日本郵政に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

日本郵政に関する口コミ・噂

日本郵政(日本郵政株式会社/東京都千代田区霞が関一丁目3番2号)に関する噂・口コミランキングです。
日本郵政への印象・評価は、1位 凄い(50%)、2位 厳しい(12%)、3位 先進(11%)、4位 商売熱心(10%)、5位 コアなファンが居る(9%)、6位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に日本郵政の記事は全部で38件あり、注目度1位は「ブラック企業である」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度2位は「倒産しそう」であり、注目度3位は「有給休暇が使えない」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「収益の話がある」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「リストラをしている」、7位は「パワハラが酷い」、8位は「セクハラが酷い」、9位は「M&Aの話がある」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

日本郵政グループは30日、かんぽ生命保険の不正販売問題をめぐり、保険業法に基づき、新たに郵便局員ら2448人を処分したと発表した。乗り換え契約に関する社内調査では、6月25日までに計3583件にかかわる2614人の法令・社内規定違反が確認されており、処分者はさらに増える見通し。
かんぽ不正、2448人処分 販売資格取り消しなど―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020063001248&g=eco
日本郵政は17日午前、東京都内で定時株主総会を開いた。傘下の日本郵便でかんぽ生命保険の不正販売が表面化して以降、株主総会を開くのは初めて。増田寛也社長は「一刻も早く信頼を取り戻す。顧客本位の業務運営とコンプライアンス(法令順守)意識の徹底を図る」と強調した。
増田社長、信頼回復「一刻も早く」 不正発覚後初の総会―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061700192&g=eco
日本郵政は12日、傘下の日本郵便とかんぽ生命保険の社員計約120人が、新型コロナウイルスの影響を装い、個人事業主らを救済する「持続化給付金」を申請していたと発表した。販売不正で営業自粛中のかんぽ保険契約で得られたはずの収入減を給付金で補うのは制度の趣旨に反する。大半の社員は既に申請の取り下げや返還に応じたが、日本郵政は手続きに応じていない十数人に引き続き働き掛ける。
コロナ装い120人申請 持続化給付金を返還―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061201091&g=eco
日本郵政は11日、保養宿泊施設「かんぽの宿」の駐車場で乗用車やキャンピングカーでの車中泊を楽しめるサービスを19日から始めると発表した。料金は1日当たり1台2000円。新型コロナウイルスの感染リスクが高まる「3密」を避けて、旅行できる機会を提供する。
かんぽの宿、車中泊サービス 「3密」回避、駐車場利用:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061100953&g=eco
日本郵政傘下の日本郵便とかんぽ生命保険の社員が新型コロナウイルスの影響を装い、収入が減った個人事業主らを救済する「持続化給付金」を悪用した疑いが浮上し、日本郵政は27日、社内調査を始めたと明らかにした。販売不正を受け営業自粛中のかんぽ生命保険契約で得られたはずの収入減を給付金で補うのは制度の趣旨に反する。日本郵政は不正を確認次第、申請を取り下げさせるか、受給した場合は返還させる。 調査はインターネットへの書き込みなどが端緒。持続化給付金は、個人事業主の場合、確定申告する「事業所得」が1カ月でも前…
コロナ装い持続化給付金申請か 郵便局員ら調査―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052701186&g=eco
日本郵政は25日、昨年12月に発覚した鈴木茂樹総務事務次官(当時)による行政処分情報の漏えい問題に関する調査報告書を公表した。調査に対し、漏えいの相手方で同次官OBの鈴木康雄上級副社長(同)は情報提供を求めたことを否定。報告書は「前上級副社長側に違法性は認められない」と結論付けた。
日本郵政、前副社長側に「違法性なし」 総務次官の漏えい問題:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052500790&g=eco
日本郵政は15日、2021年3月期の連結純利益が前期比42.1%減の2800億円に落ち込む見通しだと発表した。売上高に当たる経常収益は5.5%減の11兆2900億円。傘下のかんぽ生命保険の不正販売問題に伴う営業自粛で保険販売が低迷するほか、新型コロナウイルスの影響で貯金・保険の運用環境が悪化するため。
日本郵政、純利益4割減 かんぽ不正、コロナが打撃―21年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051501113&g=eco
日本郵政グループは27日、かんぽ生命保険の不正販売問題をめぐり、保険業法に違反して顧客に虚偽の説明などを行い、多数の契約を結ばせた郵便局の保険販売員75人について、保険募集人の資格を取り消す処分を行ったと発表した。このほか、2人を厳重注意処分とする。
郵便局員77人を処分 かんぽ問題、保険営業の資格剥奪など:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042700919&g=eco
日本郵政の増田寛也社長は27日の記者会見で、政府が全国5000万超の全世帯無料配布を決めた布マスクの配送先について、別居世帯宛てなどを含め約6300万カ所に上ると明らかにした。配布は感染者数最多の東京都から始まったが、25日時点で郵便局に納入されたのは4%相当、約230万カ所分にとどまるという。
布マスク、配布4%どまり 26億円で受注―日本郵便:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042700946&g=eco
日本郵政は13日、政府による緊急事態宣言を受け、対象地域の7都府県にある9カ所の保養宿泊施設「かんぽの宿」について、5月6日まで全面的に休館すると発表した。 宿泊予約者に連絡を取っており、13日から順次休館する。温泉や食事などの日帰り利用は少なくとも5月10日まで受け入れを休止する。
かんぽの宿、9カ所一時休館 日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041300332&g=eco
ニュース一覧

日本郵政の注目の噂

日本郵政の全ての噂

日本郵政のタグ

日本郵政グループ特殊会社持株会社東証一部上場ホテル運営会社千代田区郵便会社郵政民営化 (日本)特殊法人

日本郵政の噂をタレコミ

日本郵政株式会社の基本情報

2000年春に、千代田区大手町に所在した関東郵政局、港区麻布台に所在した関東郵政監察局、台東区蔵前に所在した東京貯金事務センターを集約・移転。民営化後は分割承継した郵便事業・郵便局会社の関東支社をはじめとする事務所が入居している。左側の建物は郵便事業さいたま新都心支店・さいたま新都心郵便局さいたま市中央区新都心日本郵政株式会社は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。愛称は「JP 日本郵政」。コーポレートカラーは「ゆうせいレッド...