pandy 白黒付けるメディア

三菱UFJフィナンシャル・グループに関する口コミ・噂

三菱UFJフィナンシャル・グループ(三菱UFJフィナンシャル・グループ)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内に三菱UFJフィナンシャル・グループの記事は全部で33件あり、注目度1位は「経営破綻する」であり、注目度2位は「痴漢した人がいる」であり、注目度3位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」であり、4位は「創業者の話がある」、5位は「M&Aの話がある」、6位は「激務である」、7位は「残業代が出ない」、8位は「有給休暇が使えない」、9位は「暴力団とつながりがある」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の三菱UFJ銀行は16日、東京都目黒区の学芸大学駅前の次世代型店舗「MUFGネクスト」1号店を報道陣に公開した。オープンは21日。タブレット端末で振り込みなど各種手続きを手軽に行えるようにする。 新型店舗は既存の学芸大学駅前支店に併設。住宅ローンといった取扱商品やサービスの相談にテレビ電話で応じるほか、税金の支払いなどができる新型現金自動預払機(ATM)を設置する。インターネットバンキングの利用拡大を促すため、専門の行員も置く。(2019/01/16…
タブレット端末で手軽に手続き=次世代店舗、21日オープン-三菱UFJ銀:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011601189&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は26日、平野信行社長(67)が代表権のない会長となり、MUFG傘下の三菱UFJ銀行頭取を務める三毛兼承氏(62)が後任社長を兼務する人事を発表した。来年4月1日付で、6年ぶりのトップ交代となる。三毛氏は三菱UFJ銀頭取も続けることで、信託銀行なども含めたグループの一体運営を強化する。 MUFGの園潔会長(65)は、平野社長が兼務している三菱UFJ銀の会長に就く。 三毛氏は2017年6月、三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀)の小山田隆前頭取が体調不良…
MUFG社長に三毛氏=来年4月就任、6年ぶりトップ交代:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122601163&g=eco
[東京 25日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は、来
三菱UFJFG、三毛頭取が社長を兼務 平野社長は会長に=関係筋(ロイター) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000057-reut-bus_all
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は25日、三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取(62)が2019年4月にもMUFGの社長を兼務する人事を固めた。平野信行MUFG社長(67)は会長に就く。三毛氏が持ち株会社と銀行のトップを兼務し、グループの信託銀行や証券会社との一体運営を加速させる。 MUFGの園潔会長(65)は三菱UFJ銀の会長に就く。MUFGの指名・ガバナンス委員会で人事案を固めており、近く取締役会で決定する。(2018/12/25-19:45)
三菱UFJ社長に三毛氏昇格=銀行頭取と兼務-平野氏は会長に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122502085&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJ信託銀行は19日、システム障害が発生したと発表した。全ての現金自動預払機(ATM)とインターネットバンキングでの取引ができない状態となっている。復旧のめどは立っていないという。 三菱UFJ信託銀のATM約130台のほか、提携する他の金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどのATMでも、同行カードによる現金の引き出しができない状態。グループの三菱UFJ銀行のシステムは正常に稼働している。(2018/12/19-10:33)
三菱UFJ信託銀でシステム障害=全ATM、ネットバンキング使えず:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121903373&g=eco
経済産業省と報酬や投資手法をめぐって対立している官民ファンド、産業革新投資機構の田中正明社長(65)は、金融界では国際業務に精通した大物の銀行家として知られる。一方で、部下には厳しく、交渉では巧みに主張を通すしたたかさも持つ。 田中氏は東大法卒。1977年三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行、米国の銀行子会社頭取を経て2012年6月に三菱UFJフィナンシャル・グループ副社長。国際金融規制に明るく、三菱UFJの企業統治改革を主導したが、本体の頭取レースに敗れる形で15年6月に退任した。英語が堪能で、…
革新機構社長の田中氏、国際業務に精通した銀行家=交渉巧み:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120700750&g=eco
 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、北朝鮮が絡むマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いで、米連邦検察当局が三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を捜査していると報じた。ただ、北朝鮮がMUFGを通じて資金洗浄を行った証拠を当局が握っているかどうかは明らかでないとしている。 報道によると、MUFGは国際的な制裁リストに掲載された企業や個人を除外するための内部システムを意図的に無視していたほか、資金洗浄が盛んな北朝鮮と中国の国境付近で事業を営む一部の中国人
米検察、三菱UFJを捜査か=北朝鮮に絡む資金洗浄の疑い-NY紙:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112101305&g=eco
 三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行5グループの2018年9月中間連結決算が14日、出そろった。純利益の合計は前年同期比10.6%増の1兆6964億円と、2年連続で増加した。東芝やシャープなど、融資先企業の業績回復で不要になった貸倒引当金の戻し入れが利益を押し上げた。 5グループが全て純利益の増益を確保した。貸し出しなど本業のもうけを示す実質業務純益(傘下銀行合算)は、合計では小幅ながら4年ぶりにプラスとなった。(2018/11/14-18:47)
5大銀9月中間、2年連続増益=融資先業績改善で10%増:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111401101&g=eco
 三菱UFJフィナンシャル・グループは13日、上限2億株(1000億円)の自己株を取得し、消却すると発表した。株主還元の充実、資本効率の向上および機動的な資本政策の遂行を可能とすることが目的。発行済み株式総数(自己株を除く)に対する割合は1.52%。取得期間は14日から12月31日まで。消却予定日は2019年1月22日。(2018/11/13-15:56)
三菱UFJ、上限2億株、1000億円の自己株を取得・消却へ=株主還元充実:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111300798&g=eco
 三菱UFJフィナンシャル・グループなど3大銀行グループの2018年9月中間連結純利益は、3社とも期初予想を上回りそうだ。東芝、シャープといった大口融資先企業の業績回復が寄与する見通し。 三菱UFJ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループの3社は13、14日に9月中間決算を発表する。いずれも大口融資先の業績回復を受け、貸し倒れに備えた引当金の戻り益を計上し、純利益は期初予想(3社合計1兆100億円)を上回るとみられる。(2018/11/02-18:41)
3大銀純利益、上振れへ=東芝、シャープ回復寄与-18年9月中間:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110201078&g=eco
ニュース一覧

三菱UFJフィナンシャル・グループの注目の噂

三菱UFJフィナンシャル・グループの全ての噂

三菱UFJフィナンシャル・グループの噂をタレコミ