pandy 白黒付けるメディア

iPhone値引き求める契約 独禁法違反の可能性で見直し

アップルの日本法人が、「iPhone」を販売する国内の大手携帯電話会社に一定額の値引きを求めていた契約について、公正取引委員会から独占禁止法違反に当たる可能性を指摘され、アップル側が契約内容を見直したことがわかりました。

続きのキャッシュを確認

移動