伊藤忠商事に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

伊藤忠商事に関する口コミ・噂

伊藤忠商事(伊藤忠商事株式会社/大阪府大阪市北区梅田三丁目1番3号(ノースゲートビルディング))に関する噂・口コミランキングです。
伊藤忠商事への印象・評価は、1位 先進(41%)、2位 コアなファンが居る(23%)、3位 硬派(21%)、4位 凄い(10%)、5位 商売熱心(2%)であると考えられます。(参考データポイント:46)
当サイト内に伊藤忠商事の記事は全部で38件あり、注目度1位は「リストラをしている」でカイシャの評判等のメディアで記事にされており、注目度2位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「M&Aの話がある」であり、4位は「有給休暇が使えない」、5位は「営業力がある」、6位は「収益の話がある」、7位は「労働組合の話がある」、8位は「倒産しそう」、9位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」、10位は「経営破綻する」です。

ニュースリンク

伊藤忠商事は13日、アニメキャラクターのライセンス事業を手掛ける合弁企業を香港に設立し、フィンランド生まれの人気キャラ「ムーミン」のライセンス事業を中国で開始すると発表した。中国国内でのムーミンのアニメ放映や配信のほか、商品化ビジネス、デジタルコンテンツの展開などを手掛ける。
伊藤忠、「ムーミン」中国展開 香港企業と合弁、ライセンス事業強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091300956&g=eco
伊藤忠商事は6日、フィンランドで包装資材開発を手掛けるパプティック社に数億円出資したと発表した。繰り返し使えて環境負荷の少ない紙素材で、伊藤忠は日本での独占販売権を獲得。手提げ袋や食品の包装など、プラスチックなどの代替として幅広い分野での拡販を図る。
伊藤忠、フィンランドのエコ包材に出資 何度も使える紙素材:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090600626&g=eco
伊藤忠商事は18日、奄美大島(鹿児島)の宇検村と共同で、マングローブの植林事業に取り組むことで合意したと発表した。マングローブは二酸化炭素(CO2)吸収量が多いことで知られており、植林事業を通じ、将来的なCO2クレジットの創出につなげたい考え。
伊藤忠、マングローブでCO2クレジット創出 奄美大島で植林事業:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081800557&g=eco
伊藤忠商事は29日、電気自動車(EV)で使わなくなったリチウムイオン電池を再利用した大型蓄電システムの1号機の稼働を、山口県内で開始したと発表した。実証期間を経て、半年後をめどに工場用の電源や太陽光発電の蓄電用設備としての活用を開始する。
伊藤忠商事、EV電池を蓄電システムに再利用 山口で初稼働:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062901168&g=eco
三井E&Sホールディングスは11日、船舶用エンジンを手掛ける子会社、三井E&Sマシナリー(東京)や伊藤忠商事など国内外の23社・機関とともに、アンモニアの舶用燃料利用に向けた課題を共同で検討する協議会を設立したと発表した。世界的に脱炭素の動きが加速する中、重油の代替燃料として期待されるアンモニアの早期実用化を目指す。
三井E&Sなど23社、アンモニアの船舶利用で協議会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061100962&g=eco
伊藤忠商事は8日、長崎県対馬市の海岸に漂着した海洋プラスチックごみを原料の一部として再利用したポリ袋3万枚を、対馬市に無償提供した。国連の「世界海洋デー」に当たる同日、オンラインで伊藤忠本社と対馬市を結び、贈呈式を行った。
伊藤忠、海洋プラごみのポリ袋を無償提供 対馬市などに:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800851&g=eco
伊藤忠商事は2日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を東京と大阪の本社で21日から開始すると発表した。それぞれに勤務する社員のほか、受け付けや警備など業務委託先の社員も含めた希望者全員(約6000人)が対象。合わせて、企業内保育所の運営を委託するポピンズ(東京)の保育士(約1500人)も対象とする。
伊藤忠、ワクチンの職域接種開始へ 委託先の保育士も対象―新型コロナ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060200626&g=eco
伊藤忠商事は27日、米玩具大手マテルの「バービー」ブランドについて、人形など玩具を除く日本市場でのライセンス権を取得したと発表した。2021年春夏シーズンから、ファッション雑貨や化粧品、食品などの商品を展開する。関連するライセンス事業の売り上げで3年後に80億円を目指す。
伊藤忠、「バービー」のライセンス取得 ファッション雑貨など展開へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052701217&g=eco
伊藤忠商事は22日、東証1部上場のコンサルティング大手、シグマクシスに出資し、資本業務提携することで合意したと発表した。シグマクシス株式の約9%を35億円程度で取得し、事業会社では筆頭株主となる。
伊藤忠、シグマクシスに出資 企業向けコンサル強化:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042201251&g=eco
伊藤忠商事は15日、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献する取り組みを支援するため、東京都内に情報発信拠点「ITOCHU SDGs Studio」を開設した。
伊藤忠、都内にSDGs拠点 冨永愛さんらと情報発信:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041501092&g=eco
ニュース一覧

伊藤忠商事の注目の噂

伊藤忠商事の全ての噂

伊藤忠商事のタグ

伊藤忠商事伊藤家 (近江商人)第一勧銀グループ商社食品産業大阪市北区東証一部上場日経平均株価1949年設立

伊藤忠商事の噂をタレコミ

伊藤忠商事株式会社の基本情報

伊藤忠商事株式会社は、みずほグループの中核総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリットでもある。 会社概要 戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。米国法人は商社中で最大手であり、中国市場では日本企業最大のネットワークを有する。東証第一部上場。銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親...