伊藤忠商事に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

伊藤忠商事に関する口コミ・噂

伊藤忠商事(伊藤忠商事株式会社/大阪府大阪市北区梅田三丁目1番3号(ノースゲートビルディング))に関する噂・口コミランキングです。
伊藤忠商事への印象・評価は、1位 先進(41%)、2位 コアなファンが居る(23%)、3位 硬派(21%)、4位 凄い(10%)、5位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:46)
当サイト内に伊藤忠商事の記事は全部で38件あり、注目度1位は「倒産しそう」で朝日等のメディアで記事にされており、注目度2位は「リストラをしている」でカイシャの評判等のメディアで記事にされており、注目度3位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、4位は「M&Aの話がある」、5位は「営業力がある」、6位は「収益の話がある」、7位は「有給休暇が使えない」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、10位は「経営破綻する」です。

ニュースリンク

伊藤忠商事は12日、米アウトドアブランド「L.L.Bean」の日本市場におけるマスターライセンス権などを取得したと発表した。日本向けの商品を開発・販売するとともに、輸入品の卸売りをする。
伊藤忠、「L.L.Bean」ライセンス権取得 日本向け商品開発・販売:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022121200388&g=eco
総合商社が国内外で医療関連事業を強化している。高齢化による市場の拡大に加え、新型コロナウイルス禍を契機にオンライン診療などのデジタル・トランスフォーメーション(DX)が進み、商機が急増。医療現場の効率化だけでなく、蓄積したデータを活用した新たなビジネスを模索している。 伊藤忠商事はこのほど、救急隊と病院が電話や紙でやりとりする患者情報をデジタル化し、迅速な搬送や治療につなげるTXPメディカル(東京)に出資。コンピューター断層撮影(CT)など検査画像の共有システムを手掛けるエムネス(広島市)とも資…
商社、医療事業を強化 コロナ禍でDXに商機:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022120600796&g=eco
伊藤忠商事は14日、和楽器の三島屋楽器店(新潟県長岡市)などと共に、植物の繊維からできる新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」で琴の演奏に使う「琴爪」を製造・発売したと発表した。これまで素材として使われてきた象牙は、象の密猟への懸念から国際取引が禁止されている。CNF琴爪は象牙に近い音色で、代替素材として期待できるという。
植物繊維で「琴爪」 象牙のような音色―伊藤忠:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111400894&g=eco
ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」を巡り、日本の官民で設立した「サハリン石油ガス開発」が4日、事業を引き継いだロシア側の新会社に参画する方針を決定した。西村康稔経済産業相は同日夕、省内で取材に応じ、「11日までに参画同意の申請を行う」と明らかにした。今後、ロシア政府が参画の可否を判断し、承認されれば権益を維持できる。 サハリン1に3割を出資するサハリン石油ガス開発は4日午後、株主総会を開催。日本政府や伊藤忠商事、丸紅、石油資源開発などすべての株主が新会社への参画に賛成した。
サハリン1新会社に参画決定 日本の官民、権益維持へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022110401101&g=eco
伊藤忠商事は13日、使用済み食用油や植物を原料とする「持続可能な航空燃料(SAF)」の供給拠点を、既に備えている成田国際、羽田両空港に加え、2023年3月までに中部国際空港、23年度の早い時期に関西国際空港に整備すると発表した。SAFの早期普及を図る。
伊藤忠、中部空港・関空にSAF供給拠点 23年度までに、普及拡大へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022101300645&g=eco
伊藤忠商事は4日、2023年3月期の連結純利益予想を従来の7000億円から8000億円に上方修正したと発表した。資源高や自動車事業の好調で上半期の業績が上振れているためで、達成すれば過去最高だった前期の8203億円に近い水準となる。
伊藤忠、純利益8000億円に 資源高で上方修正―23年3月期予想:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022100400392&g=eco
ロシアのプーチン大統領は5日、日本の官民が参画しているロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」に関し、「非友好国」の企業が株式売却などを行うことを今年12月31日まで禁止する大統領令に署名した。日本は「非友好国」に指定されている。タス通信が報じた。 サハリン1は、ロシア国営石油大手ロスネフチのほか、日本政府や伊藤忠商事、丸紅、石油資源開発などの官民が出資する「サハリン石油ガス開発」が参加。日本勢は3割の権益を持っている。米石油大手エクソンモービルも加わっていたが、ロシアのウクライナ侵攻開…
サハリン1、年内の株式売却禁止 プーチン氏が大統領令―ロシア:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080501269&g=eco
伊藤忠商事は1日、英石油大手シェルとブラジル鉄鋼大手CSNグループと3社で、脱炭素に向けて協業することで合意したと発表した。まず、CSNと伊藤忠が共同で権益を保有するブラジルの鉄鉱山で、重機の電気自動車(EV)化などを進める。
伊藤忠、シェルと鉱山脱炭素化 重機EV化、ブラジルで:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080100425&g=eco
企業に健康管理クラウドサービスを提供するウェルネス・コミュニケーションズ(東京都港区、松田泰秀社長)が23日、東証グロース市場に上場する。公募と第三者割当増資で調達する計約18億2000万円は、システム開発や人材獲得に投じる予定。 伊藤忠商事の社内ベンチャー制度をきっかけに事業を開始し、2006年会社設立。企業や健康保険組合を対象に、従業員の健康診断や人間ドックの予約、清算代行、診断結果の一元化などを一括して受託する健診事業が売り上げの9割近くを占める。 今後は診断結果のほか、就労データや各種面…
〔新規公開〕ウェルネスC、23日グロース上場 企業向け健康管理クラウドサービス:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022060300737&g=eco
伊藤忠商事は27日、アラブ首長国連邦(UAE)国営のエティハド航空に対し、成田空港で持続可能なバイオ航空燃料(SAF)を販売する契約を結んだと発表した。日本の空港で海外航空会社にSAFを提供するのは初めての事例だという。
伊藤忠、UAE航空会社にバイオ燃料供給 成田で、給油インフラ整備:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052700935&g=eco
ニュース一覧

伊藤忠商事の注目の噂

伊藤忠商事の全ての噂

伊藤忠商事のタグ

伊藤忠商事伊藤家 (近江商人)第一勧銀グループ商社食品産業大阪市北区東証一部上場日経平均株価1949年設立

伊藤忠商事の噂をタレコミ

伊藤忠商事株式会社の基本情報

伊藤忠商事株式会社は、みずほグループの中核総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリットでもある。 会社概要 戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。米国法人は商社中で最大手であり、中国市場では日本企業最大のネットワークを有する。東証第一部上場。銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親...