pandy 白黒付けるメディア

中国電力に関する口コミ・噂

中国電力(中国電力株式会社/広島県広島市中区小町4番33号)に関する噂・口コミランキングです。
中国電力への印象・評価は、1位 凄い(38%)、2位 商売熱心(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(7%)、5位 コアなファンが居る(6%)、6位 堅実(6%)であると考えられます。(参考データポイント:152)
当サイト内に中国電力の記事は全部で33件あり、注目度1位は「収益の話がある」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度2位は「有給休暇が使えない」であり、注目度3位は「創業者の話がある」でBLOGOS等のメディアで記事にされており、4位は「残業代が出ない」、5位は「労働組合の話がある」、6位は「M&Aの話がある」、7位は「セクハラが酷い」、8位は「倒産しそう」、9位は「リストラをしている」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

中国電力は10日、計画する上関原発(山口県上関町)の建設予定地に関し、海面埋め立て工事の完了期限の延長を県に求めた。今年7月の期限を3年6カ月延ばし、2023年1月までとする申請書を提出。村岡嗣政知
工事期限延長、山口県に申請=計画中の上関原発−中国電 - ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/16597703/
中国電力は10日、計画する上関原発(山口県上関町)の建設予定地に関し、海面埋め立て工事の完了期限の延長を県に求めた。今年7月の期限を3年6カ月延ばし、2023年1月までとする申請書を提出。村岡嗣政知事は山口市で報道陣に対し、「法律に基づき適正に審査していく」と話した。 原発予定地の埋め立てをめぐり、中国電は08年10月に免許を取得した。09年10月に工事を始めたが、11年の東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故を受けて、現在は中断。工事完了期限について中国電は12年以降、2度の延長を求め、県…
工事期限延長、山口県に申請=計画中の上関原発-中国電:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061000979&g=eco
中国電力と電源開発(Jパワー)は5日、共同出資会社が行う「石炭ガス化燃料電池複合発電」(IGFC)の実証実験で回収した二酸化炭素(CO2)を再活用するカーボンリサイクルの検討に着手すると発表した。石炭火力から回収したCO2の有効活用は国内初という。
中国電とJパワー、カーボンリサイクル検討=石炭火力から回収のCO2活用:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060501030&g=eco
中国電力は25日、商業施設に専用ロッカーを設置し、育児・介護用品のレンタルや、フリーマーケットアプリ「メルカリ」で売買が成立した商品の回収・梱包(こんぽう)・発送などを行うサービスを始めると発表した。不特定多数の人が利用できるロッカーを介してシェアリングサービスを展開するのは全国初という。
中国電、ロッカーでシェアリングサービス=育児・介護用品レンタル、メルカリと提携:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032500871&g=eco
電力大手10社は30日、3月の電気料金を発表した。火力発電所で燃料として使う石炭と液化天然ガス(LNG)の価格上昇を踏まえ、中部電力など5社が標準家庭の料金を2月と比べ10~36円引き上げる。 上げ幅が最も大きいのは中部電力。標準家庭で36円高の7095円となる。東京電力エナジーパートナーや関西電力もそれぞれ23円、15円上げる。 原油を使った発電比率が高い北海道電力や沖縄電力など4社は6~19円料金を引き下げる。中国電力は据え置き。(2019/01/30-17:38)
3月電気料金、5社上げ=石炭高など反映-電力大手:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019013001031&g=eco
中国電力とJFEスチールは27日、千葉市で計画していた石炭火力発電所の建設を中止すると発表した。「建設費の増加などにより、十分な事業性が見込めないと判断した」と説明している。今後、天然ガス火力発電所への変更で事業性を確保できるか検討する。(2018/12/27-19:44)
千葉の石炭火力、建設中止=天然ガスに変更検討-中国電力・JFE:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122702753&g=eco
 中国電力は20日、リーグ3連覇を果たしたプロ野球広島東洋カープによる2018年の広島県内への経済効果が356億円と過去最大になるとの試算を発表した。前年比5億円のプラス。県内で行われた試合の観客動員数が242万人と過去最高になったことが全体を押し上げた。  雇用効果も前年比60人増の年間3210人と最高を更新。カープは18年シーズンで日本一を逃したが、中国電力は「今年こそ日本一に、と願うファンや県民の期待が観客増と旺盛な消費につながった」とみている。 経済効果の内訳は、レギュラーシーズンと日本
カープ効果356億円=広島県内、過去最大-中国電力:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112000819&g=eco
浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)などの僧侶が25日、電力の小売りを行う会社を設立し、来年4月に事業を始めると発表した。人口減少や過疎化で檀家が減り寺の経営が厳しくなるなか、寺と地域住
お坊さんが「電力会社」設立 京都、寺院や檀家に供給 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15499662/
広島市は広島、山口両県の24市町でつくる「広島広域都市圏」で利用できる地域共通ポイント事業をスタートさせた。市民が買い物やボランティア活動、イベントに参加して手持ちのICカードにポイントをため、別の
市町共通ポイント事業、広島市で加盟100目指し - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15478974/
中国電力島根原発3号機(松江市)の内部を朝日新聞記者が取材した。県庁所在地に立地する唯一の原発は、原子力規制委員会の審査に入っていて、東日本大震災後初の「新設原発」になる可能性がある。現場では安全対
震災後初の「新設原発」なるか、島根3号機の内部を取材 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15432069/
ニュース一覧

中国電力の注目の噂

中国電力の全ての噂

中国電力のタグ

中国電力電気事業者原子力関連広島市中区東証一部上場1951年設立災害対策基本法指定公共機関

中国電力の噂をタレコミ

中国電力株式会社の基本情報

中国電力株式会社は、中国地方5県および島しょ部を中心とした周辺地域を営業区域とする電力会社。 概要 略称として中電や、中国電、あるいは同社のブランド名でもあるEnerGiaが使われている。ただし中電と言うと、全国的には同社より規模の大きい中部電力の略称として用いられることがほとんどであり、中国地方の同社エリア以外では、中部電力と区別のために「中国電」と表記されるのが一般的である。前述の事もあり、同社のインターネットでのドメイン名も「energia.co.jp」となっている。ブランドスローガンは「いいことプラス EnerGia」。中国電力は山口県営の電力事業などをもとに発足した経緯から、山口県が...