pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で47件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「事故がある」、6位は「セクハラが酷い」、7位は「収益の話がある」、8位は「品質管理の問題がある」、9位は「いじめがある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

トヨタ自動車と中国の電池・自動車メーカー、比亜迪(BYD)は19日、電気自動車(EV)の共同開発で合意したと発表した。2020年代前半にトヨタブランドでセダンと低床のスポーツ用多目的車(SUV)を中国市場で発売することを目指す。車両に搭載する電池の開発も行う。 トヨタは20年以降に中国でEV販売を本格展開する計画。BYDとの共同開発は計画実現に向けた一環として行うもので、中国国内で基幹部品となる電池を確実に調達し、車両を安定的に供給できる体制を整える。
トヨタとBYD、EV共同開発で合意=中国でセダン、SUV投入:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071901145&g=eco
トヨタ自動車は18日、2020年の東京五輪・パラリンピック専用に開発した電気自動車(EV)を発表した。小型バスのような外観で、競技会場内などで近距離の移動に使う。各会場は広大なため、高齢者や子ども、妊婦といった移動にサポートが必要な人の「足」として活用してもらう。
トヨタ、五輪専用EVを発表=高齢者らに「会場の足」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071801049&g=eco
2020年東京五輪・パラリンピックを1年後に控え、大会期間中に予想される交通混雑の緩和に向けた大規模テストが22日から始まる。政府や東京都は、職員に時差出勤や在宅勤務(テレワーク)を促し、民間企業にも協力を要請。首都高速道路なども交通規制する。試行結果を検証し、追加対策も検討する。 来年は選手ら大会関係者や観客が首都圏に集中し、大混雑が予想される。関係車両が通行する首都高の渋滞は2倍に悪化すると見込まれ、関係者の円滑な輸送と企業活動の両立は大きな課題だ。大会組織委員会は大会期間中、東京圏の一般交…
混雑緩和へ大規模テスト=在宅勤務、首都高規制も-都職員出勤3分の1に・東京五輪:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071300319&g=eco
【フランクフルト時事】トヨタ自動車の欧州現地法人、トヨタ自動車ヨーロッパ(TME)が10日発表したところによると、主力ブランド「トヨタ」と高級ブランド「レクサス」を合わせた2019年上半期の欧州販売は前年同期比3.3%増の57万8388台だった。市場シェアは5.3%で、0.4ポイント拡大した。
トヨタ、上半期の欧州販売3.3%増加=HV比率52%:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071001196&g=eco
トヨタ自動車は10日、自動車用駆動部品を製造する完全子会社「豊精密工業」(愛知県瀬戸市)の保有株式を、2020年1月をめどにジェイテクトに売却する検討を始めたと発表した。トヨタは現在、グループ内で事業再編を進めて競争力の強化を図っており、今回の取り組みもその一環となる。
トヨタ、駆動部品子会社をジェイテクトに売却=グループ内で事業再編:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071001003&g=eco
デンソーとトヨタ自動車は10日、次世代の車載半導体を研究・開発する新会社を設立すると発表した。2020年4月の設立を目指す。自動運転などの技術進展を見据え、高性能な車載半導体や電子部品の開発を加速する。
車載半導体開発で新会社=20年4月、デンソーとトヨタ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071000891&g=eco
体力や判断力に不安はあるものの、生活に欠かせない移動手段は手放せない。こうした高齢者らに小型車や軽自動車に代わる新たな選択肢を示すため、経済産業省は3日、まだ普及が進んでいない1人乗りの超小型電気自動車(EV)などの展示・試乗会を同省敷地内の中庭で実施した。 トヨタ自動車が三輪の超小型EV「i-ROAD(アイロード)」を出展するなど、11社が電動車いすや電動アシスト自転車を含め計19車種を用意。150人超の一般参加者が試乗や見学を楽しんだ。超小型EVに乗った横浜市の会社員石下貴司さん(49)は「…
経産省が超小型EV試乗会=新移動手段、高齢者に提示:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070300914&g=eco
【北京時事】トヨタ自動車は5日、中国自動車大手の中国第一汽車股※、金竜聯合汽車工業(蘇州)の2社に対し、燃料電池の部品を供給することで合意したと発表した。トヨタは今年4月に北汽福田汽車への部品供給を発表しており、今回は第2弾となる。
トヨタ、第一汽車など中国自動車2社に燃料電池部品供給へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070500898&g=eco
マツダ、スズキなど国内自動車大手5社は28日、トヨタ自動車とソフトバンク(SB)が共同出資で設立した次世代の移動サービス会社、モネ・テクノロジーズ(東京)に出資すると正式発表した。国内の有力企業が連合を組み、自動運転技術などを使った新ビジネスの展開を目指す。 モネにはホンダと日野自動車も出資しており、国内大手のうち日産自動車と三菱自動車を除く主要メーカーが顔をそろえる形となる。 マツダ、スズキ以外で新たに出資するのは、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、いすゞ自動車。5社の持ち株比率はいずれも…
マツダなど、トヨタ・SB連合参加=次世代移動サービス展開:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062800913&g=eco
トヨタ自動車グループの主要企業8社が、相談役と顧問の人数をゼロにすることが27日、分かった。権限や報酬が曖昧だと国内外の投資家らが厳しい視線を注ぐ中、企業統治改革を加速し、経営の透明性を一段と高める必要があると判断した。 トヨタ自動車は2018年、相談役・顧問の人数を61人から9人(名誉会長を含む)に一気に削減。トヨタにならう形で同時に自動車部品大手のデンソーやアイシン精機、商社の豊田通商などグループ主要8社でも計84人のうち、77人が一斉に退任した。残る7人(5社)も月内に退き、ジェイテクトと…
相談役・顧問がゼロに=トヨタグループ主要8社-6月末:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062700997&g=eco
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...