エーザイに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

エーザイに関する口コミ・噂

エーザイ(エーザイ株式会社/東京都文京区小石川四丁目6番10号)に関する噂・口コミランキングです。
エーザイへの印象・評価は、1位 先進(35%)、2位 凄い(22%)、3位 堅実(12%)、4位 イケてる(10%)、5位 コアなファンが居る(10%)、6位 硬派(5%)、7位 商売熱心(4%)であると考えられます。(参考データポイント:97)
当サイト内にエーザイの記事は全部で39件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度2位は「品質管理の問題がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」で読売等のメディアで記事にされており、4位は「収益の話がある」、5位は「M&Aの話がある」、6位は「倒産しそう」、7位は「有給休暇が使えない」、8位は「暴力団とつながりがある」、9位は「リストラをしている」、10位は「契約不履行の話がある」です。

ニュースリンク

【ニューヨーク時事】エーザイと米バイオ医薬品大手バイオジェンが共同開発し、米国で6月に使用が始まったアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」をめぐる波紋が広がっている。大手医療機関が不使用を決めるなど、普及に不透明感も漂う。 同薬の有効性に懐疑的な見方がある中で米食品医薬品局(FDA)が承認したため、物議を醸している。FDAのウッドコック長官代行は今月、承認に至るまでのバイオジェンとFDAとのやりとりが適正だったか調査するよう、米厚生省の監査部門に要求。政府機関が出した決定に対して当該機関の上層…
承認めぐる波紋収まらず エーザイのアルツハイマー薬:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071700314&g=eco
エーザイは18日、同社が開発中の抗がん剤について、米製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブと提携したと発表した。共同で開発を進め、製品化を急ぐ。エーザイは提携の対価として、最大で31億ドル(約3400億円)を受け取る。
エーザイ、米ブリストルと提携 抗がん剤開発、対価3400億円:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061800337&g=eco
エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO、73)は14日、インタビューに応じ、米国で承認されたアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」の年間売上高について、「数十億ドル(数千億円)単位の薬剤に成長するのは間違いない」との見通しを示した。当面は米国で大きく伸び、将来的には中国も米国に匹敵する市場になると見込む。
売り上げ数千億円に アルツハイマー薬、米中が巨大市場―エーザイCEO:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061400802&g=eco
【ニューヨーク時事】日本の製薬大手エーザイと米バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」が米食品医薬品局(FDA)に承認されたことをめぐり、米メディアは11日、FDAの独立諮問委員会の委員3人が辞任したと報じた。承認への抗議の意思表示という。 諮問委は外部有識者がFDAに助言する組織で、昨年11月には委員の大半が治療薬の承認に反対していた。辞任した一人はロイター通信に「(FDAに)大変失望した」とコメントした。
米承認に抗議、3人辞任 アルツハイマー新薬:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061200238&g=eco
エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は9日、オンライン説明会を開き、アルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が米国で承認されたことについて、「病理に作用する最初の治療薬ができた。感無量だ」と語った。その上で、開発中の他の治療薬とともに「アルツハイマー病の根本治療に近づくことができる」と意欲を示した。
新薬承認は「感無量」 アルツハイマー、根本治療に意欲―内藤エーザイCEO:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060900938&g=eco
9日の東京株式市場では、前日に続きエーザイ株に買い注文が殺到し、午前の取引が成立しなかった。7日に米バイオ医薬品大手バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が米国で承認されたことを受け、買い気配値は制限値幅の上限となる1万755円まで上昇したが、売り注文を買い注文が大幅に上回る状況が続いた。
エーザイ株、取引成立せず 新薬承認で買い殺到―東京市場:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060900582&g=eco
製薬大手エーザイと米バイオ医薬品大手バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が米国で承認された。認知症は家族による介護の労力と費用の負担が重く、高齢化が進む中で深刻な社会問題となっている。治療薬の登場でこうした負担の軽減が期待される一方、高額医療費が財政を圧迫するとの懸念もある。 日本の認知症人口は2012年の462万人から25年には730万人に増加し、このうち3人に2人はアルツハイマー病との推計もある。エーザイなどの試算では、アルツハイマー病にかかる費用は18年時点で…
家族介護の負担軽減 アルツハイマー薬承認で期待:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800975&g=eco
【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)が承認したエーザイと米企業バイオジェンによるアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」。病気の原因とみられる物質に直接作用する世界初の治療薬に期待が高まる半面、有効性をめぐっては懐疑的な見方も出ている。
「世界初」に期待高まる エーザイのアルツハイマー薬―効果に疑問も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800969&g=eco
米食品医薬品局(FDA)が承認したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」。症状を一時的に緩和する既存薬しかない中、エーザイなどが共同開発したアデュカヌマブは、脳内に蓄積して原因物質になるとされるたんぱく質「アミロイドβ(ベータ)」を除去し、早期アルツハイマー病の症状進行を抑えるとされるのが特長だ。
原因物質除去し進行抑制 米承認のアルツハイマー新薬:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800222&g=eco
8日午前の東京株式市場で、エーザイ株に買い注文が殺到している。米バイオ医薬品大手バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が米国で承認されたことを受け、業績向上への期待が高まっている。一時制限値幅の上限となる9251円まで買い気配値が上昇したが、取引が成立していない。
エーザイ株に買い殺到 アルツハイマー薬承認で―東京市場:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800359&g=eco
ニュース一覧

エーザイの注目の噂

エーザイの全ての噂

エーザイのタグ

医薬品メーカー健康食品メーカー文京区小石川埼玉県発祥東証一部上場1941年設立多国籍日経平均株価ファミリー

エーザイの噂をタレコミ

エーザイ株式会社の基本情報

エーザイ株式会社は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。コーポレート・スローガンは「ヒューマン・ヘルスケア」で、ロゴのhhcはナイチンゲールの直筆サインから取り出したものである。社名は旧社名「日本衛材」から。なお、現存するhttp://www.eizai.co.jp/ 日本衛材株式会社とは無関係。 概要 2012年の世界の医薬品メーカーの売上高における順位は25位で、武田薬品工業・アステラス製薬・第一三共・大塚ホールディングスに次ぎ国内5位に位置するhttp://www.utobrain.co.jp/news/20130624.shtml 医薬品企業の医薬品売上高ランキン...