ヤマハ発動機に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

ヤマハ発動機に関する口コミ・噂

ヤマハ発動機(ヤマハ発動機株式会社/静岡県磐田市新貝2500)に関する噂・口コミランキングです。
ヤマハ発動機への印象・評価は、1位 凄い(33%)、2位 先進(26%)、3位 イケてる(12%)、4位 堅実(10%)、5位 コアなファンが居る(9%)、6位 硬派(4%)、7位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:103)
当サイト内にヤマハ発動機の記事は全部で40件あり、注目度1位は「リコールの話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「創業者の話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度3位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「ブラック企業である」、5位は「倒産しそう」、6位は「リストラをしている」、7位は「品質管理の問題がある」、8位は「残業代が出ない」、9位は「M&Aの話がある」、10位は「労働組合の話がある」です。

ニュースリンク

NTT労働組合は18日、2023年春闘で物価高騰に対応するため、年10万円の一時金の支給を要求する方針案を発表した。基本給を底上げするベースアップ(ベア)に当たる賃金改善では、月例賃金の2%引き上げを求める。来月14日の中央委員会で正式決定した後、会社側に申し入れる。
NTT労組、「インフレ手当」年10万円要求へ 23年春闘、賃金改善2%も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023011801066&g=eco
ヤマハ発動機の日高祥博社長は22日までに、時事通信などとのインタビューに応じ、水素エンジンを搭載した二輪車の試作車が完成したことを明らかにした。水素インフラの整備など実用化に向けた課題は多いが、「数年で開発にめどは立つ」との見通しを示した。 脱炭素化の動きは二輪車業界でも加速し、同社はスクーターなどを中心に電気自動車(EV)モデルを市場に投入している。ただ、熱心な愛好家が好む大型ツーリングバイクは「趣味性が強く、バッテリーを積むのでは(商品として)成立しない」と分析。迫力のあるエンジン音や振動を…
水素エンジン「数年で開発にめど」 二輪の試作車完成―日高ヤマハ発動機社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122200784&g=eco
ヤマハ発動機は21日、物価高への対応として直接雇用の全社員(約1万1000人)に一律5万円のインフレ手当を支給すると明らかにした。23日支給の給与に上乗せする形で支払う。日高祥博社長は21日の報道各社の取材に対し、直近の物価上昇の影響を緩和する一時金だと強調した。 支給総額は約5億5000万円。2023年春闘についても「適切な昇給がないと働く人のパフォーマンスを十分に引き出せない」と述べ、賃上げに前向きな姿勢を示した。
ヤマハ発動機、インフレ手当5万円 日高社長、春闘でも「適切な昇給」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122100923&g=eco
ヤマハ発動機は21日、物価高への対応として、直接雇用の全社員に一律5万円のインフレ手当を支給すると明らかにした。23日支給の給与に上乗せする形で支払う。日高祥博社長は21日の報道各社のインタビューで、直近の物価上昇に対する一時金だと強調した。
ヤマハ発動機、インフレ手当5万円 春闘でも「適切な昇給」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122100833&g=eco
ヤマハ発動機は28日、2035年までに国内外の自社工場で排出する二酸化炭素(CO2)を、実質ゼロにする目標を発表した。昨年7月に公表した計画では、50年までの達成を目指していたが、昨今の環境意識の高まりや各社の動向などを踏まえ、目標達成の時期を前倒しした。
ヤマハ発動機、35年に工場CO2実質ゼロ 達成目標前倒し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062800916&g=eco
ヤマハ発動機は23日、1100万株(取得価額200億円)を上限として自社株買いを実施すると発表した。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は3.18%。取得期間は4月1日から6月23日まで。株主還元と資本効率の向上を図ることが目的としている。
ヤマハ発、上限1100万株の自社株買い 発行済み総数の3.18%:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022032300847&g=eco
ヤマハ発動機は、排気量125ccクラスの電動スクーターを来年の春に投入する方針を明らかにした。自社開発した同クラスの電動バイクを手掛けるのは初めて。電気自動車(EV)など世界的に自動車の電動化が加速する中、バイクの分野でもEVシフトを本格化させる。
新型二輪EV、来春投入 ヤマハ発、電動バイク本格化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021121601092&g=eco
ホンダは28日、新型の電動スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピーイー)」を29日から法人用として販売すると発表した。屋根付きの三輪タイプ。コロナ禍で定着した「巣ごもり消費」で堅調な宅配向けの需要を見込んでいる。
ホンダ、新型電動スクーター発売 屋根付き三輪、宅配向け:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102800506&g=eco
大川 達実氏(おおかわ・たつみ=ヤマハ発動機常務)24日、くも膜下出血のため浜松市の自宅で死去。57歳。大分県出身。葬儀は済ませた。
大川達実氏死去(ヤマハ発動機常務):時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021092700763&g=obt
ヤマハ発動機などは1日、新たな自動運転型の電気自動車(EV)を発表した。工場での物資運搬などを想定した搬送車両で、来年夏から定額利用サービス方式で販売する。
ヤマハ発など、自動運転EVを開発 工場での搬送用:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090100853&g=eco
ニュース一覧

ヤマハ発動機の注目の噂

ヤマハ発動機の全ての噂

ヤマハ発動機のタグ

ヤマハ発動機磐田市輸送機器メーカーオートバイメーカー・ブランドロボット関連東証一部上場多国籍1955年設立紺綬褒章受章者

ヤマハ発動機の噂をタレコミ

ヤマハ発動機株式会社の基本情報

ヤマハ発動機株式会社は、日本楽器製造の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位http://gyokai-search.com/3-bike.htm 業界動向 SEARCH.comであり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110W1_S3A910C1000000/ ヤマハ発、マリン事業が稼ぎ頭 二輪車ノウハウ生かす - 日本経済新聞・2013年9月17日。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 会社...