京都銀行に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

京都銀行に関する口コミ・噂

京都銀行(株式会社京都銀行/京都府京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700番地)に関する噂・口コミランキングです。
京都銀行への印象・評価は、1位 凄い(58%)、2位 堅実(13%)、3位 コアなファンが居る(12%)、4位 硬派(12%)、5位 先進(3%)であると考えられます。(参考データポイント:81)
当サイト内に京都銀行の記事は全部で46件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「営業力がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度3位は「M&Aの話がある」であり、4位は「暴力団とつながりがある」、5位は「経営破綻する」、6位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、7位は「創業者の話がある」、8位は「残業代が出ない」、9位は「労働組合の話がある」、10位は「有給休暇が使えない」です。

ニュースリンク

京都銀行は18日、同行など地方銀行13行が利用するNTTデータ運営の共同基幹システム「地銀共同センター」の参加行と、システムのクラウド化を検討すると発表した。新システムを2028年から30年にかけて導入。30年以降は他の金融機関にも利用を拡大する予定で、NTTデータのシステムを利用する地銀など計40行が共同化を検討する。システムの効率的な運用を図り、コストの大幅削減を図るのが狙い。
京都銀など13行、共同システムをクラウド化 他金融機関にも利用拡大:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111800884&g=eco
京都市に本店を置く京都銀行は31日、持ち株会社制に移行する検討を始めると発表した。株主総会での承認などを経て、来年10月初旬までの新体制発足を目指す。
京都銀、持ち株会社制へ 来年10月発足目指す:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022103101139&g=eco
京都銀行は31日、単独株式移転による持ち株会社体制への移行の検討を開始したと発表した。2023年10月初旬をめどに移行するとしている。
京都銀行、持ち株会社体制の検討開始 23年10月めど:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022103100763&g=eco
京都銀行は10日、スタートアップ企業への支援強化を図るため、ベンチャーキャピタル大手のグローバル・ブレイン(東京)と連携協定を締結したと発表した。締結日は11月24日で、同社が地方金融機関と協定を結ぶのは初めて。
京都銀、ベンチャーキャピタル大手と連携協定 スタートアップ支援で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021121000903&g=eco
横浜銀行と京都銀行は1日、国際業務に関する業務提携を締結したと発表した。中国や東南アジア諸国連合(ASEAN)域内で取引先の本業支援や金融支援を強化する。横浜銀にとって他行との国際業務に関する提携締結は4行目。
横浜銀と京都銀が国際業務で提携 中国・ASEAN地域で取引先支援:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021110101290&g=eco
地域金融機関の経営基盤強化を支援するため、日銀が開始した制度に対する地銀の適用申請が相次いでいる。支援制度の活用は、経費率の改善や他行との合併、経営統合の決定が条件。申請が多くなっているのは、長引く低金利と人口減少に加え、新型コロナウイルス禍で地域経済が打撃を受け、地銀の経営環境が厳しさを増していることが背景にある。
地銀の申請相次ぐ 日銀支援策、経営環境厳しく:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051901144&g=eco
京都銀行は10日、地域再生を支援する「京銀まちづくりファンド」を設立し、京都府宇治市の地域コミュニティー育成事業に出資したと発表した。古民家や空き公共施設などを、店舗や宿泊施設として再活用する事業に投資する。資金総額は、一般財団法人の民間都市開発推進機構との折半出資で計2億円。 京都府の宇治市と舞鶴市、南丹市の一部を投資対象とする。1件当たりの投資額は数百万~数千万円を想定しているという。 第1号案件として、地域コミュニティーの育成事業などに取り組む企業「宇治観光まちづくり」(宇治市)に1000…
京都銀がまちづくりファンド 古民家活用、地域再生:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031001149&g=eco
京都銀行は11日、豪雨災害が発生し京都市などで基準値以上の降水量が観測された場合、被害の有無にかかわらず借入金の元本の返済を100%免除する法人向け融資商品の取り扱いを始めたと発表した。元本の免除部分は債務免除益となり、災害による財務状況の悪化を補填(ほてん)、緩和できる。災害復旧時の返済負担の軽減や、資金調達余力の創出が期待できるという。
京都銀、豪雨災害で元本免除 法人向け融資商品の取り扱いスタート:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111101003&g=eco
京都銀行は20日までに、法人営業に特化した拠点を9月14日に阪神エリアの2カ所に設置すると発表した。店頭窓口は置かず、営業担当者のみを設置、融資やコンサルティングを行う。手薄だったエリアの新規開拓を効率的に進め、両拠点で取引先計500件、計300億円の融資を目標とする。
京都銀、阪神エリアに法人特化拠点:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072000442&g=eco
S&Pグローバル・レーティング(S&P)は18日、京都銀行と伊予銀行の発行体格付けをいずれも「A」から「A-」に引き下げたと発表した。この格下げに伴い、アウトルックを「ネガティブ」から「安定的」に変更した。
S&P、京都銀と伊予銀の格付けを「A-」に下げ アウトルックいずれも「安定的」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051901020&g=eco
ニュース一覧

京都銀行の注目の噂

京都銀行の全ての噂

京都銀行のタグ

東証一部上場DCカード京都府発祥1941年設立

京都銀行の噂をタレコミ

株式会社京都銀行の基本情報

株式会社京都銀行は、京都府京都市下京区に本店を構え、京都府内を中心に営業している地方銀行である。総資産では地方銀行7位である。 概要 京都府の指定金融機関。企業キャッチフレーズは「飾らない銀行」。2004年から放映されている奇抜なテレビCM「ながーい、おつきあい」シリーズでも知られる。英字表記は『The Bank of Kyoto』であるが、各店鋪やATMでは『The Bank for Kyoto』と記されている。「京都銘柄」と称される地元企業の株式を多数保有している。預金量は、2012年3月末時点で5兆8,702億円、譲渡性預金も含めると6兆6,677億700万円。また、貸出金の残高は201...