pandy 白黒付けるメディア

早川書房に関する口コミ・噂

早川書房(株式会社早川書房/東京都千代田区神田多町2-2)に関する噂・口コミランキングです。
早川書房への印象・評価は、1位 硬派(62%)、2位 コアなファンが居る(31%)、3位 堅実(3%)、4位 厳しい(3%)であると考えられます。(参考データポイント:32)
当サイト内に早川書房の記事は全部で22件ありますが、その中でもあまり意義のあるうわさ・口コミはないようです。

ニュースリンク

第31回三島由紀夫賞、同山本周五郎賞(新潮文芸振興会)の受賞者は、30代のフレッシュな顔ぶれとなった。三島賞は、古谷田(こやた)奈月さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)で、山本賞は
第31回三島賞は古谷田奈月さん 山本賞は小川哲さん 古谷田奈月さん「書いている時に生を実感」 小川哲さん「目指すは世界を良くする小説」 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14755820/
第31回三島由紀夫賞・山本周五郎賞(新潮文芸振興会)の選考会が16日、東京都内のホテルで開かれ、三島賞は古谷田奈月さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)、山本賞は小川哲(さとし)さん
三島賞に古谷田奈月さん、山本賞は小川哲さん - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14724416/
第31回三島由紀夫賞と山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)の選考会が16日、東京都内で開かれ、三島賞は古谷田奈月(こやた・なつき)さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)に、山本賞は小川
三島賞に古谷田奈月さん、山本賞は小川哲さん - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14724090/
第31回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)は16日、古谷田奈月さん(36)の「無限の玄」(「早稲田文学」増刊女性号)に決まった。第31回山本周五郎賞には小川哲さん(31)の「ゲームの王国(上・下)」
三島賞に古谷田奈月さん=山本賞は小川哲さん - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14724112/
死者のような、慈悲深い無の微笑(ほほえ)み−−24歳のアイリーンが仕事中につけていた表情だ。彼女は内奥に秘めた激情を抑えるためにこの仮面をかぶり、内気で平凡な人間のふりをして生活をしていたのだ。本書
【書評】『アイリーンはもういない』オテッサ・モシュフェグ著、岩瀬徳子訳 醜悪な心を書き尽くす - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14647757/
「日の名残(なご)り」や「わたしを離さないで」などで知られる長崎出身の英国人作家で、昨年ノーベル文学賞を受けたカズオ・イシグロさん(63)が「日本・英国間の文化交流及び相互理解の促進並びに英国におけ
カズオ・イシグロさん、旭日重光章「日英関係の一助に」 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14646782/
遺伝子改造鼠(ねずみ)と駆除部隊として派遣された学生たちの戦いが凄惨(せいさん)な陳楸帆(チェンチウファン)の「鼠年」、幽霊の街で暮らす少年の出生の秘密が切ない夏笳(シアジア)の「百鬼夜行街」、当局
【書評】『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』 代表的作家7人の物語世界 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14581697/
「米朝首脳会談の開催場所はどこになるんだろう」「ラスベガスがいいんじゃないか」「ラスベガス?どうして」「だって、ギャンブルをやるんだろ」日本の国際政治学者が先頃、米国のシンクタンク(研究機関)を
米朝会談はラスベガスで? - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14548727/
原●は愚直な作家である。探偵・沢崎を主人公にしたハードボイルド長編小説以外には脇目も振らず1988年のデビュー作『そして夜は甦(よみがえ)る』から5作目の本著まで書き続け、唯一の短編集も同様という徹
【書評】脚本家、小林竜雄が読む『それまでの明日』原りょう著 「探偵マーロウ」再生の実験に新味 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14515393/
〔1〕ラプラスの魔女東野圭吾著(KADOKAWA・760円+税)〔2〕秋霖やまず吉原裏同心抄(3)佐伯泰英著(光文社・600円+税)〔3〕億男川村元気著(文
【週間ベストセラー】首位は映画公開も控える東野圭吾著「ラプラスの魔女」〈3月17日 八重洲ブックセンター本店調べ 文庫〉 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14477654/
ニュース一覧

早川書房の注目の噂

早川書房の全ての噂

早川書房のタグ

早川書房演劇に関する出版社1945年設立千代田区出版社

早川書房の噂をタレコミ

株式会社早川書房の基本情報

株式会社早川書房は、日本の出版社。創業者は早川清。 概要 設立当初は、演劇関係の出版を専らにしていた。しかし、1953年刊行開始の『ハヤカワ・ミステリ』や1970年刊行開始の『ハヤカワ文庫SF』によって、現在では主としてサイエンス・フィクション、ミステリーを始めとする海外文学に強い出版社と見られることが多い。1997年からヒュー・ジョンソンの「ポケット・ワインブック」の日本語版など、「ハヤカワ・ワインブック」としてワイン関連の書籍もいくつか出している。1999年には「財団法人早川記念文学振興財団」を創設。2008年に死去した野田昌宏の蔵書を受け入れ、「ハヤカワライブラリー 野田昌宏文庫」として...