮小 コスト削減で―21年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042600796&g=eco
日本航空が中国系格安航空会社(LCC)の春秋航空日本(千葉県成田市)を子会社化する方針を固めたことが25日、分かった。足元の国際線旅客は低迷しているが、新型コロナウイルス収束後の成長戦略として、訪日外国人旅行者(インバウンド)需要を取り込みたい考えだ。
日航、春秋航空日本を子会社化へ コロナ後の訪日客取り込み:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042500504&g=eco
日本航空は23日、飛行機内を抗ウイルス加工する様子を報道陣に公開した。新型コロナウイルスを不活性化する効果が認められ、3~5年程度持続するという。7月をめどに約230機あるグループのほぼ全機の機内に加工を施す。同社によると、国内航空会社では初の試み。 座席や肘掛け、収納棚や化粧室など、利用客が手を触れる場所を中心に薬剤を散布。安心して搭乗してもらうのが狙いで、従来実施してきた夜間の機内消毒も継続する。チェックイン機器などでも実施しており、国内全ラウンジに拡大する。 全日本空輸も2月から国内線の機…
日航、機内を抗ウイルス加工 コロナ不活性化に効果、3年持続:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042300759&g=eco
日本航空が2040年以降、国内線のジェット燃料を廃油や生ごみが原料のバイオ燃料など「持続可能な航空燃料(SAF)」へ100%切り替えることが16日、分かった。35年以降、水素を燃料とする小型機も導入する。新燃料などへの見直しを通じ、50年に二酸化炭素(CO2)実質排出量ゼロを目指す。
日航、100%新燃料に 国内線で40年以降、CO2削減:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041700273&g=eco
日本航空が2040年以降、国内線のジェット燃料を廃油や生ごみが原料のバイオ燃料など「持続可能な航空燃料(SAF)」へ100%切り替えることが16日、分かった。35年以降、水素を燃料とする小型機も導入する。新燃料などへの見直しを通じ、50年に二酸化炭素(CO2)実質排出量ゼロを目指す。 廃プラスチック由来の国産燃料なども導入し、30年には国際線を含む全ての燃料の1割を、SAFで賄う方針。国産の新燃料は既に、丸紅などと開発を進めている。 CO2排出量削減に向けた一連の取り組みは、来月7日公表の新たな…
日航、100%新燃料に 国内線で40年以降、CO2削減:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041601206&g=eco
ニュース一覧

日本航空の注目の噂

日本航空の全ての噂

日本航空のタグ

日本航空航空会社ワンワールド品川区東証一部上場仮想移動体通信事業者再上場経営破綻2010年の日本興銀グループ

日本航空の噂をタレコミ

日本航空株式会社の基本情報

日本航空株式会社は、日本の航空会社である。日本航空株式会社法が1953年に施行されてから1987年に廃止されるまで、日本のフラッグ・キャリアであったとされている。初代会長:藤山愛一郎山田智彦『日本航空の選択』21頁秋葉良宣『なぜ日航だけが』163頁石飛仁、竹田遼『迷走』238頁片山修『日航の運命』261頁佐藤朝泰『第4の成長産業・航空三社』60頁中田重光『日本航空のグループ戦略』24頁小島郁夫『3年後の航空業界』45頁渡辺国温『日本航空の挑戦』56頁杉浦一機『JAL VS ANA』252頁森功『腐った翼』9,17頁。コーポレートスローガンは、「明日の空へ、日本の翼http://www.jal....