pandy 白黒付けるメディア

FRB “米中貿易摩擦でコスト上昇が広い範囲に影響”

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会は最新の経済報告で、ほとんどの地区で景気は緩やかに拡大しているという判断を示す一方、アメリカと中国の貿易摩擦による関税の上乗せの応酬によって、企業の原材料仕入れなどのコスト上昇が広い範囲に及んでいると指摘しました。

続きのキャッシュを確認

移動