三菱商事に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

三菱商事に関する口コミ・噂

三菱商事(三菱商事株式会社/東京都千代田区丸の内二丁目3番1号)に関する噂・口コミランキングです。
三菱商事への印象・評価は、1位 凄い(18%)、2位 コアなファンが居る(18%)、3位 先進(18%)、4位 硬派(18%)、5位 イケてる(14%)、6位 堅実(12%)であると考えられます。(参考データポイント:83)
当サイト内に三菱商事の記事は全部で38件あり、注目度1位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「営業力がある」であり、4位は「収益の話がある」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「倒産しそう」、7位は「ブラック企業である」、8位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、9位は「残業代が出ない」、10位は「暴力団とつながりがある」です。

ニュースリンク

三菱商事の中西勝也社長は6日までにインタビューに応じ、再生可能エネルギー普及の切り札と期待される洋上風力発電について「競争力を持ってやっていく」と述べ、事業拡大に意欲を示した。同時に、「地域が元気でないと日本経済が駄目になる」とし、風力発電の実施地域などで新たな産業を興し、地域を活性化する方針を強調した。 三菱商事は2021年末、政府公募で秋田、千葉両県沖3海域の洋上風力発電事業者に選ばれた。昨年末には新たに新潟県沖など4区域で公募が始まっており、将来も複数の海域で洋上風力発電の入札が続く見通し…
洋上風力拡大に意欲 新産業興し地域活性化―中西三菱商事社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023010600754&g=eco
三菱商事の中西勝也社長は6日までにインタビューに応じ、再生可能エネルギー普及の切り札とされる洋上風力発電について、「競争力を持ってやっていく」と述べ、事業拡大に意欲を示した。同時に、「地域が元気でないと日本経済が駄目になる」とし、風力発電の実施地域などで新たな産業を興し、地域を活性化する方針を強調した。
三菱商事、洋上風力拡大に意欲 新産業興し地域活性化―中西社長インタビュー:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023010600741&g=eco
ENEOSホールディングス(HD)は5日、給油所を物流拠点として活用するため、傘下のENEOSと、三菱商事が共同出資会社を設立すると発表した。新会社は配送業者の輸送効率化を支援する。2023年度前半から東京都と神奈川、埼玉、千葉3県の給油所で実証実験を始め、26年度には全国で本格運用を目指す。
ENEOS、給油所を物流に活用 輸送効率化へ三菱商事と新会社:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023010500857&g=eco
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏の率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが日本の大手5商社の株式を約1.2~1.7%買い増し、保有比率をいずれも6%超としたことが22日、分かった。株式への純粋な投資が目的という。5社は資源高や円安を受け、業績がいずれも過去最高の水準にあり、投資先としての魅力が高まっている。 21日に関東財務局に提出した変更報告書で判明した。バークシャーは子会社を通じ、三菱商事株の保有比率を5.04%から6.59%へ、三井物産株は5.03%から6.62%に引き上げた。他に買い…
日本の5商社株買い増し 米投資家バフェット氏、6%超に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112200394&g=eco
大手商社7社の2022年9月中間連結決算(国際会計基準)が8日、出そろった。資源高に加え、急速に進んだ円安が海外事業の収益を押し上げ、6社が過去最高の純利益を記録。通期の純利益予想は三菱商事が業界初となる1兆円台に乗せるなど、10月に発表済みの伊藤忠商事を含め全社が上方修正した。
商社6社が最高益 資源高、円安追い風―9月中間:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022110800975&g=eco
日本商工会議所の小林健次期会頭は31日までにインタビューに応じ、中小企業支援の進め方について「原材料やエネルギー価格、人件費が高騰する中、(大企業と中小企業間の)取引価格適正化に向けた環境整備が極めて重要だ」と指摘。適切な価格転嫁を通じた賃上げや成長の実現に力を注ぐ考えを示した。
取引適正化、極めて重要 価格転嫁支援で賃上げを―小林次期日商会頭:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022110100001&g=eco
西村康稔経済産業相は11日の閣議後記者会見で、マレーシア国営石油会社ペトロナスで発生した液化天然ガス(LNG)生産施設の障害について、「早期復旧と日本向けの代替供給の確保など影響を最小限にするように日本政府から強く申し入れをしている」と述べた。
日本向け代替供給を要請 マレーシアLNGの生産障害―西村経産相:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022101100460&g=eco
【シンガポール時事】マレーシア国営石油会社ペトロナスは8日、液化天然ガス(LNG)の生産施設に障害が発生したとして、一部の供給先に対し、災害発生などで契約履行義務が免除される「不可抗力条項」を宣言したと発表した。トラブルが長期化すると、日本向けのLNG供給にも影響が広がる恐れがある。
マレーシア、LNG生産に障害 日本向け供給に影響も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022100900238&g=eco
三菱商事が、米国でアンモニアの大規模製造事業を検討していることが27日、分かった。経済産業省が28日に開く「燃料アンモニア国際会議」に合わせ、現地企業と製造や出荷の拠点を建設するための土地確保について覚書を交わす予定。詳細な事業計画は今後詰める。
三菱商事、米でアンモニア製造検討 現地企業と覚書へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092701048&g=eco
ロシア極東の石油・天然ガス関連事業「サハリン2」をめぐり、ロシア政府は三井物産と三菱商事の商社2社に対し、事業を引き継いだ新会社への参画を承認した。液化天然ガス(LNG)の安定調達へ一歩前進したが、運営ルールを決める株主間協定は今後の交渉次第だ。越年が予想される交渉では、ロシア側から不利な条件を突き付けられる恐れもあり、これまで通り権益を維持できるか予断を許さない。
対ロ条件交渉、越年の公算 日本商社の参画承認―サハリン2:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022090101002&g=eco
ニュース一覧

三菱商事の注目の噂

三菱商事の全ての噂

三菱商事のタグ

三菱商事三菱グループ商社千代田区東証一部上場名証一部上場ロンドン証券取引所上場原子力関連日経平均株価1950年設立丸の内

三菱商事の噂をタレコミ

三菱商事株式会社の基本情報

三菱商事株式会社は、三菱グループの大手総合商社。三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅と共に、いわゆる五大商社の一つ。 概要と沿革 日本で初めての株式会社といわれる坂本龍馬の海援隊が近江屋事件後に後藤象二郎に委ねられ、その後岩崎弥太郎に受け継がれて九十九商会となった企業の流れを汲んでいる。九十九商会は、後に、三菱商会、三菱蒸汽船会社、三菱社と変遷している。岩崎小弥太が確立した三菱の経営理念は「所期奉公」「処事光明」「立業貿易」である。大正時代に入ってから第一次世界大戦にかけて、取り扱い品目数の飛躍的向上をみたため、小弥太は各事業部門を独立させ、三菱合資営業部は「立業貿易」の方針に則り、1918年...