pandy 白黒付けるメディア

トヨタ自動車に関する口コミ・噂

トヨタ自動車(トヨタ自動車有限会社/本社:愛知県豊田市トヨタ町一番地東京本社:東京都文京区後楽一丁目四番十八号名古屋オフィス:名古屋市中村区名駅四丁目七番一号)に関する噂・口コミランキングです。
トヨタ自動車への印象・評価は、1位 先進(40%)、2位 凄い(30%)、3位 イケてる(11%)、4位 堅実(7%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 硬派(2%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:197)
当サイト内にトヨタ自動車の記事は全部で46件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「事故がある」、6位は「セクハラが酷い」、7位は「品質管理の問題がある」、8位は「収益の話がある」、9位は「いじめがある」、10位は「引き抜きを行う」です。

ニュースリンク

 60歳の定年を迎えた再雇用者に戦力として期待を寄せる企業が増えている。「即戦力」人材を囲い込むため、給与などの待遇改善や定年後の再雇用の上限年齢を撤廃する動きも目立つ。給与面などで不満を抱えるシニア側にはメリットが大きいが、若年層の働く機会が減ると懸念する声も上がる。 トヨタ自動車は、65歳までの再雇用者のうち組み立てなどに関わる技能職で2020年度から給与を見直す。通常は収入が現役時代の半分程度となるが、現役と同等の働きを求められる代わりに年収が100万~150万円プラスされる職位を新設。「
企業、シニア人材に熱視線=再雇用の上限撤廃、若手にはマイナスも:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102000401&g=eco
 女性活躍推進の呼び声が高まるなか、大手企業でも女性の生え抜き役員が誕生し始めた
難題に挑んで自信 上場企業女性役員に聞く飛躍への道(NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00000005-nikkeisty-life
来年1月に始まる日米物品貿易協定(TAG)交渉をにらみ、トランプ米政権内から日本に大幅な譲歩を迫る強硬発言が相次いでいる。パーデュー農務長官は18日、農業分野で環太平洋連携協定(TPP)以上の市場開
米、相次ぐ強硬発言 市場開放、為替条項も 対日関税交渉控え - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15471506/
安倍晋三首相は15日、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%に予定通り、引き上げる方針を表明した。社会保障制度の財源確保が目的というが、足元の日本経済の雲行きは怪しい。この日の株式市場ではト
「消費税10%」増税表明は安倍首相のダチョウ倶楽部作戦? - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15455211/
 トヨタ自動車が電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の次世代自動車を専門に手掛ける新組織「トヨタZEV(ゼブ)ファクトリー」を設立したことが13日、分かった。各部門に分散していた人材を集めて、中国や欧州など国・地域で異なる環境規制に対応した次世代車の開発・生産体制を強化する。愛知県豊田市の本社で1日付で発足した。 ZEVは、EVや発電に水素を利用するFCVなど排ガスや二酸化炭素(CO2)を出さない「ゼロエミッション車」を指す。トヨタは2020年代前半までに全世界で10車種以上のEV発売を目指
トヨタが次世代車の専門組織=開発・生産体制を強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101300384&g=eco
 トヨタ自動車労働組合(組合員約6万9000人)は13日、愛知県豊田市で定期大会を開き、2019年の春闘交渉に向けた運動方針を決めた。賃金については「要求の在り方を検討していく」として、基本給を底上げするベースアップ(ベア)要求額を明示するかどうかを含め従来方式の見直しを視野に議論を進める姿勢を示した。 トヨタ労組は18年春闘で、正社員のベアに相当する賃金改善分として3年連続で月額3000円を要求。交渉の結果、正社員に限らず全組合員を対象にベアや定期昇給、手当を含め平均3.3%の賃上げを実施する
トヨタ労組、ベア要求額明示の是非検討=18年春闘踏まえ見直しも:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101300388&g=eco
SUBARU(スバル)は11日、出荷前の完成車のブレーキ検査などで不正を行っていた問題で、国土交通省に9車種6124台のリコールを届け出た。同社は昨年から今年にかけて検査不正に伴うリコールが続いてお
スバル、委託の「86」含む6124台リコール - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15431468/
SUBARU(スバル)は11日、出荷前の全車両を対象に行うブレーキなどの性能検査に不正があった問題を受け、普通乗用車「レヴォーグ」など9車種計6124台(2017年12月製造)をリコール(回収・無償
スバル6000台リコール=ブレーキ検査不正で−国交省 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15429535/
 SUBARU(スバル)は11日、出荷前の全車両を対象に行うブレーキなどの性能検査に不正があった問題を受け、普通乗用車「レヴォーグ」など9車種計6124台(2017年12月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。スバル12万台リコール=駐車ブレーキに不具合 国交省やスバルによると、ブレーキ検査では、本来別々に実施しなければならないメインとサイドの制動力の測定を、同時に行っていたケースがあった。同社が依頼した外部専門家による報告書では、ブレーキの制動力が「不当にかさ上げされた
スバル6000台リコール=ブレーキ検査不正で-国交省:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101100761&g=eco
【ジャカルタ=後藤静華】アジアパラ大会は10日、陸上の男子100メートル(切断など)の決勝が行われ、前日の予選でアジア新をマークした井谷俊介(ネッツトヨタ東京)が11秒75で優勝した。「走る前から
陸上男子100m、井谷が優勝…アジアパラ大会 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15426203/
ニュース一覧

トヨタ自動車の注目の噂

トヨタ自動車の全ての噂

トヨタ自動車のタグ

トヨタ自動車トヨタグループ豊田市文京区1937年設立IOCワールドワイドパートナー日経平均株価

トヨタ自動車の噂をタレコミ

トヨタ自動車有限会社の基本情報

トヨタ自動車株式会社は、世界最大手の日本の自動車メーカー。単一メーカーとしては日本最大で、世界各地に拠点を有していると同時に、トヨタグループの中核を占める。2015年3月期連結売上高27.2兆円は国内首位である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 概要 トヨタ自動車は世界最大手の自動車メーカーであり、ダイハツ工業株式会社と日野自動車株式会社を含めたトヨタグループの2014年 世界累計販売台数は1023万1000台http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/53...