ヤマハ発動機に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

ヤマハ発動機に関する口コミ・噂

ヤマハ発動機(ヤマハ発動機株式会社/静岡県磐田市新貝2500)に関する噂・口コミランキングです。
ヤマハ発動機への印象・評価は、1位 凄い(33%)、2位 先進(26%)、3位 イケてる(12%)、4位 堅実(10%)、5位 コアなファンが居る(9%)、6位 硬派(4%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:103)
当サイト内にヤマハ発動機の記事は全部で41件あり、注目度1位は「創業者の話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「ブラック企業である」、5位は「倒産しそう」、6位は「リストラをしている」、7位は「品質管理の問題がある」、8位は「残業代が出ない」、9位は「M&Aの話がある」、10位は「労働組合の話がある」です。

ニュースリンク

認証不正問題で国土交通省は28日、マツダ、ヤマハ発動機、ホンダに行政指導した。
マツダ、ホンダなど行政指導 認証不正問題―国交省:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024062800918&g=eco
「原チャリ」の愛称で親しまれている原付き1種(排気量50cc以下)のバイクが、存続の危機にひんしている。来年11月に始まる排ガス規制強化への対応が難しいことに加え、電動アシスト自転車など新たなモビリティー(移動手段)の登場で販売台数も低迷。最大手ホンダも、主力の「スーパーカブ」対象モデルなどについて生産中止を含め検討している。
原チャリ、存続危機 50cc以下、排ガス規制で「カブ」も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024062600887&g=eco
ヤマハ発動機は3日、横浜市内に新設したショールームを報道陣に先行公開した。スポーツタイプの電動アシスト自転車「eBike(イーバイク)」を約30台常備。試乗も可能で、無料で付近を30分程度走行できる。電動自転車に乗ったことがない人々にも魅力を伝えるのが狙いだ。6日に営業を開始する。
横浜にショールーム新設 電動アシスト自転車を体験―ヤマハ発動機:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024060300634&g=eco
ヤマハ発動機は14日、速度計が実際とは異なる速度を表示する恐れがあるとして、スクーター「アクシスZ LTS125」など2車種計4万4488台(2017年2月~22年10月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
スクーター4.4万台リコール 速度計誤表示の恐れ―ヤマハ発動機:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051400812&g=eco
ヤマハ発動機は21日、2024年春闘で労働組合が要求した月例賃金と一時金にそれぞれ満額回答したと発表した。賃金を底上げするベースアップは月1万1000円。定期昇給と合わせた総額は月1万7400円で、13年度に現在の賃金制度を導入して以降で最高となった。
ヤマハ発動機も満額回答 24年春闘:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024022100935&g=eco
ヤマハ発動機の日高祥博社長は27日までに、時事通信などのインタビューに応じ、2024年から中途採用の強化に取り組む方針を明らかにした。静岡県磐田市の本社では人材確保に限界があるとして、首都圏から通いやすい横浜市に最大300人程度が勤務できる拠点を新設、来春から運用を開始する予定だ。
中途採用強化へ横浜に新拠点 インフレ以上の賃上げも―ヤマハ発社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023122700549&g=eco
ヤマハ発動機は3日、1974年に開始したプール事業について、2024年3月末で撤退すると発表した。学校やレジャーなど幅広いシーンに合わせて納入してきた。脱炭素を含めた成長分野に経営資源を集中させる。
ヤマハ発動機、プール事業に幕 来年3月、成長分野集中:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023070300912&g=eco
ヤマハ発動機は30日、電装部品を手がける子会社のヤマハモーターエレクトロニクス(静岡県)を吸収合併すると発表した。主力の二輪車などの電動化戦略の一環。脱炭素化が急務となる中、製造、開発、販売体制を強化し競争力を高める狙いがある。2025年1月の合併完了を目指す。
ヤマハ発動機、子会社吸収 電動化戦略で25年に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023063000986&g=eco
ホンダやヤマハ発動機など国内二輪4社は17日、小型モビリティー(移動手段)用水素エンジンの共同研究に乗り出すと発表した。6月に技術研究組合を設立。環境に優しい次世代型二輪車を生産し、国際競争力を強化するのが狙いだ。 経済産業省が今月11日に認可した。研究組合はホンダなどの他、スズキ、カワサキモータースで構成。特別組合員としてトヨタ自動車、川崎重工業も参画する。理事長にはヤマハ発の小松賢二執行役員が就く。 ホンダがエンジン開発、スズキが要素研究、残る2社が関連機器研究を手掛ける。出力20キロ~10…
ホンダ、ヤマ発など4社、水素エンジン共同研究へ 次世代二輪、生産目指す:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023051700758&g=eco
ホンダやヤマハ発動機など二輪メーカー4社は17日、小型モビリティー(移動手段)用水素エンジンの共同研究に乗り出すと発表した。6月に技術研究組合を設立。特別組合員としてトヨタ自動車、川崎重工業も加え、次世代二輪車の国際競争力強化を目指す。
ホンダ・ヤマハ発など4社、水素エンジン共同研究へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023051700485&g=eco
ニュース一覧

ヤマハ発動機の注目の噂

ヤマハ発動機の全ての噂

ヤマハ発動機のタグ

ヤマハ発動機磐田市輸送機器メーカーオートバイメーカー・ブランドロボット関連東証一部上場多国籍1955年設立紺綬褒章受章者

ヤマハ発動機の噂をタレコミ

ヤマハ発動機株式会社の基本情報

ヤマハ発動機株式会社は、日本楽器製造の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位http://gyokai-search.com/3-bike.htm 業界動向 SEARCH.comであり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110W1_S3A910C1000000/ ヤマハ発、マリン事業が稼ぎ頭 二輪車ノウハウ生かす - 日本経済新聞・2013年9月17日。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 会社...