pandy 白黒付けるメディア

日銀総裁 米で国債の金利逆転 景気後退の予兆と言えず

アメリカの債券市場で、償還までの期間が長い国債の金利と短い国債の金利が逆転したことが景気後退のサインだと指摘されていることについて、日銀の黒田総裁は過去のケースとは状況が異なるため、必ずしも景気後退の予兆とは言えないという見方を示しました。

続きのキャッシュを確認

移動