三井物産に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

三井物産に関する口コミ・噂

三井物産(三井物産株式会社/東京都千代田区丸の内一丁目1番3号(日本生命丸の内ガーデンタワー))に関する噂・口コミランキングです。
三井物産への印象・評価は、1位 先進(29%)、2位 凄い(18%)、3位 イケてる(15%)、4位 厳しい(13%)、5位 コアなファンが居る(12%)、6位 硬派(5%)、7位 商売熱心(4%)であると考えられます。(参考データポイント:88)
当サイト内に三井物産の記事は全部で35件あり、注目度1位は「M&Aの話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リストラをしている」でカイシャの評判等のメディアで記事にされており、注目度3位は「労働組合の話がある」であり、4位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、5位は「創業者の話がある」、6位は「有給休暇が使えない」、7位は「営業力がある」、8位は「収益の話がある」、9位は「倒産しそう」、10位は「激務である」です。

ニュースリンク

三井物産は27日、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴う原油価格急落などの影響から、2020年3月期連結純利益(従来予想4500億円)が500億~700億円程度減る見込みになったと発表した。 コロナの影響を受け、米国やイタリアの石油・ガス開発事業で当初見込んだ収益が得られなくなったとして減損損失を計上。さらに世界経済の停滞に伴う急速な事業環境の悪化から、保有株式の一部に評価損を抱えるリスクも反映させた。
三井物産、最大700億円の損失発生 資源開発にコロナ影響―20年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700554&g=eco
三井物産は27日、2020年3月期に約500億~700億円程度の減損損失を認識する可能性があると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響に加え、原油価格の急落で石油・ガス開発事業の固定資産に減損損失が発生する見込み。同社が2月4日に発表した純利益予想は4500億円となっている。
三井物、20年3月期に500億~700億円の減損損失の可能性 新型コロナなどで:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700357&g=eco
【サンパウロ時事】三井物産のブラジル子会社三井アリメントスは17日、事業の大部分を占めているブラジル国内向けのコーヒー焙煎部門を、同業他社「3コラソイス」に売却したことを明らかにした。売却額は2億1000万レアル(約53億3000万円)。日本、アジア向けのコーヒー生豆輸出事業は維持する。
三井物産、ブラジルのコーヒー焙煎事業売却:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021800130&g=eco
三井物産は5日、持ち分法適用会社の総合メディカルホールディングスに対しPSMホールディングスが実施するTOB(株式公開買い付け)に賛同し、株式売却に応募すると発表した。三井物産は保有株全てを195億円で譲渡する予定で、2020年3月期決算に売却益を計上する。
三井物産、総合メディカルへのTOBに賛同 全保有株195億円で売却:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020501071&g=eco
三井物産は27日、モザンビークの炭鉱事業と関連する鉄道・港湾事業で、2020年3月期中に減損損失を計上する見通しになったと発表した。損失額は精査中で、最大で数百億円に上る可能性があるという。
三井物、モザンビーク炭鉱で減損計上へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112701029&g=eco
日本製鉄は27日、三井物産など国内4社とともに、豪グロブナー炭鉱(クイーンズランド州)の権益の一部を取得すると発表した。日本企業の取得比率は計12%。日鉄は5%で、8640万豪ドル(約66億円)を投じる見通しだ。
日本製鉄、豪炭鉱権益を66億円で取得 隣接鉱山と一体運営加速:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112700929&g=eco
三井物産は29日、子会社を通じ保有していたカナダ国内の風力・太陽光発電施設の持ち分について、運営パートナーのカナダのインフラファンドに全て売却することで合意したと発表した。保有資産の戦略的な入れ替えの一環で、売却額は非公表。今期中に手続きを完了する予定。
三井物産、カナダの発電資産売却=風力や太陽光など12施設:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102900782&g=eco
【ハックベリー(米ルイジアナ州)】米南部ルイジアナ州での液化天然ガス(LNG)輸出事業「キャメロンLNG」に参画する三井物産の安永竜夫社長は24日、当地で時事通信のインタビューに応じた。一問一答は以下の通り。
LNG取引、「線」から「面」へ=三井物産社長インタビュー:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102800301&g=eco
【ハックベリー(米ルイジアナ州)時事】米国で日本企業が参画する液化天然ガス(LNG)の輸出事業が本格的に動き始めた。産業活性化や貿易赤字削減を狙い、米国産ガスのアジア向け輸出をトランプ政権も後押しする。日本にとっても調達先の多様化や関連インフラの輸出につながるなど、日米双方にメリットがあると期待されている。 「経済面だけでなく、日本のエネルギー安全保障にとっても素晴らしい取り組みだ」。南部ルイジアナ州のLNG輸出事業「キャメロンLNG」の施設で24日開かれた落成式で杉山晋輔駐米大使は興奮気味に語…
米産LNG、輸出本格化=日米双方にメリット:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102501047&g=eco
【ハックベリー(米ルイジアナ州)時事】三井物産や三菱商事が参画する米南部ルイジアナ州の液化天然ガス(LNG)輸出事業「キャメロンLNG」の施設で24日、落成式が開かれ、同州のエドワーズ知事や杉山晋輔駐米大使ら約300人が出席した。
米LNG輸出施設で落成式=三井物産や三菱商事が参画:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102500298&g=eco
ニュース一覧

三井物産の注目の噂

三井物産の全ての噂

三井物産のタグ

三井物産三井グループ商社千代田区東証一部上場名証一部上場福証上場札証上場NASDAQ上場日経平均株価1947年設立

三井物産の噂をタレコミ

三井物産株式会社の基本情報

三井物産株式会社は、三井グループの大手総合商社である。三井不動産、三井銀行と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 概要 日本初の総合商社。歴史上、まだ商事会社という日本語すら無かった明治初期に、あらゆる産品の貿易を手掛ける世界に類を見ない民間企業として発展し、後に「総合商社」と称される企業形態の原型を造った。明治時代の日本企業による海外進出は、まず三井物産が進出し、日本郵船が航路を開き、横浜正金銀行が支店を出すと言われ、日本の外交官から「公館無けれど物産あり」と言われるほど、官民を問わず、日本の組織としていち早く海外の辺境地域へ進出していた。戦後財閥解体により一時解散を余儀なくされるが、1...