中国電力に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

中国電力に関する口コミ・噂

中国電力(中国電力株式会社/広島県広島市中区小町4番33号)に関する噂・口コミランキングです。
中国電力への印象・評価は、1位 凄い(38%)、2位 商売熱心(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(7%)、5位 コアなファンが居る(6%)、6位 堅実(6%)であると考えられます。(参考データポイント:152)
当サイト内に中国電力の記事は全部で33件あり、注目度1位は「収益の話がある」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度2位は「有給休暇が使えない」であり、注目度3位は「創業者の話がある」でBLOGOS等のメディアで記事にされており、4位は「残業代が出ない」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「M&Aの話がある」、7位は「セクハラが酷い」、8位は「倒産しそう」、9位は「リストラをしている」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

日本格付研究所(JCR)は20日、中国電力の長期発行体格付け「AA」を据え置き、格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更したと発表した。
JCR、中国電力の格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072000667&g=eco
ムーディーズ・ジャパン(MDY)は13日、中国電力の発行体格付けを「A3」から「Baa2」に引き下げたと発表した。格付け見通しは「ネガティブ」から「安定的」に変更した。
MDY、中国電力を「Baa2」に格下げ 信用指標下回る―見通しは「安定的」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031301390&g=eco
中国電力は25日、石油を燃料とする岩国発電所(山口県岩国市)について6月中をめどに廃止すると発表した。電力需要が逼迫(ひっぱく)した際の「バックアップ電源」として稼働させてきたが、天然ガスなどと比べて燃料コストがかさむことから、固定費削減のため廃止を決定した。同社は、2019年度末の業績への影響について「現在精査中」としている。
中国電、岩国市の火力発電所廃止 6月めど:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022501115&g=eco
中国電力は21日、グループの新たな経営ビジョン「エネルギアチェンジ2030」を公表した。300億円前後で推移している連結経常利益を2030年度に倍の600億円以上に増やすほか、100万キロワット程度の再生可能エネルギー導入量(水力発電を含む)を130万~170万キロワットに拡大し、石炭火力の割合を下げる。
中国電、連結経常利益を倍の600億円以上に 新経営ビジョン:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012100835&g=eco
福田 督氏(ふくだ・ただし=元中国電力会長)11日午前10時54分死去、77歳。広島県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻由利子(ゆりこ)さん。後日、お別れの会を開く。連絡先は中国電力秘書グループ。
福田督氏死去(元中国電力会長):時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081400462&g=obt
高須 司登氏(たかす・しとみ=元中国電力社長)1日午後3時38分死去、87歳。岡山市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男淳司(じゅんじ)氏。後日、お別れの会を開く。連絡先は中国電力秘書グループ。
高須司登氏死去(元中国電力社長):時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080900585&g=obt
山口県は26日、中国電力が申請していた上関原発建設予定地(上関町)の海面埋め立て工事期間の延長を許可したと発表した。延長許可は2回目で、期間は2023年1月まで。県は原発本体工事の着工時期の見通しが立つまでは埋め立てに着手しないよう求め、中国電も受け入れる意向を示した。
埋め立て延長、再び許可=中国電の上関原発計画-山口県:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072600596&g=eco
中国電力は26日、広島市で定時株主総会を開いた。株主が提案した「原子力発電事業からの完全撤退」を含む5議案はいずれも反対多数で否決。一方、送配電事業の吸収分割など会社提案の4議案は賛成多数で承認された。
中国電、原発中止の提案否決=株主総会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062600887&g=eco
中国電力は10日、計画する上関原発(山口県上関町)の建設予定地に関し、海面埋め立て工事の完了期限の延長を県に求めた。今年7月の期限を3年6カ月延ばし、2023年1月までとする申請書を提出。村岡嗣政知
工事期限延長、山口県に申請=計画中の上関原発−中国電 - ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/16597703/
中国電力は10日、計画する上関原発(山口県上関町)の建設予定地に関し、海面埋め立て工事の完了期限の延長を県に求めた。今年7月の期限を3年6カ月延ばし、2023年1月までとする申請書を提出。村岡嗣政知事は山口市で報道陣に対し、「法律に基づき適正に審査していく」と話した。 原発予定地の埋め立てをめぐり、中国電は08年10月に免許を取得した。09年10月に工事を始めたが、11年の東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故を受けて、現在は中断。工事完了期限について中国電は12年以降、2度の延長を求め、県…
工事期限延長、山口県に申請=計画中の上関原発-中国電:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061000979&g=eco
ニュース一覧

中国電力の注目の噂

中国電力の全ての噂

中国電力のタグ

中国電力電気事業者原子力関連広島市中区東証一部上場1951年設立災害対策基本法指定公共機関

中国電力の噂をタレコミ

中国電力株式会社の基本情報

中国電力株式会社は、中国地方5県および島しょ部を中心とした周辺地域を営業区域とする電力会社。 概要 略称として中電や、中国電、あるいは同社のブランド名でもあるEnerGiaが使われている。ただし中電と言うと、全国的には同社より規模の大きい中部電力の略称として用いられることがほとんどであり、中国地方の同社エリア以外では、中部電力と区別のために「中国電」と表記されるのが一般的である。前述の事もあり、同社のインターネットでのドメイン名も「energia.co.jp」となっている。ブランドスローガンは「いいことプラス EnerGia」。中国電力は山口県営の電力事業などをもとに発足した経緯から、山口県が...