pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で47件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「事故がある」、6位は「セクハラが酷い」、7位は「品質管理の問題がある」、8位は「収益の話がある」、9位は「いじめがある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

【ロサンゼルス時事】米ロサンゼルス自動車ショーの報道陣向け公開が20日に始まった。環境意識の高さや富裕層の多さで知られるカリフォルニア州でのショーとあって、高級モデルの電気自動車(EV)を出展するメーカーが目立った。一般公開は22日から12月1日まで。 ドイツ高級スポーツ車メーカーのポルシェは、同社初のEV「タイカン」の新モデル「4S」をお披露目した。発進から4秒で時速100キロまで加速し、最高時速は250キロ。1回の充電で最大407キロ(標準装備時)走れる。価格は10万3800ドル(約1130…
高級EV続々登場 米ロス自動車ショー:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112100430&g=eco
【ロサンゼルス時事】トヨタ自動車は19日、主力のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」に、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を導入すると発表した。20日に報道陣向けの車両出展が始まる米ロサンゼルス自動車ショーで世界初公開する。日米で来夏、欧州で来年後半に発売する予定。 米国での車名は「RAV4プライム」。新開発したプラグインハイブリッドシステムを搭載し、通常のハイブリッドモデルを上回る高出力を実現した。停止状態から5.8秒で時速96キロまで加速し、電力のみで約62キロ走れる。大…
トヨタ、「RAV4」にPHV導入 日米で来夏発売:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112000845&g=eco
トヨタ自動車の男性社員=当時(28)=が2017年に自殺したのは、上司の暴言などパワーハラスメントが原因だったとして、豊田労働基準監督署が労災認定していたことが19日、代理人弁護士への取材で分かった。今年9月11日付。
豊田労基署、自殺のトヨタ社員労災認定 「上司パワハラ原因」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111901102&g=eco
トヨタ自動車は19日、スマートフォンのアプリを活用し、電子マネー・クレジットなど多様なキャッシュレス決済を管理できるサービス「トヨタウォレット」を開始したと発表した。ユーザーの購買行動の情報を集め、新たなサービスにつなげる狙いもある。
トヨタ、スマホ決済アプリ開発 顧客との接点強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900974&g=eco
【ニューヨーク時事】米カリフォルニア州は18日までに、連邦政府より厳しい排ガス基準を独自に設定できる同州の権限をトランプ政権が取り消すと表明したことをめぐり、政権の立場を支持したトヨタ自動車や日産自動車、米ゼネラル・モーターズ(GM)などからの公用車購入を来年1月以降、停止すると発表した。 不買対象となるのは、GMやフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のほか、トヨタや日産などの海外メーカーで構成する業界団体グローバル・オートメーカーズの加盟社(ホンダを除く)。各社は10月、「(全…
米加州、トヨタ車購入を停止へ 排ガス規制での政権支持に反発:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900433&g=eco
内閣府が14日発表した2019年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増(年率換算0.2%増)と4四半期連続のプラス成長を確保した。しかし、10月の消費税増税前の駆け込み需要が個人消費を押し上げるには至らなかった。世界景気の減速の影響から日本経済は停滞し、駆け込みの反動減が生じる10~12月期は5期ぶりのマイナスに転じるとの見方が根強い。
日本経済、停滞の兆し GDP、10~12月期はマイナスの見方:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111401202&g=eco
トヨタ自動車は11日、22日から開催される中国の広州モーターショーで、高級車ブランド「レクサス」の電気自動車(EV)市販モデル第1弾を世界初公開すると発表した。レクサスのEVは20年に中国市場などに投入を予定している。
トヨタ、レクサスEV市販モデルを世界初公開 広州モーターショー:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111100789&g=eco
トヨタ自動車の2019年9月中間連結決算は売上高と純利益が過去最高を更新した。ライバル各社が軒並み大幅な減益に陥る中、好調さが際立つ格好だ。ただ、為替の円高懸念のほか、上半期に好調だった世界販売が米中貿易摩擦の余波で減速し、業績拡大にブレーキがかかる不安も拭えない。 トヨタの4~9月の世界販売実績は、ダイハツ工業と日野自動車を除いたベースで495万台と前年同期を3%上回った。主要市場別に見ると、米国は123.5万台と微減だったが、中国は高級車ブランド「レクサス」、欧州は「カローラ」シリーズのハイ…
好調トヨタに不安 円高、世界販売減の懸念:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110701191&g=eco
10月の国内新車販売台数の車名別ランキングは、ホンダの軽乗用車ワゴン「N―BOX」が前年同月比23.1%減の1万5768台と落ち込んだものの、26カ月連続で首位を維持した。軽以外では、トヨタ自動車の主力乗用車「カローラ」が新車効果で29.5%増の1万1190台と急増。軽以外では約11年ぶりにトップに返り咲き、軽を含めた全体では3位に入った。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が7日発表した。 トップ10のうち軽は6車種。2位はスズキの軽ワゴン「スペーシア」で、5.2%増の1万243…
10月の新車販売、N―BOXが26カ月連続首位 新型カローラ3位:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110701071&g=eco
トヨタ自動車と中国の電池・自動車メーカー、比亜迪(BYD)は7日、電気自動車(EV)の共同開発に向け、2020年に中国で合弁会社を設立すると発表した。両社は今年7月、EVの共同開発で合意していた。 新会社には両社が50%ずつ出資。EVやプラットフォーム(車台)、関連部品の設計・開発などを手掛ける。これらの業務を担っている両社の人材は新会社に移管する。 新会社ではEVに搭載する電池の開発も検討する。基幹部品を自前で用意し、安定的な供給体制を確立したい考え。
トヨタとBYD、中国合弁会社を来年設立 EV共同開発へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110701101&g=eco
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...