pandy 白黒付けるメディア

小野薬品工業に関する口コミ・噂

小野薬品工業(小野薬品工業株式会社/大阪府大阪市中央区久太郎町一丁目8番2号)に関する噂・口コミランキングです。
小野薬品工業への印象・評価は、1位 商売熱心(52%)、2位 先進(16%)、3位 凄い(14%)、4位 コアなファンが居る(14%)であると考えられます。(参考データポイント:68)
当サイト内に小野薬品工業の記事は全部で32件あり、注目度1位は「創業者の話がある」であり、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされております。

ニュースリンク

「正当な評価を」−。自らの研究をもとに開発されたがん免疫治療薬「オプジーボ」の特許料をめぐり10日、報道陣に対し、見解を明らかにした京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授。この日は、オプジーボを
「正当な評価を」ノーベル賞・本庶佑氏が抱く危機感 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16297105/
京都市内で10日開かれたノーベル医学・生理学賞受賞の本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授(77)の記者会見で、がん免疫治療薬「オプジーボ」を販売する小野薬品工業(大阪市)との特許に関する契約の
本庶佑氏ら一問一答「常識で対応してほしい」  - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16297107/
ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑京都大特別教授が10日、京大で記者会見を開き、本庶氏の研究を基に開発されたがん治療薬「オプジーボ」を製造・販売する小野薬品工業(大阪市)に対し、特許の対価が低すぎ
「特許の対価低すぎ」と主張=がん免疫療法でノーベル賞受賞の本庶氏 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16297123/
2018(平成30)年のノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(77)が10日、京都市内で会見を開き、本庶氏の研究をもとに小野薬品工業(大阪市)が開発したがん免疫
本庶佑氏、がん治療薬特許の対価引き上げ要求 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16296934/
小野薬品工業がノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授の研究をもとに開発したがんの免疫治療薬「オプジーボ」に関し、本庶氏に支払う対価の上乗せに関する交渉をしているこ
「オプジーボ」対価上乗せめぐり小野薬と本庶氏側が交渉 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16022667/
今年のノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の本庶佑特別教授が26日、京都市左京区の大学内で記者会見した。受賞を受け、京大が若手研究者を支援する「本庶佑有志基金」を創設し、直後に個人から1億円の寄付の
京大基金に個人から1億円=本庶さん会見で明かす - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15795494/
【ストックホルム時事】2018年のノーベル賞授賞式が10日夕(日本時間11日未明)、ストックホルムのコンサートホールで行われ、本庶佑・京都大特別教授(76)に医学生理学賞のメダルと賞状が授与された。
本庶さん、栄誉のメダル=ノーベル賞授賞式 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15721131/
今年のノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑京都大特別教授(76)は、受賞対象となったがん免疫療法について、抗がん剤や外科手術、放射線治療よりも優先される「第一選択」になるとの見方を示す。開発された新
「がん治療の第一選択に」=免疫療法、続く改良−効く患者の判別法課題・本庶氏 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15716409/
ノーベル医学・生理学賞の受賞を10日に控える本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授。今回の受賞に花を添えることが一つある。本庶特別教授と、共同受賞した米テキサス大のジェームズ・アリソン教授がそれぞ
本庶・アリソン両教授の免疫治療薬、併用療法で効果増大 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15700615/
 小野薬品工業が1日発表した2018年9月中間(4~9月期)連結決算は、純利益が前年同期比36.0%増の288億4500万円と中間決算としての過去最高を記録した。主力の抗がん剤オプジーボの売上高が11.9%増の454億円と増加したほか、海外企業のオプジーボ使用によるロイヤルティー収入増加などで収益が拡大。同社は19年3月期(通期)の業績予想でも売上高や純利益を上方修正した。 オプジーボは、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大学の本庶佑特別教授の研究をもとに開発された。薬価は高額批判を受け、
小野薬9月中間、オプジーボ好調で最高益=ノーベル賞の影響は「限定的」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110101297&g=eco
ニュース一覧

小野薬品工業の注目の噂

小野薬品工業の全ての噂

小野薬品工業のタグ

医薬品メーカー大阪市中央区東証一部上場老舗企業 (江戸時代創業)1947年設立

小野薬品工業の噂をタレコミ

小野薬品工業株式会社の基本情報

小野薬品工業株式会社は、大阪府大阪市中央区に本社を置く日本の製薬会社である。 会社概要 * 主に医家向けの医薬品を専業とする。* 独自の創薬事業による開発・販売を一貫して行うことで、非常に高い利益率を誇る。* かつてはビタミン剤「エフビタン」、胃腸薬「タフマック」、滋養剤「リキホルモ」、子供向けの薬「ピノキオ」等の一般用医薬品を展開していたが、現在はすでに撤退している。 沿革 * 1717年 初代小野市兵衛が道修町において、伏見屋市兵衛の屋号のもとに薬種仲買人として創業。* 1918年 東洋製薬化成株式会社設立。* 1934年 資本金16万円の合名会社小野市兵衞商店に改組する。* 1947年 ...