トヨタ自動車に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で48件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「セクハラが酷い」、6位は「事故がある」、7位は「収益の話がある」、8位は「品質管理の問題がある」、9位は「いじめがある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

トヨタ自動車が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比98.1%減の139億円、純利益は74.3%減の1588億円で大幅減益となった。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で新車販売が落ち込んだ。売上高に当たる営業収益は40.4%減の4兆6007億円。残業代などの経費削減や製品原価の低減が奏功し、黒字は確保した。
トヨタ、4~6月期黒字確保 98%減の139億円―通期販売910万台に上方修正:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080600879&g=eco
7月の車名別新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX」が1万6222台で8カ月連続の首位となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で人気車種の売れ行きが鈍り、N―BOXの販売台数も前年同月比32.5%減少。2月に全面改良したトヨタ自動車の主力小型車「ヤリス(旧ヴィッツ)」が1万4004台で2位となり首位に迫るなど、新型車が上位に食い込んだ。
コロナ影響も「N-BOX」が7月首位 車名別販売台数、新型車が上位に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080600835&g=eco
トヨタ自動車が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比74.3%減の1588億円だった。世界的な新型コロナウイルス感染拡大で新車販売が大幅に減少し、収益を圧迫した。売上高は40.4%減の4兆6007億円、本業のもうけを示す営業利益は98.1%減の139億円。 一方、21年3月期の連結純利益は7300億円を予想。各国の外出規制の緩和などを受け、世界的な販売回復を見込むものの、前期比で64.1%減益の厳しい決算となる。
トヨタ純利益、74%減 コロナ影響で販売低迷―4~6月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080600157&g=eco
【北京時事】トヨタ自動車が4日発表した7月の中国での新車販売台数は、前年同月比19.1%増の16万5600台だった。プラスは4カ月連続。1~7月の累計では前年同期比1.1%増の91万8700台となり、今年に入って初めて前年実績を上回った。
トヨタ、中国での7月新車販売は19.1%増 年初来でもプラスに浮上:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080400763&g=eco
【ニューヨーク時事】トヨタ自動車の米子会社、北米トヨタが3日発表した7月の米新車販売台数は前年同月比19.0%減の16万9484台だった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした需要減少が続き、5カ月連続のマイナスとなった。 トヨタ部門は20.7%減の14万6044台。乗用車は軒並み2桁の落ち込みとなり、「カムリ」は16.0%減の2万2792台、「カローラ」は42.7%減の1万7564台、「プリウス」は33.4%減の4391台だった。
トヨタの7月米新車販売、19.0%減 5カ月連続マイナス:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080400108&g=eco
自動車大手の2020年上半期(1~6月)世界販売台数が30日、出そろった。トヨタ自動車がグループ全体で416万台となり、独フォルクスワーゲン(VW)の389万台を上回って上半期として14年以来6年ぶりに首位に立った。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で、各社とも販売台数の大幅減を余儀なくされた。 トヨタ(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は国内外とも販売が低迷し21.6%減。4年ぶりに前年同期を割り込んだ。トヨタは「4月以降は当初想定を上回るペースで回復している」(広報)とみている。中国市場では、…
トヨタ、6年ぶり世界首位 販売台数、VW上回る―20年上半期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073001026&g=eco
トヨタ自動車グループ労働組合で構成する全トヨタ労働組合連合会(315組合、35万1000人)が9月に予定する定期大会について、熊本市での開催を取りやめることが29日、分かった。2021年春闘の運動方針を決める重要な節目だが、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、全国から参加者が集まる形での開催は断念。オンライン形式に切り替える。 全トヨタ労連は9月11日に、愛知県豊田市の本部と全国13会場をインターネットでつないで来春闘の運動方針などを議論する。傘下のトヨタ自動車労働組合も規模縮小の上、オンライ…
春闘方針、オンラインで議論 定期大会の熊本開催見送り―全トヨタ労連:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072900912&g=eco
トヨタ自動車の自動運転ソフトウエア開発子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI―AD)」(東京)は28日、来年1月から持ち株会社制に移行すると発表した。組織を再編し、開発体制の効率化を図る。
トヨタ、自動運転子会社を再編 持ち株会社制に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072801100&g=eco
新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに在宅勤務などの柔軟な働き方が広がり始めた。感染抑制に向けた「新しい日常」の中で定着する可能性もある。一方、情報流出対策や成果重視の人事制度導入などが課題として表面化。日本社会・企業で、デジタル技術で既存制度を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)と合わせ、働き方改革が進むのかが注視される。 ◇企業・個人、新たな動き 「DX企業のモデルになる」。富士通の平松浩樹・執行役員常務は語る。同社はITを活用した職場外からのテレワークを推奨。徹底するため、…
柔軟就労、新常態に 出勤不要、成果重視―働き方一変、コロナが迫る:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072300487&g=eco
トヨタ自動車が、2021年3月期(今期)から決算発表後の記者会見を中間と通期の2回に絞り込むことが22日、分かった。これまでは四半期ごとに会見してきたが、4~6月期と4~12月期は取りやめる。同社は「新型コロナウイルスとは関係なく、業務改革や働き方改革の一環」(広報)と理由を説明している。
トヨタ、決算会見は中間・通期のみ 業務改革で絞り込み:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072200428&g=eco
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...