トヨタ自動車に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で51件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「事故がある」、6位は「セクハラが酷い」、7位は「品質管理の問題がある」、8位は「収益の話がある」、9位は「いじめがある」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

トヨタ自動車は23日、リコール(回収・無償修理)に伴い生産を停止していたハイブリッド車(HV)「プリウス」について、6月17日から堤工場(愛知県豊田市)で生産を再開すると明らかにした。代替部品の準備に時間がかかり、約2カ月半ぶりとなる。同14日から全国の販売店でリコールに伴う修理にも対応する。
「プリウス」、来月17日生産再開 リコール修理も開始―トヨタ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052300921&g=eco
トヨタ自動車は23日、リコール(回収・無償修理)に伴い生産を停止していたハイブリッド車(HV)「プリウス」について、6月17日から堤工場(愛知県豊田市)で生産を再開すると明らかにした。代替部品の準備に時間がかかり、約2カ月ぶりの生産再開となる。同14日から全国の販売店でリコールに伴う修理にも対応する。
トヨタ、「プリウス」を6月17日から生産再開 リコール修理も開始:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052300854&g=eco
トヨタ自動車の車を定額で使えるサービスを提供するKINTO(名古屋市)は22日、車両から収集した運転データを分析し、安全運転をすると認定したドライバーに独自のNFT(非代替性トークン)証明書を発行する実証実験を始めると発表した。この証明書は他者に譲渡できず、情報の書き換えも難しいため、安全運転をする特定ドライバーに限定したサービスの提供などに活用が期待できるという。
トヨタ系定額サービス、安全運転で証明書 NFT活用し実験:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052200851&g=eco
【ニューヨーク時事】トヨタ自動車が米南部テキサス州サンアントニオの工場に5億ドル(約780億円)超の追加投資を検討していることが21日、分かった。当局に税制上の優遇措置を要望していると明らかにした。トヨタは北米全体で部品の現地調達を図っており、必要な施設の整備などが進められる可能性がある。
トヨタ、米工場に780億円追加投資へ テキサス州、税優遇要望:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052200148&g=eco
次世代自動車に関する政府の新戦略案では、官民を挙げて車のシステム共通化に取り組む方針が示された。車載ソフトの分野では米国や中国が先行しており、政府は出遅れを挽回すべく国内自動車業界の連携を狙う。だが、日本勢は目指す方向性や開発スピードにばらつきがあり、競合する各社が協調可能な領域を見極め、手を組めるかどうかが焦点となる。
「協調領域」見極め焦点 システム共通化、課題山積―自動車新戦略案:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024052001156&g=eco
円安の進行が企業業績に与える影響は、業種によって分かれる。2024年3月期連結決算では、自動車など海外販売比率が高い業界にはプラスに働く一方、原材料調達を輸入に頼る食品・外食業界などでは収益の圧迫要因として懸念する声が強まった。急激な為替変動は経営の安定性を揺るがすだけに、各社は円安の行方を注視している。
自動車に恩恵、食品は懸念 円安の影響、業種で明暗:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051701180&g=eco
トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が車載ソフト開発での協力の検討を始めたことが16日、分かった。米中勢が電気自動車(EV)のデジタル化技術で先行する中、国内大手3社でソフトの基盤部分を共通化し、開発を加速する狙いがある。経済産業省と国土交通省も近くまとめる自動車デジタル戦略にこうした方向性を盛り込み、検討を後押しする。
自動車3社、車載ソフトで協力 出遅れ挽回、政府も後押し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051600564&g=eco
トヨタ自動車子会社の広告代理店、トヨタ・コニック・プロ(東京)は14日、顧客に配布したインターネット通販「アマゾン」のギフト券約57万円分(281件分)を社員が不正に取得していたと発表した。同社は既にこの社員を解雇しており、被害の弁済を求めていく方針だ。
ギフト券57万円分不正取得 トヨタ子会社社員:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051400969&g=eco
トヨタ自動車は13日、2024年3月期の取締役の報酬総額が35億4200万円(前期は21億4400万円)だったと明らかにした。対象者数は社外を含め前期比5人増の15人。
トヨタ、役員報酬総額35億円 24年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051300483&g=eco
【北京時事】トヨタ自動車は9日、4月の中国新車販売台数は前年同月比27.3%減の11万8200台だったと明らかにした。前年実績を下回ったのは3カ月連続。トヨタは価格競争の激化などを挙げ、「厳しい市場環境が継続している」(広報)と説明した。
トヨタ、4月の中国新車販売は27.3%減 厳しい市場環境続く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024050900704&g=eco
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...