pandy 白黒付けるメディア

アパート購入契約を一方的解除 東京の不動産会社を提訴へ

東京の不動産会社とアパートの購入契約を結んだオーナーたちが、建物が未完成のまま一方的に契約を解除されたとして、賠償を求める訴えを起こすことがわかりました。オーナーたちはシェアハウスのオーナーへの融資で問題になった静岡県のスルガ銀行から融資を受けていて、今後、スルガ銀行の責任も追及していきたいとしています。

続きのキャッシュを確認

移動