日本郵政に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

日本郵政に関する口コミ・噂

日本郵政(日本郵政株式会社/東京都千代田区霞が関一丁目3番2号)に関する噂・口コミランキングです。
日本郵政への印象・評価は、1位 凄い(50%)、2位 厳しい(12%)、3位 先進(11%)、4位 商売熱心(10%)、5位 コアなファンが居る(9%)、6位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:108)
当サイト内に日本郵政の記事は全部で38件あり、注目度1位は「パワハラが酷い」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度2位は「ブラック企業である」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度3位は「セクハラが酷い」でBusiness Journal等のメディアで記事にされており、4位は「有給休暇が使えない」、5位は「収益の話がある」、6位は「労働組合の話がある」、7位は「倒産しそう」、8位は「リストラをしている」、9位は「M&Aの話がある」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

日本郵政傘下のゆうちょ銀行が提携する電子決済サービスを経由した不正出金問題で、メルカリ子会社の「メルペイ」(東京)は16日、3件で計49万8113円の被害を確認したと発表した。全国で被害が相次ぐNTTドコモの「ドコモ口座」と同じく、不正に取得した暗証番号を使って登録された銀行口座から、顧客の預金が引き出されたもようだ。
不正出金、メルペイで3件 ラインペイも確認:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091600626&g=eco
三井住友銀行頭取や日本郵政社長を歴任し、「最後のバンカー」と呼ばれた西川善文(にしかわ・よしふみ)氏が11日、死去した。82歳だった。奈良県出身。葬儀は近親者のみで行う。 1997年に住友銀行頭取に就任。強力なリーダーシップで不良債権処理を進める一方、三井グループのさくら銀行との合併を主導し、旧財閥の壁を越えた金融再編を実現した。2001年に三井住友銀行の初代頭取となり、翌年から05年6月に退任するまで三井住友フィナンシャルグループ社長を兼任した。住銀時代を含め、全国銀行協会の会長を2度務めた。…
西川善文氏死去 住友・さくら銀合併を主導―日本郵政社長も歴任・82歳:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091200043&g=obt
三井住友銀行頭取や日本郵政社長を歴任し、「最後のバンカー」と呼ばれた西川善文(にしかわ・よしふみ)氏が11日、死去した。82歳だった。奈良県出身。葬儀は近親者のみで行う。 1997年に住友銀行頭取に就任。強力なリーダーシップで不良債権処理を進める一方、三井グループのさくら銀行との合併を主導し、旧財閥の壁を越えた金融再編を実現した。2001年に三井住友銀行の初代頭取となり、翌年から05年6月に退任するまで三井住友フィナンシャルグループ社長を兼任した。住銀時代を含め、全国銀行協会の会長を2度務めた。…
西川善文氏死去 住友・さくら銀合併を主導―日本郵政社長も歴任・82歳:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091200043&g=eco
日本郵政グループは11日、保険商品の不正販売を受けて自粛を続けてきた傘下のかんぽ生命保険の営業を10月5日から再開すると発表した。不正販売が発覚し、営業自粛に追い込まれた昨年7月以来の再開となる。
かんぽ、10月5日に営業再開 積極勧誘は当面自粛―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091100725&g=eco
日本郵政グループは9日、保険商品の不正販売を受けて昨年7月から自粛を続けてきた傘下のかんぽ生命保険の営業を10月5日から再開する方向で最終調整に入った。当面は保険など金融商品の積極的な勧誘は行わず、顧客への謝罪活動を優先する方針で、週内にも発表する。
かんぽ、10月5日に営業再開へ 謝罪活動中心に―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090901342&g=eco
かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、日本郵政が8月に開設した専門家による電話相談窓口に、約2週間で49件の苦情などが寄せられたことが3日、分かった。「家族が何度も交渉しているが、対応してくれない」など深刻な訴えがあり、今後、新たな被害が掘り起こされる可能性もある。 日本郵政が3日開いた外部有識者の委員会で、8月末までの相談受け付け状況が報告された。「最近、親が亡くなって契約を知った」などの相談があった。委員は「(はがき送付などの調査で)返信がないから問題がないというわけではない」と指摘。「消費者…
かんぽ不正、苦情49件 専門家相談窓口2週間:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090301071&g=eco
日本郵政グループは26日、保険商品の不正販売を受けて昨年7月から自粛を続けてきた傘下のかんぽ生命保険の営業再開を決めた。時期は明示しなかった。当面は保険など金融商品の積極的な勧誘は行わず、顧客への謝罪や再発防止体制の説明など信頼回復に向けた取り組みを優先する。 日本郵政の増田寛也社長は記者会見し、「おわびすることから始め、新たな第一歩を踏み出したい」と述べた。
かんぽ生命、営業再開を決定 時期は明示せず―日本郵政:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082600858&g=eco
日本郵政は26日、かんぽ生命保険が保険商品の不正販売を受けて行ったきた営業自粛を再開するとの報道について、「当社が発表したものではない。かんぽ生命保険商品の業務運営は本日開催の取締役会に付議する予定で、決定した場合は速やかに公表する」とのコメントを発表した。
日本郵政:かんぽ生命保険商品の業務運営、本日開催の取締役会に付議する予定:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082600317&g=eco
日本郵政が傘下のオーストラリア物流大手トール・ホールディングスの売却に向けた検討に入ったことが、13日分かった。既に複数の大手証券会社に対して具体案の提示を求めており、売却に向けて初期段階の手続きを進めている。
郵政、豪トールの売却検討 複数の証券大手に打診:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081300780&g=eco
日本郵政グループは31日、郵便局の営業担当者が少なくとも79人の顧客に対し、かんぽ生命保険とゆうちょ銀行の投資信託を不適切に販売した疑いが判明したと発表した。投信の分配金が定額ではないのに定額と虚偽説明を行うなど、金融商品取引法や保険業法に違反する恐れがあるという。郵政グループは別の顧客約750人についても調査を進めている。 新たな不適切販売の疑いは、2019年4月以降、日本郵便、ゆうちょ銀、かんぽ生命の3社に寄せられた苦情を分析した結果、発覚した。郵便局員が手当目当てに、保険商品の解約に伴う返…
日本郵政、新たな不適切販売の疑い かんぽ保険・投信めぐり:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073101279&g=eco
ニュース一覧

日本郵政の注目の噂

日本郵政の全ての噂

日本郵政のタグ

日本郵政グループ特殊会社持株会社東証一部上場ホテル運営会社千代田区郵便会社郵政民営化 (日本)特殊法人

日本郵政の噂をタレコミ

日本郵政株式会社の基本情報

2000年春に、千代田区大手町に所在した関東郵政局、港区麻布台に所在した関東郵政監察局、台東区蔵前に所在した東京貯金事務センターを集約・移転。民営化後は分割承継した郵便事業・郵便局会社の関東支社をはじめとする事務所が入居している。左側の建物は郵便事業さいたま新都心支店・さいたま新都心郵便局さいたま市中央区新都心日本郵政株式会社は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。愛称は「JP 日本郵政」。コーポレートカラーは「ゆうせいレッド...