伊藤忠商事に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

伊藤忠商事に関する口コミ・噂

伊藤忠商事(伊藤忠商事株式会社/大阪府大阪市北区梅田三丁目1番3号(ノースゲートビルディング))に関する噂・口コミランキングです。
伊藤忠商事への印象・評価は、1位 先進(41%)、2位 コアなファンが居る(23%)、3位 硬派(21%)、4位 凄い(10%)、5位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:46)
当サイト内に伊藤忠商事の記事は全部で38件あり、注目度1位は「リストラをしている」でカイシャの評判等のメディアで記事にされており、注目度2位は「倒産しそう」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「M&Aの話がある」、5位は「有給休暇が使えない」、6位は「営業力がある」、7位は「収益の話がある」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、10位は「経営破綻する」です。

ニュースリンク

外食大手コロワイドが経営不振の定食チェーン大戸屋ホールディングス(HD)にTOB(株式公開買い付け)を行い、出資比率を従来の約19%から過半に迫る約47%へ引き上げた。11月の臨時株主総会では、大戸屋経営陣の刷新が有力視される。TOBのルールや背景を探った。 ―TOBの意味は。 英語の「takeover bid(テークオーバー・ビッド)」の略で、「株式公開買い付け」と言われる。上場企業の経営権の取得や強化を目的に株を短期に買い付ける。M&A(合併・買収)の一種だ。 ―方法や特徴は。 不特定多数の…
TОBって何? コロワイド・大戸屋HDで注目―ニュースQ&A:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092700248&g=eco
伊藤忠商事は7日、医療分野のマーケティング事業を手掛けるフェーズワン(東京)と資本・業務提携し、医療現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援に参入したと発表した。出資金額は非公表。出資比率は1割程度という。
伊藤忠、医療現場のDX支援に参入:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090700890&g=eco
伊藤忠商事と子会社のファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェントの4社は2日、スマートフォンなどにデジタル広告を配信する新会社を設立することで合意したと発表した。ファミマの購買履歴やドコモの会員データを活用し、顧客の求める商品やサービスの広告を配信する。
デジタル広告で新会社 伊藤忠・ファミマ、ドコモなど:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090201347&g=eco
伊藤忠商事と子会社のファミリーマートが、NTTドコモ、サイバーエージェントとの間で、スマートフォン向け広告の新会社設立で合意したことが1日、分かった。年内に設立する。ファミマの購買履歴データを活用し、顧客の嗜好(しこう)に合ったサービスや商品の広告をスマホ画面などに表示する。 伊藤忠はファミマに対するTOB(株式公開買い付け)が成功し、非上場化の手続きを進めている。新会社設立はTOB後の両社による共同事業の第1弾となる。伊藤忠はデジタル技術の活用やグループ企業との連携強化によりファミマの収益力強…
スマホ広告の新会社設立へ 伊藤忠・ファミマ、ドコモなど:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090100644&g=eco
【ニューヨーク時事】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは30日、日本の五大商社の発行済み株式をそれぞれ5%超取得したと発表した。バフェット氏が日本企業に投資するのは珍しい。
五大商社株を取得 各5%超―バフェット氏投資会社:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020083100432&g=eco
【ニューヨーク時事】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイは30日、日本の大手商社5社の株式をそれぞれ5%以上取得したと発表した。5社は伊藤忠商事、丸紅、三菱商事、三井物産、住友商事。価格次第で、9.9%を上限に買い増す方針。「長期保有する」と説明している。
米バークシャー、丸紅など大手5商社の株式5%以上取得 9.9%上限に買い増しも:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020083100197&g=eco
伊藤忠商事は25日、傘下のコンビニエンスストア大手ファミリーマートに対するTOB(株式公開買い付け)が成功したと発表した。伊藤忠は大手コンビニ3社の中で苦戦の目立つファミマを非上場化し、迅速な経営判断を可能にすることで収益力強化を急ぐ。 伊藤忠はファミマ株式の50.1%を保有。24日まで1株2300円でTOBを実施し、成立の下限(9.9%)を上回る15.6%の応募があった。伊藤忠は応募株を全て買い取り、保有比率は65.7%に上昇する。 今後、ファミマは10月下旬に臨時株主総会を開催。株式併合や少…
伊藤忠のファミマTOB成立 非上場化で収益力強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082500947&g=eco
伊藤忠商事によるコンビニエンスストア大手ファミリーマートを対象にしたTOB(株式公開買い付け)の応募が24日、締め切られた。伊藤忠は、大手コンビニ3社の中でも苦戦の目立つファミマを非上場化し、収益力強化へてこ入れを急ぎたい考え。ただ、株価の高止まりでTOBが成立しなければ伊藤忠側の目算は狂いかねず、成否が注目される。
伊藤忠のファミマTOB、締め切り 株価高止まり、成否に注目:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082400931&g=eco
伊藤忠商事は12日、新規・中古のスマートフォンなど携帯端末のネット通販(EC)事業に参入したと発表した。子会社のBelong(東京)を通じ、米アップル社製のiPhone(アイフォーン)の中古端末などを取り扱うECサイト「にこスマ」を展開する。
伊藤忠、スマホのEC事業参入 中古端末需要など期待:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081200949&g=eco
伊藤忠商事が5日発表した2020年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比28.9%減の1047億円だった。新型コロナウイルス流行の影響で自動車などの機械事業、子会社のファミリーマートが苦戦した。 新型コロナによる利益への影響額は200億円程度。繊維事業や子会社の輸入車大手ヤナセも店舗の休業で影響を受けたが、経費の削減を進め、全事業部門が黒字を確保した。情報・金融事業や中国事業は堅調だった。 鉢村剛専務は電話記者会見で「コロナの影響額は当初想定を上回ったが、経費削減でカバーできた」と説明。21年…
伊藤忠、純利益29%減 自動車、ファミマ苦戦―4~6月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080500950&g=eco
ニュース一覧

伊藤忠商事の注目の噂

伊藤忠商事の全ての噂

伊藤忠商事のタグ

伊藤忠商事伊藤家 (近江商人)第一勧銀グループ商社食品産業大阪市北区東証一部上場日経平均株価1949年設立

伊藤忠商事の噂をタレコミ

伊藤忠商事株式会社の基本情報

伊藤忠商事株式会社は、みずほグループの中核総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリットでもある。 会社概要 戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。米国法人は商社中で最大手であり、中国市場では日本企業最大のネットワークを有する。東証第一部上場。銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親...