pandy 白黒付けるメディア

マネックスグループに関する口コミ・噂

マネックスグループ(マネックスグループ株式会社/東京都千代田区麹町2丁目4番1号麹町大通りビル)に関する噂・口コミランキングです。
マネックスグループへの印象・評価は、1位 硬派(40%)、2位 イケてる(29%)、3位 コアなファンが居る(27%)、4位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:37)
当サイト内にマネックスグループの記事は全部で39件あり、注目度1位は「収益の話がある」であり、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされております。

ニュースリンク

暗号資産(仮想通貨)交換業を手掛けるコインチェック(東京都渋谷区)の勝屋俊彦社長は、有力企業の参入が相次ぐ中「交換業者は今後、競争と淘汰(とうた)の時代に入る」との見方を示す。同社はみなし仮想通貨交換業者だった2018年1月、580億円相当の巨額流出が発生、金融庁から業務改善命令を受けた。同年4月にマネックスグループの傘下に入り、立て直しを進め、今年1月に業者登録を完了。企業ポイントと暗号資産の交換など、新たなサービスにも乗り出した。勝屋社長は、暗号資産の保有者拡大に向けた新たな取り組みが必要と…
暗号資産業界、競争・淘汰の時代に=勝屋コインチェック社長に聞く:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091100426&g=eco
マネックスグループの子会社で、暗号資産(仮想通貨)の交換所を運営するコインチェック(東京都渋谷区、勝屋敏彦社長)は22日、企業や団体が独自に暗号資産を発行して行う「IEO」と呼ばれる資金調達について、支援事業の検討を始めたと発表した。資金決済法の改正などルール整備が進んだことで、2020年度からは国内で暗号資産を使った企業の資金調達が活発化すると見込んでおり、親会社の証券業のノウハウなどを生かし、健全な資金調達手段の確立を目指す。
コインチェック、暗号資産使った資金調達の支援事業を検討:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082200731&g=eco
コインチェック(東京)を買収したインターネット証券大手マネックスグループの松本大会長兼社長に今後の事業展開などを聞いた。 -仮想通貨の利点をどう見ているか。 例えば特定の飲料メーカーの商品が買えるコインを発行し、独自の経済圏をつくることができる。 -異業種との連携は。 1月にコインチェックは改正資金決済法に基づく正式な業者として登録された。さまざまな分野の企業と(提携などの)話を始めている。 -仮想通貨の価格は大幅に下落したが。 短期的な値上がりでもうけようという人々は退場したか、退場しつつある…
仮想通貨、将来の可能性信じる=マネックスグループ会長兼社長の松本氏:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012600473&g=eco
不正流出事件を起こした仮想通貨交換業者コインチェックは、今年1月11日、金融庁に正式な登録業者として認可されたばかりだ。1年前の事件は、登録前の「みなし業者」として営業するさなかに起きた。金融庁は
仮想通貨交換業者、私的流用や資金洗浄… ずさんな実態 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15930384/
金融庁は11日、昨年1月に580億円相当の仮想通貨を流出させた交換業大手コインチェック(東京)を改正資金決済法に基づく正式な業者として登録した。インターネット証券大手マネックスグループ傘下に入り経営陣を刷新。仮想通貨の安全管理やマネーロンダリング(資金洗浄)の防止に向けた体制を構築したと判断した。 コインチェックは流出当時、金融庁の登録審査中で、「みなし業者」として営業していた。流出を受け、同庁は昨年1月と3月に業務改善命令を出したが、11日の登録に併せて解除した。 コインチェックの勝屋敏彦社長…
コインチェックを正式登録=仮想通貨取引の体制整備で-金融庁:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011101214&g=eco
仮想通貨の巨額不正流出事件を起こした交換業者コインチェック(東京)が、登録業者として金融庁に認められる見通しとなった。コインチェックはこれまでは、正式登録前だが営業できる「みなし業者」だった。4月に
仮想通貨流出招いたコインチェック、国認める登録業者へ - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15764926/
金融庁は19日、仮想通貨交換業大手コインチェック(東京)について、年内にも改正資金決済法に基づく登録事業者として正式に認める方針を固めた。同社は1月、不正アクセスで約580億円相当の仮想通貨流出を引き起こした。その後、顧客保護など内部管理体制やシステムの安全対策の整備が進んだと判断した。 同法により交換業には登録制度が導入されている。コインチェックは登録審査中のまま営業を認められた「みなし業者」だった。 コインチェックは流出発覚後、自主的に仮想通貨の売買を一時停止し、不正アクセス対策などを強化し…
金融庁、コインチェックを業者登録へ=仮想通貨取引、対策整備と判断:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121906122&g=eco
マネックスグループの松本大社長は12日、4月に買収した仮想通貨交換業コインチェック(東京)の金融庁への登録について「待つだけだ」と述べ、見通しが立っていないことを明らかにした。東京都内で開いた事業戦略説明会で、記者団の取材に語った。(2018/12/12-15:16)
松本マネックスG社長:仮想通貨交換業登録、「待つだけ」=米国で来年中に事業参入:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121200568&g=eco
 インターネット証券大手マネックスグループ傘下の仮想通貨交換業者コインチェック(東京)は26日、リップルとファクトムの購入と入金が可能になったと発表した。これにより、取り扱い仮想通貨全9種の取引が再開されたことになる。仮想通貨による電気料金などの決済サービスは、まだ再開に向け準備中だ。(2018/11/26-22:05)
コインチェック、全仮想通貨の取引再開=決済サービスなどは準備中:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112601161&g=eco
 インターネット証券大手マネックスグループ傘下の仮想通貨交換業者、コインチェック(東京)は30日、仮想通貨の新規口座開設を再開したと発表した。取り扱いを停止していた同通貨の一部についても販売などを開始。外部の専門家がシステムの安全性を確認した。 販売を再開したのはビットコインキャッシュなど3通貨。対象とならなかった5通貨も安全性を確認後、追加する予定だ。(2018/10/30-17:01)
新規口座開設を再開=一部仮想通貨の取り扱いも-コインチェック:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018103000932&g=eco
ニュース一覧

マネックスグループの注目の噂

マネックスグループの全ての噂

マネックスグループのタグ

千代田区東証一部上場金融持株会社2004年設立外資系発祥の日本

マネックスグループの噂をタレコミ

マネックスグループ株式会社の基本情報

マネックスグループ株式会社は、東京都千代田区麹町に本店を置く金融持株会社。 概要 松本大とソニーの共同出資で創業したマネックス証券株式会社と、日興コーディアルグループ子会社の日興ビーンズ証券株式会社を経営統合するために、共同株式移転で設立された持株会社である。2008年にシティグループ・ジャパン・ホールディングスが日興コーディアルグループを買収した後もマネックスグループの出資を維持したため、シティグループの持分法適用会社であった。2010年にオリックス証券株式会社を株式交換により完全子会社化することで経営統合。これにより、オリックス株式会社が22.5%の筆頭株主となり、同社の持分法適用会社とな...