トヨタ自動車に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で50件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「セクハラが酷い」、6位は「事故がある」、7位は「収益の話がある」、8位は「品質管理の問題がある」、9位は「いじめがある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

【ニューヨーク時事】トヨタ自動車は18日、2030年までに米国で、電気自動車(EV)用などの車載用電池の生産に約34億ドル(約3800億円)を投じると発表した。車両の電動化促進の一環で、同社が9月に発表した30年までに世界で約1兆5000億ドルを電池供給体制の整備に投じる計画の一部となる。
トヨタ、米で3800億円投資 EV用電池生産、30年までに:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101801016&g=eco
【ニューヨーク時事】トヨタ自動車は18日、米国で2030年までに電気自動車(EV)用などの車載用電池生産に約34億ドル(約3800億円)を投資すると発表した。車両の電動化促進の一環。同社は9月、世界で30年までに約1兆5000億円を電池供給体制の整備に投じると公表しており、米国での投資はこの計画の一部となる。 電池の現地生産に向け、トヨタの北米法人と豊田通商が米国で新会社を設立し、25年から稼働させる方針。新会社はまず、ハイブリッド車(HV)向け電池の生産に力を入れる。 北米法人の小川哲男最高経…
トヨタ、米で3800億円投資 EV電池生産、30年までに:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101801074&g=eco
トヨタ自動車は15日、新型コロナウイルス禍に伴う部品不足の影響を受け、11月の世界生産台数を従来計画比で最大15万台減らすと発表した。国内は4工場で最大5日間稼働を停止する。一方、2021年度の世界生産計画は900万台を維持する。
トヨタ、11月は最大15万台減産 部品不足続く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101500829&g=eco
脱炭素化の流れを受けて世界的に電動車の需要が高まる中、そのモーターに使われる特殊な電磁鋼板の特許をめぐり、日本製鉄がトヨタ自動車と中国の鉄鋼大手・宝山鋼鉄を提訴した。トヨタは、長い取引関係がある日鉄が、鋼板を造った宝山だけでなく自社も訴えたことに「びっくりしている」(長田准・執行役員)と驚きを隠せない様子だ。
トヨタ、驚き隠せず 電動車販売に影響も―日鉄提訴:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101401150&g=eco
日本製鉄は14日、電気自動車(EV)のモーターなどに使用する無方向性電磁鋼板に関する同社の特許を侵害しているとして、トヨタ自動車と中国鉄鋼最大手・宝武鋼鉄集団の子会社である宝山鋼鉄を東京地裁に提訴したと発表した。両社にそれぞれ損害賠償約200億円を請求するほか、トヨタに対しては対象製品の製造販売差し止めの仮処分を申し立てている。
日鉄、トヨタと中国・宝山を提訴 電磁鋼板の特許侵害で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101400755&g=eco
トヨタ自動車は13日、部品が脱落する恐れがあるとして、乗用車「クラウン」4万4796台(2018年5月~20年4月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。 国交省によると、後部座席ドア後部の樹脂製の窓枠飾りの取り付けが不適切で、温度変化で劣化し剥がれる可能性がある。不具合が120件確認された。
トヨタ4.4万台リコール 部品脱落の恐れ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101300674&g=eco
【北京時事】トヨタ自動車が11日発表した9月の中国新車販売台数は、前年同月比35.9%減の11万5000台だった。マイナスは2カ月連続。東南アジアでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う部品供給不足が影響した。
トヨタ、9月の中国新車販売は35.9%減 部品不足で2カ月連続マイナス:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101100792&g=eco
2021年度上半期(4~9月)の国内車名別新車販売台数は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が10万5943台で、年度上半期として初めて首位になった。小型SUV(スポーツ用多目的車)の「ヤリスクロス」がけん引した。前年度上半期まで4年連続トップだったホンダの軽自動車「N―BOX」は9万453台で2位だった。
ヤリス、初の首位 今年度上半期の車名別新車販売:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100600782&g=eco
トヨタ自動車子会社で、自動運転などの実証実験を行う近未来型都市「ウーブン・シティ」(静岡県裾野市)の建設を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(東京)のジェームス・カフナー最高経営責任者(CEO)は5日、今後の計画について「2024年から25年の間に第1期が開業を迎える」との見通しを明らかにした。 地元の裾野市が住民向けに開いた説明会の後の記者会見で述べた。カフナー氏は「来年から建屋の建設に入る」と表明。その上で、第1期の開業後に「(都市機能の順次)拡大を考えている」と述べた。 ウーブン・…
トヨタ実証都市、24年にも開業 子会社CEOが見通し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100501101&g=eco
トヨタ自動車子会社で、自動運転などの実証実験を行う近未来型都市「ウーブン・シティ」(静岡県裾野市)の建設を担うウーブン・プラネット・ホールディングス(東京)のジェームス・カフナー最高経営責任者(CEO)は5日、今後の計画について「来年から建屋の建設に入る」と述べた上で、「2024年から25年の間に第1期が開業を迎える。その後に拡大を考えている」との見通しを明らかにした。
トヨタ実証都市、24~25年に第1期開業 子会社CEOが見通し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100501074&g=eco
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...