pandy 白黒付けるメディア

三井物産に関する口コミ・噂

三井物産(三井物産株式会社/東京都千代田区丸の内一丁目1番3号(日本生命丸の内ガーデンタワー))に関する噂・口コミランキングです。
三井物産への印象・評価は、1位 先進(29%)、2位 凄い(18%)、3位 イケてる(15%)、4位 厳しい(13%)、5位 コアなファンが居る(12%)、6位 硬派(5%)、7位 商売熱心(4%)であると考えられます。(参考データポイント:88)
当サイト内に三井物産の記事は全部で34件あり、注目度1位は「M&Aの話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度2位は「労働組合の話がある」であり、注目度3位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」であり、4位は「創業者の話がある」、5位は「有給休暇が使えない」、6位は「営業力がある」、7位は「収益の話がある」、8位は「リストラをしている」、9位は「倒産しそう」、10位は「激務である」です。

ニュースリンク

 三井E&Sホールディングス傘下の三井E&S造船(東京都中央区)は2019年4月に中国の
中国との合弁で日本の造船メーカーは生き残れるか(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010006-newswitch-ind
 三井物産は1日、新日鉄住金、英豪系資源大手リオ・ティントと共同保有するオーストラリア西部の鉄鋼事業で、新鉱区の開発を決定したと発表した。総投資額は15億4600万米ドル(約1701億円)で、2021年の生産開始を見込む。(2018/10/01-11:27)
三井物、豪鉄鉱石事業で新鉱区開発=新日鉄住金など3社で計1700億円投資:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100100409&g=eco
早大政経と慶応法の学生ならば慶応を取る、と企業の担当者は明かす。かつて早大生は反骨精神で頑張る人が多かったが、今は安定志向が強いそう。また学生の個性という面でも慶応に水をあけられてしまっているという
早大の政経と慶応の法学ならどちらを採用?企業の担当者が明かす内情 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15381695/
 岡田 治郎氏(おかだ・じろう=元三井物産取締役)1日、膵臓(すいぞう)がんのため死去、75歳。大阪府出身。葬儀は7日午前10時30分から東京都文京区大塚5の40の1の護国寺桂昌殿で。喪主は妻みどりさん。(2018/09/04-17:18)
岡田治郎氏死去(元三井物産取締役):時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090400835&g=obt
 西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島市。復旧の途上だが、元気を取り戻せる場所があ
プロスポーツ舞台裏に三井物産 球場店舗、踊り、発券…(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000060-asahi-bus_all
「毛沢東暗殺謀議」で処刑された「日本人スパイ」娘の告白——相馬勝(1/3)日中平和友好条約の締結から8月12日で40年。光と影の歴史を重ねてきた両国だが、以下は「暗部」の最たるものか。戦後の混乱期に日本人
知られざる「日中」影の歴史 毛沢東暗殺謀議で処刑された「日本人スパイ」娘の告白 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15174516/
 三井物産は30日、インドネシアを中心に事業展開する総合食品企業FKSフード&アグリ(FKSFA、本社シンガポール)に出資したと発表した。同社と日本政策投資銀行が6対4の比率で出資して設立した特別目的会社を通じ、約114億円の第三者割当増資を引き受けてFKSFA株式の8.5%を取得した。(2018/07/30-15:02)
三井物産、シンガポールの食品企業に出資=小麦粉加工品の供給に参画:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018073000522&g=eco
大手商社や化学メーカーが世界的な鶏肉需要拡大に熱視線を送る。三井物産は6月にモロッコの鶏肉加工の一貫生産事業に出資参画し、アフリカ市場開拓に乗り出した。三菱商事は来年初めにタイで鶏肉加工工場を稼働し
【経済インサイド】「牛」「豚」よりも「鶏肉」が国内外でブーム! ヘルシー、安さ、ノン宗教色の三拍子そろい増産中 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15033405/
 川嶋 文信氏(かわしま・ふみのぶ=元三井物産副社長)イタリア・ミラノで6月16日(現地時間)、急性心不全のため死去、66歳。福岡県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男弘文(ひろふみ)氏。(2018/07/02-17:52)
川嶋文信氏死去(元三井物産副社長):時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070200940&g=obt
 三井物産の安永竜夫社長は21日の株主総会で、2019年に第100回総会を迎えることに関連して、「記念配当は頭の中に置いて経営に当たらなければならない。来年の総会に期待してほしい」と述べた。(2018/06/21-11:23)
安永三井物社長:記念配は頭に置いて経営に当たる=来年の第100回総会で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062100545&g=eco
ニュース一覧

三井物産の注目の噂

三井物産の全ての噂

三井物産のタグ

三井物産三井グループ商社千代田区東証一部上場名証一部上場福証上場札証上場NASDAQ上場日経平均株価1947年設立

三井物産の噂をタレコミ

三井物産株式会社の基本情報

三井物産株式会社は、三井グループの大手総合商社である。三井不動産、三井銀行と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 概要 日本初の総合商社。歴史上、まだ商事会社という日本語すら無かった明治初期に、あらゆる産品の貿易を手掛ける世界に類を見ない民間企業として発展し、後に「総合商社」と称される企業形態の原型を造った。明治時代の日本企業による海外進出は、まず三井物産が進出し、日本郵船が航路を開き、横浜正金銀行が支店を出すと言われ、日本の外交官から「公館無けれど物産あり」と言われるほど、官民を問わず、日本の組織としていち早く海外の辺境地域へ進出していた。戦後財閥解体により一時解散を余儀なくされるが、1...