三井住友フィナンシャルグループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

三井住友フィナンシャルグループに関する口コミ・噂

三井住友フィナンシャルグループ(株式会社三井住友フィナンシャルグループ/東京都千代田区丸の内一丁目1番2号(三井住友銀行本店ビルディング))に関する噂・口コミランキングです。
三井住友フィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 凄い(34%)、2位 先進(20%)、3位 硬派(16%)、4位 イケてる(12%)、5位 コアなファンが居る(12%)、6位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:89)
当サイト内に三井住友フィナンシャルグループの記事は全部で32件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「倒産しそう」、5位は「有給休暇が使えない」、6位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、7位は「残業代が出ない」、8位は「ブラック企業である」、9位は「営業力がある」、10位は「学閥がある」です。

ニュースリンク

三井住友フィナンシャルグループは12日、気候変動問題への対応強化策を発表した。グループの温室効果ガス排出量を2030年に実質ゼロにする目標を掲げたほか、6月から石炭火力発電所の新設・拡張に対する支援を例外なく実施しないとした。世界的に温暖化対策が進む中、脱炭素社会実現に向けた取り組みを加速する。
三井住友FG、30年に温室ガス排出ゼロ 新設石炭火力支援せず:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051201142&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)は28日、ベトナムの消費者金融最大手、VPバンクファイナンス(ホーチミン)に出資すると発表した。10月にも株式の49%を取得する。出資額は1000億~1500億円規模の見通し。成長が見込めるアジアの事業強化を加速する。
ベトナム消費者金融に出資へ 最大手、1000億円超―三井住友FG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042801274&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)は28日、ベトナムの消費者金融最大手、VPバンクファイナンス(商号名FEクレジット)に出資すると発表した。株式の49%を取得し、持ち分法適用会社とする方針。出資額は1000億~1500億円規模になる見通し。超低金利時代で国内金融をめぐる収益環境が厳しくなる中、拡大が期待できるアジアの成長を取り込むのが狙い。
三井住友FG、ベトナム消費者金融最大手に出資へ 1000億円超:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042801186&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)と電通グループが共同出資で広告事業の新会社を設立することが20日、分かった。三井住友FGが過半を出資して子会社とし、今年度中にも銀行アプリへの企業広告の掲載を始めたい考え。低金利時代で金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、非金融分野の事業を広げ、収益強化を図る。
三井住友FG、電通と新会社 銀行アプリに広告:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042000368&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)は22日、中小企業のデジタル化を包括的に支援するプラットフォーム(基盤)サービスを全国展開すると発表した。グループ内外の財務管理や営業などの支援ツールを仲介し、顧客の生産性向上を後押しする。地方銀行なども共同利用できる基盤にすることも視野に検討する。
三井住友FG、デジタル化支援を全国展開 中小企業向け、地銀連携も視野:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122200976&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)の太田純社長は21日までにインタビューに応じ、2021年度にも広告ビジネスに参入する方針を表明した。超低金利の長期化を背景に厳しい経営環境が続く中、「非金融」事業を強化し収益の多角化を図る。また、高齢者向けサービスを強化する考えも示した。 広告事業への参入が実現すれば日本の金融機関として初。太田氏は「以前から検討しており、できる限り早く始めたい」と強調した。具体的には、まずはグループのスマートフォンアプリやウェブサイトに他社の広告を掲載するビジネスを検討。子…
来年度にも広告事業参入 高齢者サービスも強化―三井住友FG社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122200012&g=eco
三井住友フィナンシャルグループは11日、NECと組み、次世代通信規格「5G」を社内通信に活用する実証実験を実施することで合意したと発表した。高速、大容量、低遅延が強みの5Gを店舗運営や顧客サービスの拡充に活用できるか検証する。
三井住友FG、5Gで実証実験 店舗運営などへの活用探る:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121101106&g=eco
新型コロナウイルス感染を背景に「はんこ」の見直しが進む中、オンラインでの電子契約サービス市場が急成長を遂げている。サービスを手掛ける三井住友フィナンシャルグループ(FG)の共同出資会社は毎月の契約社数が前月比3割増で推移。ITサービス各社なども営業を強化しており、成長市場をめぐって陣取り合戦が熱を帯びてきた。
電子契約サービスが急成長 コロナ禍、各社陣取り合戦―脱はんこ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092301040&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)は15日、医療データ管理アプリを手掛けるベンチャー企業、プラスメディ(東京)を買収、連結子会社化したと発表した。買収額は非公表。同社を通じて個人データを活用する「情報銀行」に本格参入、待ち時間の削減など患者個人の利便性向上や病院経営の効率化などを支援する。
三井住友FG、情報銀行に本格参入 医療ベンチャー企業を買収:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091500979&g=eco
三井住友フィナンシャルグループ(FG)は14日、2020年6月末時点の連結自己資本比率が18.81%(3月末18.75%)になったと発表した。普通株式等Tier1比率は15.78%(同15.55%)。
三井住友FG、連結自己資本比率18.81% 20年6月末:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081400992&g=eco
ニュース一覧

三井住友フィナンシャルグループの注目の噂

三井住友フィナンシャルグループの全ての噂

三井住友フィナンシャルグループのタグ

三井住友フィナンシャルグループ金融持株会社三井グループ住友グループ千代田区東証一部上場名証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行

三井住友フィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社三井住友フィナンシャルグループの基本情報

株式会社三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行、三井住友カード、三井住友ファイナンス&リース、日本総合研究所、SMBCフレンド証券を傘下に置く金融持株会社。東証、名証、ニューヨークに上場している。略称はSMFG。上場銘柄としての略称は、単に「三井住友」としている。 概要 その名のとおり、三井グループと住友グループの両方に属する。他のグループ企業と経営統合をしたのでもないのに、既存の子会社との間で持株会社を設立した背景には、三井住友銀行の財務状況の改善がある。2005年から、FG社長はさくら出身の北山禎介、SMBC頭取は西川善文の後継者とかねてから目されていた奥正之がそれぞれ就任し、旧行...