pandy 白黒付けるメディア

読売新聞の支局長が酒気帯び運転の疑い 茨城 日立

読売新聞日立支局の52歳の支局長が先月下旬、茨城県日立市内で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで交通切符を交付されていたことがわかりました。読売新聞は支局長を休職2か月などの懲戒処分とし「許されない行為であり厳正に処分した」としています。

続きのキャッシュを確認

移動