pandy 白黒付けるメディア

早川書房に関する口コミ・噂

早川書房(株式会社早川書房/東京都千代田区神田多町2-2)に関する噂・口コミランキングです。
早川書房への印象・評価は、1位 硬派(62%)、2位 コアなファンが居る(31%)、3位 堅実(3%)、4位 厳しい(3%)であると考えられます。(参考データポイント:32)
当サイト内に早川書房の記事は全部で22件ありますが、その中でもあまり意義のあるうわさ・口コミはないようです。

ニュースリンク

「ドイツには、冷戦時代の痕跡や影がまだ至るところにある。ここを舞台にしたら、ほかの英語圏の作家とは違うものができるのではと思ったのです」と話すのは英作家、デイヴィッド・ヤングさん(60)。東西冷戦下
東西冷戦下…東独の深い闇 デイヴィッド・ヤングさん 長編ミステリー「影の子」 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15317336/
小松左京(こまつ・さきょう)のSF作品の復刊が相次いでいる。昨年12月、文春文庫で出た短編集「アメリカの壁」は35年ぶりの復刊。続いてことし1月には、早川書房から「復活の日」がハードカバーで復刊さ
【石野伸子の読み直し浪花女】小松左京・不滅のSF魂(1)トランプ大統領誕生40年前に「予言」 復活の日、さよならジュピター… - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15295152/
生命科学のこれからが見通せない。それはときに、たしかに明るい顔をみせてきた。けれども不妊治療などの現場では、難しい選択を迫るばかりか、判断に迷う領域を広げてもきた。とりわけ「親」と「子」のあいだに横
「親なき子」を作り出す生命科学でいいか 山折哲雄氏の解説 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15225463/
日本の伝統食・うなぎ。今や、絶滅が危惧され、そう気軽には口にできないが、本書はうなぎがすでに絶滅した後の世界を舞台にした短編5編を収録している。元うなぎ屋の父と息子らが、うなぎ料理への思いをにじま
【書評】『うなぎばか』倉田タカシ著 うなぎ絶滅後の世界が舞台 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15047384/
著者は1981年生まれ、スウェーデン・ストックホルム在住。初の小説「幸せなひとりぼっち」(2012年)をはじめとする作品は世界各国で翻訳され、累計売り上げは900万部を突破した。今や「スウェーデンの
【書評】『おばあちゃんのごめんねリスト』 縦横無尽に試される想像力 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14911351/
第31回三島由紀夫賞、同山本周五郎賞(新潮文芸振興会)の受賞者は、30代のフレッシュな顔ぶれとなった。三島賞は、古谷田(こやた)奈月さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)で、山本賞は
第31回三島賞は古谷田奈月さん 山本賞は小川哲さん 古谷田奈月さん「書いている時に生を実感」 小川哲さん「目指すは世界を良くする小説」 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14755820/
第31回三島由紀夫賞・山本周五郎賞(新潮文芸振興会)の選考会が16日、東京都内のホテルで開かれ、三島賞は古谷田奈月さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)、山本賞は小川哲(さとし)さん
三島賞に古谷田奈月さん、山本賞は小川哲さん - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14724416/
第31回三島由紀夫賞と山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)の選考会が16日、東京都内で開かれ、三島賞は古谷田奈月(こやた・なつき)さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)に、山本賞は小川
三島賞に古谷田奈月さん、山本賞は小川哲さん - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14724090/
第31回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)は16日、古谷田奈月さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)に決まった。第31回山本周五郎賞には小川哲さん(31)の「ゲームの王国(上・下)」
三島賞に古谷田奈月さん=山本賞は小川哲さん - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14724112/
死者のような、慈悲深い無の微笑(ほほえ)み−−24歳のアイリーンが仕事中につけていた表情だ。彼女は内奥に秘めた激情を抑えるためにこの仮面をかぶり、内気で平凡な人間のふりをして生活をしていたのだ。本書
【書評】『アイリーンはもういない』オテッサ・モシュフェグ著、岩瀬徳子訳 醜悪な心を書き尽くす - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14647757/
ニュース一覧

早川書房の注目の噂

早川書房の全ての噂

早川書房のタグ

早川書房演劇に関する出版社1945年設立千代田区出版社

早川書房の噂をタレコミ

株式会社早川書房の基本情報

株式会社早川書房は、日本の出版社。創業者は早川清。 概要 設立当初は、演劇関係の出版を専らにしていた。しかし、1953年刊行開始の『ハヤカワ・ミステリ』や1970年刊行開始の『ハヤカワ文庫SF』によって、現在では主としてサイエンス・フィクション、ミステリーを始めとする海外文学に強い出版社と見られることが多い。1997年からヒュー・ジョンソンの「ポケット・ワインブック」の日本語版など、「ハヤカワ・ワインブック」としてワイン関連の書籍もいくつか出している。1999年には「財団法人早川記念文学振興財団」を創設。2008年に死去した野田昌宏の蔵書を受け入れ、「ハヤカワライブラリー 野田昌宏文庫」として...