伊藤忠商事に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

伊藤忠商事に関する口コミ・噂

伊藤忠商事(伊藤忠商事株式会社/大阪府大阪市北区梅田三丁目1番3号(ノースゲートビルディング))に関する噂・口コミランキングです。
伊藤忠商事への印象・評価は、1位 先進(41%)、2位 コアなファンが居る(23%)、3位 硬派(21%)、4位 凄い(10%)、5位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:46)
当サイト内に伊藤忠商事の記事は全部で38件あり、注目度1位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「有給休暇が使えない」であり、4位は「営業力がある」、5位は「収益の話がある」、6位は「労働組合の話がある」、7位は「倒産しそう」、8位は「リストラをしている」、9位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、10位は「経営破綻する」です。

ニュースリンク

伊藤忠商事は22日、東証1部上場のコンサルティング大手、シグマクシスに出資し、資本業務提携することで合意したと発表した。シグマクシス株式の約9%を35億円程度で取得し、事業会社では筆頭株主となる。
伊藤忠、シグマクシスに出資 企業向けコンサル強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042201251&g=eco
伊藤忠商事は15日、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献する取り組みを支援するため、東京都内に情報発信拠点「ITOCHU SDGs Studio」を開設した。
伊藤忠、都内にSDGs拠点 冨永愛さんらと情報発信:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041501092&g=eco
伊藤忠商事は24日、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献するための事業に資金使途を絞った、ドル建て社債を発行すると正式発表した。発行総額は5億米ドル。同社によると、こうした社債の発行は日本の商社では初めて。
伊藤忠、商社初のSDGs債発行 5億ドル、海外市場で公募:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032401198&g=eco
伊藤忠商事は3日、太陽光パネルを設置している戸建て住宅向けに、電気自動車(EV)向けの充電機能などを備えた新たな家庭用蓄電池システムを5月に発売すると発表した。
伊藤忠、EV対応の家庭用蓄電池 大容量化し機能拡充:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030301225&g=eco
伊藤忠商事は26日、フランスの産業ガス大手エア・リキードの日本法人と、液化水素の製造・流通体制の整備に向け提携したと発表した。子会社の伊藤忠エネクスとも協業し、中京地区を中心に製造拠点や水素ステーションを展開。「脱炭素」の流れを受け、早期の供給網構築を目指す。
伊藤忠、水素製造・流通網を整備 脱炭素、仏大手と提携:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022600953&g=eco
伊藤忠商事は4日、コロンビアに保有する発電用石炭の鉱山権益を2021年度中に売却すると発表した。同社が保有する一般炭(発電用石炭)権益の8割に相当する。残る権益も23年度までの売却を検討しており、一般炭事業から完全撤退する。 今回売却を決定したのは、米ドラモンド社と保有するコロンビア炭鉱の権益。伊藤忠は年間約620万トンの一般炭を産出しているが、石炭価格の低迷により採算が悪化していた。 オーストラリアに保有する残る権益の売却も進め、脱炭素化の取り組みを加速させる。鉢村剛専務は4日の決算記者会見で…
発電用石炭、完全撤退へ コロンビアで権益売却―伊藤忠:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020401270&g=eco
伊藤忠商事は13日、石井敬太専務執行役員(60)が4月1日付で社長に昇格するトップ人事を発表した。鈴木善久社長(65)は代表権を持たない副会長に就く。最高経営責任者(CEO)を務める岡藤正広会長(71)は続投する。
伊藤忠、石井専務が社長昇格 岡藤会長は続投―4月1日付:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011300881&g=eco
伊藤忠商事は13日、次期社長・最高執行責任者(COO)に石井敬太専務執行役員を昇格させるトップ人事を発表した。鈴木善久社長COOは副会長に就く。4月1日付で就任する。
伊藤忠次期社長に石井専務執行役員 鈴木社長は副会長―4月1日付:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011300794&g=eco
伊藤忠商事は25日、日本気象協会と提携し、アパレル業界向けに衣料品の需要を予測するサービスを始めると発表した。アパレル各社の販売実績と気象データを組み合わせた上で、将来の気象予想に基づき、商品ごとに1週間から半年先の需要を予測して提供する。 2021年の春夏シーズンから試験運用を開始。22年春夏シーズンから実際に事業化する計画で、「3年後に30社程度の利用を目指す」(伊藤忠)としている。 アパレル各社の需要予測は、前年の販売実績や長年の経験をベースに立てられており、余剰在庫を抱えるケースも多い。…
アパレル向け需要「予報」 気象データを活用―伊藤忠・気象協会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112501081&g=eco
伊藤忠商事と子会社の日本サニパック(東京)が、世界的な問題となっている海洋プラスチックごみを原料の一部に使用したポリ袋を日本で初めて開発し、実用化したことが24日、分かった。長崎県対馬市の海岸に漂着した海洋プラごみを粉砕し、ポリエチレン原料として再利用した。
海洋プラごみでポリ袋 国内初の開発、実用化―伊藤忠:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112400863&g=eco
ニュース一覧

伊藤忠商事の注目の噂

伊藤忠商事の全ての噂

伊藤忠商事のタグ

伊藤忠商事伊藤家 (近江商人)第一勧銀グループ商社食品産業大阪市北区東証一部上場日経平均株価1949年設立

伊藤忠商事の噂をタレコミ

伊藤忠商事株式会社の基本情報

伊藤忠商事株式会社は、みずほグループの中核総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリットでもある。 会社概要 戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。米国法人は商社中で最大手であり、中国市場では日本企業最大のネットワークを有する。東証第一部上場。銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親...