三菱UFJフィナンシャル・グループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

三菱UFJフィナンシャル・グループに関する口コミ・噂

三菱UFJフィナンシャル・グループ(三菱UFJフィナンシャル・グループ)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内に三菱UFJフィナンシャル・グループの記事は全部で33件あり、注目度1位は「倒産しそう」であり、注目度2位は「セクハラが酷い」であり、注目度3位は「いじめがある」であり、4位は「経営破綻する」、5位は「痴漢した人がいる」、6位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、7位は「創業者の話がある」、8位は「M&Aの話がある」、9位は「激務である」、10位は「残業代が出ない」です。

ニュースリンク

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は14日、2020年6月末時点の連結自己資本比率が16.12%になったと発表した。3月末比で0.24%増えた。
MUFG、連結自己資本比率は16.12% 6月末:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081400969&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は14日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響で、日本での学業継続が難しくなっている外国人留学生を支援するため、総額4億円を寄付すると発表した。東南アジアの傘下銀行などを通じて、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの大使館や留学生協会に進学や生活の支援を目的に寄付する。
MUFG、コロナで苦境の外国人留学生支援 東南アジア4カ国に4億円寄付:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081400757&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループは7日、イスラエルのベンチャー企業との合弁で、アジアの新興企業を対象に、人工知能(AI)による収益予測を活用した融資を始めると発表した。電子商取引(EC)など伸長が見込める事業を手掛けているものの、創業から間もなく資金調達が難しい企業の成長を支援する。シンガポールに折半で共同出資会社を設立し、年内に事業を始める。
三菱UFJ、アジア新興企業にAI融資 イスラエル社と合弁:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080701441&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行5グループの2020年4~6月期連結決算が4日、出そろった。純利益の合計は前年同期比47.8%減の4420億円と、リーマン・ショック後の09年4~6月期(当時6グループ)以来、11年ぶりの低水準。新型コロナウイルス感染拡大による融資先の経営環境悪化で、貸し倒れなどに備えた与信関係費用が膨らんだことが響いた。
5大銀、純利益が半減 コロナで与信費用増大―4~6月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080401080&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の亀沢宏規社長はインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う顧客の意識変化を受け、サービスのデジタル化を加速させる方針を示した。東南アジア配車大手グラブとの資本・業務提携では、金融とタクシー配車など複数のサービスを統合した「スーパーアプリ」の国内展開を視野に入れていると明らかにした。 4月1日付で社長に就任した亀沢氏は、国内の個人向け金融サービスのデジタル化に加え、グローバル戦略の再構築、ペーパーレス化など事務手続きの改革を重点戦略に掲げた…
MUFG、コロナ受けデジタル化加速 金融含む統合アプリ、国内視野―亀沢社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071301083&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループは6日、熊本、鹿児島両県を襲った大雨災害に対する義援金としてグループ5社で総額500万円を寄付すると発表した。5社は三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJニコス、アコム。被災地側の受け入れ態勢が整い次第、実施する。
MUFG、熊本・鹿児島豪雨で義援金500万円:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070600696&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループは25日、グループ業務純益の0.5%相当額を災害やスポーツなど幅広い分野の社会貢献活動に充てると発表した。社会の安定や課題解決に向け、より機動的な支援につなげる。こうした枠組みを設定するのは大手行では初という。
三菱UFJ、業務純益の0.5%を社会貢献に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062500525&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループなどは11日、創薬や再生医療に取り組むベンチャー企業を対象とした100億円の投資ファンドを新設したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、コロナ対策として治療薬やワクチンの研究・開発を進める企業を中心に資金面で支援する。
MUFG、医療系投資ファンド設立 コロナ治療薬開発のベンチャー支援:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061100692&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は20日の投資家向け説明会で、三菱UFJ銀行の国内店舗数を2023年度までに17年度(515店)に比べ4割減の約300店に削減する計画を明らかにした。スマートフォンなどを通じたオンライン取引の利用が想定以上に進んでおり、当初計画(2割減)より一段の削減が可能と判断した。 人員についても採用抑制や退職などで約6000人が自然減となる見通し。人員・店舗の効率化を加速し、デジタル領域や新サービスなどの重点分野に経営資源の最適配分を図る。
三菱UFJ、店舗4割減へ オンライン取引進む:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052000817&g=eco
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は20日の投資家向け説明会で、三菱UFJ銀行の国内店舗数を2023年度までに17年度(515店)比4割減の約300店に削減する計画を明らかにした。スマートフォンなどを通じたオンライン取引の利用が想定以上に進んでおり、当初計画(2割減)より一段の削減が可能と判断した。
三菱UFJ、店舗4割減へ オンライン取引進む:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052000772&g=eco
ニュース一覧

三菱UFJフィナンシャル・グループの注目の噂

三菱UFJフィナンシャル・グループの全ての噂

三菱UFJフィナンシャル・グループの噂をタレコミ