トヨタ自動車に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で50件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「事故がある」、6位は「セクハラが酷い」、7位は「収益の話がある」、8位は「品質管理の問題がある」、9位は「いじめがある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

トヨタ自動車は22日、12月の世界生産台数が75万台程度になる見通しだと発表した。半導体不足の影響が依然続いており、前年同月(約80万台)を下回る見込み。2023年3月期の生産計画(920万台)に変更はないという。
トヨタ、12月世界生産75万台 半導体不足続く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112200947&g=eco
トヨタ自動車は22日、12月の世界生産台数が75万台程度になる見通しだと発表した。半導体不足の影響が依然続いており、前年同月(約80万台)を下回る見込み。2023年3月期の生産計画(920万台)に変更はないという。
トヨタ、12月の世界生産台数は75万台見通し 半導体不足続く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112200868&g=eco
日本自動車工業会(自工会)は18日、隔年で開催している自動車の見本市「東京モーターショー」を「ジャパンモビリティショー」に改称した上、来年10月26日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)で4年ぶりに行うと発表した。
「モビリティショー」に改称 来秋開催、4年ぶり―日本自動車工業会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111801090&g=eco
日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は17日、オンライン形式で定例記者会見を開いた。岸田文雄首相が来年の春闘で物価上昇に見合う賃上げを経済界に要請したことについて「自動車(業界)には経済社会の好循環に貢献する重要な役割がある」と述べ、前向きに対応する考えを示した。
春闘「好循環に貢献」 豊田自工会会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111700844&g=eco
トヨタ自動車は16日、加速力を向上させた第5世代の新型ハイブリッド車(HV)「プリウス」を発表した。7年ぶりの全面改良となる。世界では電気自動車(EV)シフトが加速。同社は「いつまでハイブリッドを造り続けるのかという声が大きくなっている」(開発担当)と複雑な心境をのぞかせつつ、幅広い年齢層に受け入れられるデザインで販売拡大を狙う。 HVは今冬、プラグインハイブリッド車(PHEV)は来年春ごろ国内で発売する予定だ。価格は現時点で非公表。
「元祖HV、残します」 新型プリウス、7年ぶり全面改良:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111601173&g=eco
トヨタ自動車は16日、燃費性能を維持した上で加速力を向上させた第5世代の新型「プリウス」を発表した。7年ぶりの全面改良で、幅広い年齢層に受け入れられるデザインにこだわった。ハイブリッド車(HV)は今冬、プラグインハイブリッド車(PHEV)は来春ごろ国内で発売予定。価格は現時点で非公表。
トヨタの新型プリウス、走りとデザイン勝負 「いつまでハイブリッド?」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111600981&g=eco
【ジャカルタ時事】インドネシアのバリ島で15日から開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)では、日中韓3カ国から贈られた電気自動車(EV)計836台が公式公用車(オフィシャルカー)として使われる。このうち韓国の現代自動車が393台と最多で、次いで中国の上汽通用五菱汽車が300台を提供。トヨタ自動車も143台を引き渡したが、今回のG20サミットでは中韓のメーカーが存在感を放っている。 インドネシアの自動車市場では、これまで日系ブランドが強く、新車販売の9割以上のシェアを握るが、EVに限れば…
韓国や中国が大量EV トヨタも提供、G20公式車両:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111200330&g=eco
次世代半導体の国産化へ、日本勢が官民一体で体制強化に乗り出した。トヨタ自動車など国内企業8社が共同出資し、「Rapidus」(ラピダス)を新設。政府は補助金で支援する。年内には日米が連携する研究開発拠点も設立。かつて世界を席巻した国内半導体産業の復活へ官民や日米で協力して競争力を強化する。 「10年、20年近く後れを取っている。われわれの得意なものづくりで全世界に貢献できる最後のチャンスだ」。ラピダス社長に就任した小池淳義氏は11日の記者会見でこう訴えた。 次世代半導体は、自動運転や人工知能(A…
半導体産業復活へ官民協力 米国とも連携、競争力強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111101376&g=eco
トヨタ自動車やNTT、ソニーグループなど日本企業8社が出資する「Rapidus(ラピダス)」は11日、次世代半導体の国産化を目指す研究開発計画を発表した。2027年をめどに回路の幅が2ナノメートル(ナノは10億分の1)単位の最先端品の量産技術を獲得し、ファウンドリー(半導体受託製造)事業を開始する。
次世代半導体、27年量産へ 受託事業を開始―新会社「ラピダス」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111101275&g=eco
西村康稔経済産業相は11日の閣議後記者会見で、トヨタ自動車など国内大手企業8社が設立した半導体の国産化に向けた新会社に約700億円を補助すると発表した。
半導体新会社に700億円補助 国内8社が設立―西村経産相:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111100348&g=eco
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...