pandy 白黒付けるメディア

裁量労働制の男性死亡 労基署が過労死として労災認定

実際に働いた労働時間ではなく、一定の時間働いたものとして賃金が支払われる裁量労働制で働いていた28歳の男性が死亡し、労働基準監督署が長時間労働による過労が原因だったとして労災認定していたことがわかりました。

続きのキャッシュを確認

移動