pandy 白黒付けるメディア

SUBARU本社に国土交通省が立ち入り検査 検査不正問題で

自動車メーカーのSUBARUが、車の出荷前の検査や燃費と排ガスの検査で不正を繰り返していた問題で、国土交通省は16日午前、本社に立ち入り検査に入りました。一連の問題で本社の立ち入り検査は初めてで、幹部への聞き取りなどを通じて不正の背景にある構造的な問題の解明を進めることにしています。

続きのキャッシュを確認

移動