三井物産に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

三井物産に関する口コミ・噂

三井物産(三井物産株式会社/東京都千代田区丸の内一丁目1番3号(日本生命丸の内ガーデンタワー))に関する噂・口コミランキングです。
三井物産への印象・評価は、1位 先進(29%)、2位 凄い(18%)、3位 イケてる(15%)、4位 厳しい(13%)、5位 コアなファンが居る(12%)、6位 硬派(5%)、7位 商売熱心(4%)であると考えられます。(参考データポイント:88)
当サイト内に三井物産の記事は全部で35件あり、注目度1位は「リストラをしている」でカイシャの評判等のメディアで記事にされており、注目度2位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「労働組合の話がある」であり、4位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、5位は「創業者の話がある」、6位は「M&Aの話がある」、7位は「有給休暇が使えない」、8位は「営業力がある」、9位は「倒産しそう」、10位は「激務である」です。

ニュースリンク

伊藤忠商事と三井物産は2日、英豪資源大手BHPグループが持つ西オーストラリアの鉄鉱床の権益の一部を取得することで合意したと発表した。伊藤忠が8%、三井物産が7%を取得し、残りの85%は引き続きBHPが保有する。投資額は非公表。
伊藤忠と三井物産、豪鉄鉱床権益取得 BHPと共同保有:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060201075&g=eco
ムーディーズ・ジャパン(MDY)は5月31日、三井物産のシニア無担保MTNプログラム格付け(P)「A3」確認し、同社の格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更したと発表した。
MDY、三井物の格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060100191&g=eco
三井物産は30日、インドネシアの有力財閥で金融、不動産、メディアなどを手掛ける複合企業CTコープに、1000億円の投資を行うと発表した。CTコープの持ち株会社が発行する円建て転換社債(CB)1000億円を引き受ける。
三井物産、インドネシア有力財閥に投資 CB1000億円を引き受け:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021043001161&g=eco
三井物産は24日、チリのコジャワシ銅鉱山の権益を追加取得すると発表した。三井金属の保有分(0.97%)を全て買い取る。これにより、三井物産の持ち分は12.0%に上昇する。取得金額は非公表だが、三井金属は今回の売却で95億円の特別利益を計上する。
三井物産、チリ銅鉱山の権益追加取得 三井金属の保有分:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032401229&g=eco
渡辺 五郎氏(わたなべ・ごろう=元三井物産副社長、元三井化学会長)16日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の病院で死去、86歳。高知市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は次男太佳生(たかお)氏。連絡先は三井物産秘書室。
渡辺五郎氏死去(元三井物産副社長):時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022200902&g=obt
日鉄物産は3日、三井物産との間で、繊維事業統合に向けた協議に入ることで合意したと発表した。日鉄物産の繊維事業と、三井物産の繊維事業子会社を統合し、来年1月に新会社を設立する。新型コロナウイルスの感染拡大で繊維業界は苦戦が続いており、統合により経営基盤を強化する。
日鉄物産と三井物産、繊維事業統合へ 来年1月に新会社設立:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020301269&g=eco
三井物産は21日、モザンビーク・モアティーズの炭鉱事業と関連する鉄道・港湾事業の権益の全持ち分と融資について、ブラジル資源大手バーレに売却することで基本合意したと発表した。2021年中の譲渡完了を目指す。
三井物産、モザンビーク炭鉱から撤退 バーレに全持ち分売却:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012100505&g=eco
三井物産は23日、西オーストラリアのウェイトシアガス田で大規模開発を行うと発表した。開発総額約600億円のうち、三井物産が50%の約300億円を投じ、2023年後半から液化天然ガス(LNG)の生産を開始する。
三井物、西オーストラリアでガス田開発 300億円投資、23年生産開始:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122301164&g=eco
三井物産は23日、堀健一専務(58)が来年4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。安永竜夫社長は会長に就く。飯島彰己会長は来年6月に開催予定の定時株主総会終了後に顧問となる。
三井物産、堀専務が社長昇格 安永社長は会長に―来年4月1日付:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122300332&g=eco
三井化学と三井物産は11日、本州化学工業に対してTOB(株式公開買い付け)を行うと発表した。買い付け価格は1株1830円で、来年5月の開始を目指す。本州化学工業はTOBに賛同しているという。
三井化学と三井物産、本州化学工業にTOB 5G関連強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111100928&g=eco
ニュース一覧

三井物産の注目の噂

三井物産の全ての噂

三井物産のタグ

三井物産三井グループ商社千代田区東証一部上場名証一部上場福証上場札証上場NASDAQ上場日経平均株価1947年設立

三井物産の噂をタレコミ

三井物産株式会社の基本情報

三井物産株式会社は、三井グループの大手総合商社である。三井不動産、三井銀行と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 概要 日本初の総合商社。歴史上、まだ商事会社という日本語すら無かった明治初期に、あらゆる産品の貿易を手掛ける世界に類を見ない民間企業として発展し、後に「総合商社」と称される企業形態の原型を造った。明治時代の日本企業による海外進出は、まず三井物産が進出し、日本郵船が航路を開き、横浜正金銀行が支店を出すと言われ、日本の外交官から「公館無けれど物産あり」と言われるほど、官民を問わず、日本の組織としていち早く海外の辺境地域へ進出していた。戦後財閥解体により一時解散を余儀なくされるが、1...