pandy 白黒付けるメディア

ジャパンディスプレイに関する口コミ・噂

ジャパンディスプレイ(株式会社ジャパンディスプレイ/東京都港区西新橋三丁目7番1号ランディック第2新橋ビル)に関する噂・口コミランキングです。
ジャパンディスプレイへの印象・評価は、1位 硬派(38%)、2位 先進(21%)、3位 凄い(19%)、4位 コアなファンが居る(19%)であると考えられます。(参考データポイント:52)
当サイト内にジャパンディスプレイの記事は全部で32件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「倒産しそう」でBusiness Journal等のメディアで記事にされており、注目度3位は「リストラをしている」でExciteニュース等のメディアで記事にされており、4位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、5位は「経営破綻する」、6位は「残業代が出ない」、7位は「有給休暇が使えない」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「セクハラが酷い」、10位は「M&Aの話がある」です。

ニュースリンク

 政府系ファンドの産業革新機構は31日、機構が発足した2009年から18年3月末までの9年間で、投資元本額の2.4倍となる7694億円を回収したと発表した。目標としていた2倍を上回った。活動を終了する25年3月末までに約1兆1000億円を投資し、約2兆2000億円を回収する計画。成否は最大の投資案件であるジャパンディスプレイ(JDI)の再建にかかっている。 革新機構は、民間ファンドではできない中長期のリスクマネーを提供する目的で09年7月に発足。来月下旬に新官民ファンドとして創設される「産業革新
革新機構、元本の2.4倍回収=9年間の投資実績を公表:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018083101282&g=eco
 中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は8日、中期経営計画を見直すと発表した。同日記者会見した大島隆宣CFO(最高財務責任者)は2019年度を目指していた有機EL(エレクトロルミネッセンス)について、「液晶は想像していたより(スマホなどへの)搭載量が減っていない」と話し、先送りの可能性を示唆した。(2018/08/08-19:20)
JDI、中計見直しへ=有機EL量産先送りも:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080801042&g=eco
スマートフォンのディスプレイ供給などで知られるジャパンディスプレイが、視界に映像を映すヘルメットを開発しました。クルマの技術を応用し、スピードメーターやナビ画面を視界に映し出すといいますが、どのような
ヘルメットのバイザーに速度やナビ ライダーの未来が現実に スマホ連携も - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15130641/
 中小型の液晶製品を主力とするジャパンディスプレイ(JDI)は1日、事業多角化のため一般消費者向けの製品販売やサービス提供を始めると発表した。第1弾として、スケジュールや天気情報などを表示できる液晶ディスプレーを貼り付けたドア「フルハイトミラオス」をはじめ、開発中の5製品を公表した。 JDIは需要変動の激しいスマートフォン向けの液晶が売り上げの約8割を占めており、経営安定に向けた他事業の育成が課題。今回参入を表明した消費者向け事業では、3~5年程度で利益を出せるようにしたいという。(2018/0
JDI、消費者向け事業開始へ=ディスプレー付きドアなど商品化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080101109&g=eco
 中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)の月崎義幸社長は10日までにインタビューに応じた。主力のスマートフォン関連以外の車載向け液晶事業などについて、売上高に占める比率を、現在の約2割から2022年までに5割程度に引き上げる考えを明らかにした。受注が安定しないスマホ関連事業への依存体質から脱却するのが狙いだ。 量産化に向けた設備投資資金の調達が難航している有機EL(エレクトロルミネッセンス)に関しては、当面の投資規模の縮小を検討。当初は数千億円を想定していた。 JDIは18年3月期まで4期
売上高、非スマホで5割=22年までに、車載向け強化-JDI社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071000917&g=eco
 官民投資ファンド「産業革新機構」の成長投資機能を高める改正産業競争力強化法が、16日の参院本会議で賛成多数で可決、成立した。 同法では、革新機構を「産業革新投資機構」に改称。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)技術を活用する「第4次産業革命」の実現に向けた投資を拡充するため、傘下にファンドを設立することが可能になる。業務期限も2033年度まで9年延長した。 機構はもともと成長投資の促進を目的に設立されたが、現在は、中小型液晶大手ジャパンディスプレイなどの経営再建支援も手掛けている。
改正産業競争力強化法が成立=革新機構の成長投資後押し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051601055&g=eco
 経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)が15日発表した2018年3月期連結決算は、主要顧客の米アップル向けの不振や中国メーカーなどとの競争激化が響き、売上高が前期比18.9%減の7175億2200万円、純損益が2472億3100万円の赤字となった。赤字は4期連続で過去最大。海外拠点の統廃合など約1400億円に上る合理化費用も重荷となった。 アップルは昨年からスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」画面に、他社製で画像が鮮明な有機EL(エレクトロルミネッセンス)の採用を始
JDIの純損失、過去最大2472億円=中国メーカーとの競争激化も-18年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051501351&g=eco
 中小型液晶大手のジャパンディスプレイ(JDI)は10日、3月末に発表した増資に伴う新株の発行条件を決定した。発表後の株安を受けて新株の発行価格は当初見込みの1株178円から143円に低下。増資の目標額を確保するために発行を積み増した結果、筆頭株主の政府系ファンド、産業革新機構の議決権が縮小するなど、既存株主にとっては一段と不利な条件での発行となった。(2018/04/10-16:57)
革新機構のJDI株保有比率低下=株安で新株発行増加:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041000876&g=eco
 産業革新機構の志賀俊之会長は6日の記者会見で、中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)への追加支援に関し、「じくじたる思いだ」としつつも、「黒字化が見えてきている。説明できるお金だ」と語り、適切な投資だと訴えた。 3月末に機構は200億円の追加支援を決め、JDIは公的支援から脱却できない状態が続いている。同席した機構の勝又幹英社長は有機EL(エレクトロルミネッセンス)量産化に必要な支援企業探しについて、「少し時間がかかる」との認識を示した。 一方、独自の有機EL製造技術を持つ、JDIの関連
革新機構、JDIは黒字化へ=追加支援は適切-志賀会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040601174&g=eco
大手半導体メーカーの工場関連の取引で工事代金を水増し請求させるなどの方法で、法人税約3200万円を脱税したとして、名古屋国税局が法人税法違反の疑いで、名古屋市中区の機械設置工事会社「MIC」と菱田光
機械設置工事会社を告発=法人税3200万円脱税疑い−名古屋国税局 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14534172/
ニュース一覧

ジャパンディスプレイの注目の噂

ジャパンディスプレイの全ての噂

ジャパンディスプレイのタグ

電気機器メーカー産業革新機構東京都港区東証一部上場2002年設立ソニー東芝日立製作所

ジャパンディスプレイの噂をタレコミ

株式会社ジャパンディスプレイの基本情報

株式会社ジャパンディスプレイは、ソニー株式会社・株式会社東芝・株式会社日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合した会社。 概説 産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し、産業革新機構が第三者割当増資で2000億円を出資して、統合準備会社である株式会社ジャパンディスプレイが設立された。2011年11月15日に正式契約締結して、2012年4月1日に事業活動を開始した 。2013年4月1日、ソニー・東芝・日立の旧3社別だった事業会社と統合準備会社が、株式会社ジャパンディスプレイイーストを存続会社として...