三菱商事に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

三菱商事に関する口コミ・噂

三菱商事(三菱商事株式会社/東京都千代田区丸の内二丁目3番1号)に関する噂・口コミランキングです。
三菱商事への印象・評価は、1位 凄い(18%)、2位 コアなファンが居る(18%)、3位 先進(18%)、4位 硬派(18%)、5位 イケてる(14%)、6位 堅実(12%)であると考えられます。(参考データポイント:83)
当サイト内に三菱商事の記事は全部で38件あり、注目度1位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「営業力がある」であり、4位は「収益の話がある」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「倒産しそう」、7位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、8位は「ブラック企業である」、9位は「残業代が出ない」、10位は「暴力団とつながりがある」です。

ニュースリンク

萩生田光一経済産業相は5日の閣議後記者会見で、日本企業も参加する石油・天然ガス開発事業「サハリン2」を事実上接収する大統領令にロシアのプーチン大統領が署名したことについて、外交ルートを通じて説明を求めていると明らかにした。萩生田氏は「ロシア政府が日本企業に求める各種手続きの期限や出資条件を含めて説明を求めるなど、情報収集を行っている」と述べた。
「ロシア側に説明要求」 サハリン2「接収」の大統領令―萩生田経産相:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022070500388&g=eco
北海道電力と三菱商事は24日、共同出資の運営会社が三井住友信託銀行と北洋銀行から融資を受け、水力発電所のリプレースと事業運転で提携すると発表した。対象施設は北海道南部の5カ所の発電所。2024年から順次改修を終え、運転へ移行する見込み。
北海道電と三菱商、水力発電事業で提携 リプレースと事業運転で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052400818&g=eco
三菱商事は25日、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が設立した脱炭素関連のファンドに1億ドル(約130億円)を出資すると発表した。脱炭素社会の実現に有望な新技術の商業化を後押しする事業に参画し、投資先の選定などに携わる。 ファンドの名称は「ブレークスルー・エナジー・カタリスト」。英シェル、米ゼネラル・モーターズ(GM)など世界的な12社が参画している。三菱商事はアジア初の出資企業になるという。
ゲイツ氏ファンドに130億円 三菱商事、脱炭素技術へ投資:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022042500563&g=eco
石油元売り最大手ENEOSは18日、三菱商事との間で、航空機の運航で排出する二酸化炭素(CO2)の削減に役立つ「持続可能な航空燃料(SAF)」の供給網構築に向けて検討することで合意したと発表した。両社の技術や知見を活用し、原料開発や量産体制の整備も含め2027年までの事業化を目指す。
航空代替燃料の供給網構築 27年までに事業化―ENEOSと三菱商事:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022041800854&g=eco
国内外の環境団体などは13日、三菱商事と三井住友フィナンシャルグループ、東京電力ホールディングス、中部電力の4社に対し、気候変動対策の強化を求める株主提案を行ったと発表した。6月の株主総会に向けて、幅広い株主に支持を呼び掛ける。
環境団体、国内4社に株主提案 気候変動対策強化を:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022041300914&g=eco
東洋紡と三菱商事は24日、機能素材の企画、販売を行う合弁会社を共同で設立すると発表した。来年1月の事業開始を予定している。ニーズの高まっている電気自動車(EV)向けの高機能プラスチックなどを取り扱う。出資比率は東洋紡51%、三菱商事49%。
東洋紡、三菱商事と合弁設立 機能素材の開発・販売:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022032401113&g=eco
日本商工会議所の次期会頭に三菱商事の小林健会長が10日、内定した。総合商社出身者が日商会頭に就くのは初めて。経団連、経済同友会に日商を加えた「財界3団体」のトップは、これまで重厚長大企業からの起用が多かったが、産業構造の転換に伴い、変化が求められている。 「商社は出資を通じて新しい事業をつくる」。日商の三村明夫会頭は、小林氏を選んだ理由として、商社の将来を見据えたグローバルな視点が、中小企業や日本経済の構造転換にプラスになると強調した。同友会の桜田謙悟代表幹事も同日、記者団に対し「モノづくり中心…
異例の商社出身 進む製造業からのシフト―日商会頭人事:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031001106&g=eco
日本商工会議所は10日、三村明夫会頭(日本製鉄名誉会長)の後任に、三菱商事の小林健会長を充てる人事を固めた。11月の会員総会で決定、就任する。任期は2期6年が通例で、東京商工会議所会頭を兼ねる。
日商会頭に小林氏 三菱商事会長―11月就任:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031000312&g=eco
三菱商事は18日、ミャンマーの天然ガス事業から撤退する方針を固めた。資源がほぼ枯渇し、事業継続は困難と判断した。国軍によるクーデターも撤退の一因とみられる。 権益を手放すのは2000年に生産開始したイェタグン・ガス田。三菱商事は13年、JX石油開発(東京)と日本政府の共同出資会社に10%を出資する形で参画した。共同出資会社は同ガス田の19.3%の権益を持つ。 しかし近年は生産量が激減。操業休止に追い込まれる事態も起きていた。三菱商事は今後、株式売却など具体的な撤退方法を関係者と詰める。
三菱商事、ミャンマーの天然ガス撤退へ 資源枯渇、クーデター後押し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022021800981&g=eco
三菱商事と三井物産が、オーストラリア西部海域で二酸化炭素(CO2)を海底の地層に貯留する検討を共同で始めたことが3日、分かった。火力発電などで排出されるCO2を埋め込み、脱炭素を加速させる狙い。 この事業には資源大手の英BPと豪ウッドサイドも参加する。早ければ2030年前後の稼働を目指しており、投資額は数千億円規模に上る可能性がある。3月までに、豪政府から地層調査の許認可を得るための手続きに入る。
豪でCO2海底貯留 30年ごろ稼働―三菱商事・三井物産:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020300502&g=eco
ニュース一覧

三菱商事の注目の噂

三菱商事の全ての噂

三菱商事のタグ

三菱商事三菱グループ商社千代田区東証一部上場名証一部上場ロンドン証券取引所上場原子力関連日経平均株価1950年設立丸の内

三菱商事の噂をタレコミ

三菱商事株式会社の基本情報

三菱商事株式会社は、三菱グループの大手総合商社。三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅と共に、いわゆる五大商社の一つ。 概要と沿革 日本で初めての株式会社といわれる坂本龍馬の海援隊が近江屋事件後に後藤象二郎に委ねられ、その後岩崎弥太郎に受け継がれて九十九商会となった企業の流れを汲んでいる。九十九商会は、後に、三菱商会、三菱蒸汽船会社、三菱社と変遷している。岩崎小弥太が確立した三菱の経営理念は「所期奉公」「処事光明」「立業貿易」である。大正時代に入ってから第一次世界大戦にかけて、取り扱い品目数の飛躍的向上をみたため、小弥太は各事業部門を独立させ、三菱合資営業部は「立業貿易」の方針に則り、1918年...