pandy 白黒付けるメディア

東京電力ホールディングスに関する口コミ・噂

東京電力ホールディングス(東京電力ホールディングス)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内に東京電力ホールディングスの記事は全部で33件あり、注目度1位は「経営破綻する」であり、注目度2位は「書類送検された」であり、注目度3位は「創業者の話がある」であり、4位は「M&Aの話がある」、5位は「営業力がある」、6位は「収益の話がある」、7位は「労働組合の話がある」、8位は「倒産しそう」、9位は「リストラをしている」、10位は「ブラック企業である」です。

ニュースリンク

 【ニューヨーク時事】東京電力ホールディングスの広瀬直己副会長は2日、福島第1原発事故をめぐり、「安全対策に終わりはない。これで十分だと思わないことが事故から学んだ最大の教訓だ」と強調した。米ニューヨークでの講演で語った。 2012~17年に社長として事故処理などの陣頭指揮を執った広瀬氏は、事故直後の原発の状況のほか、廃炉や除染作業などの復興に向けた取り組みを英語で紹介。現在も避難者がいることに触れつつ、「原発と周辺地域の状況は日ごとに改善、安定してきている」との見方を示した。(2018/10/
「安全対策に終わりなし」=福島原発事故めぐり米で講演-広瀬東電副会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100300260&g=eco
東京電力ホールディングスが経営再建の柱として位置づけるのが、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働だ。全7基の原子炉があるが、特に出力の大きい6、7号機は昨年12月、再稼働の条件となる
【経済インサイド】東電の浮沈握る「柏崎刈羽原発」再稼働 地元・新潟県民の不信感は解消できるのか - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15255675/
 東京電力ホールディングス(HD)は28日、建設が中断している東通原発(青森県東通村)の地質調査を同日開始したと発表した。今年度後半から始める予定だったが、委託業者との契約手続きが順調に進んだため前倒しした。 2020年度にかけてボーリングや約2キロの試掘坑(トンネル)を掘って地質や断層構造などを調査する。ボーリングの実施地点を選定するための測量などに着手し、9月上旬をめどに本格的な調査に取りかかる。東電HDは調査結果を他の国内電力大手などにも提供し、共同事業化につなげていきたい考えだ。(201
東電HD、東通原発の地質調査開始=予定前倒し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082800708&g=eco
 東京電力ホールディングス(HD)は28日、建設が中断している東通原発(青森県東通村)について、地質調査を同日始めると発表した。当初は2018年度後半からの計画だったが、準備が整ったため前倒しする。(2018/08/28-12:02)
東電HD、東通原発の地質調査を開始=計画前倒し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082800545&g=eco
 東京電力ホールディングス、中部電力、日立製作所、東芝の4社が原子力事業の提携に
原子力事業提携へ協議=東電、中部電、日立、東芝(時事通信) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000025-jij-bus_all
 東京電力ホールディングス、中部電力、東芝、日立製作所が原子力事業で提携する方向で調整に入ったことが22日、分かった。(2018/08/22-08:59)
原子力事業で提携へ=東電、中部電、東芝、日立:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082200256&g=eco
 東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は2日、新潟県庁を訪れ、花角英世知事と初めて会談した。柏崎刈羽原発(同県)の再稼働に関し、県は福島第1原発事故に関する検証を独自に進めている。小早川社長は「地元の理解を得るプロセスとして重要。引き続き最大限の協力をさせていただきたい」と述べた。 花角知事は会談後の取材に対し「再稼働は検証作業が終わるまで議論しない。それに尽きる」と語り、再稼働に慎重な姿勢を改めて示した。会談は知事就任後のあいさつの名目で行われ、再稼働に関する要請はなかった。(20
東電社長、事故検証に最大限協力=花角新潟県知事と初会談:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080200861&g=eco
 内閣府の原子力委員会は31日、原発の使用済み核燃料に含まれるプルトニウムについて、2003年に決定した利用指針を初めて改定した。プルトニウムの保有量を「減少させる」と明記。米国などが日本に削減を求める中、「国際社会の懸念を踏まえた」(同委)という。 プルトニウムは核兵器への転用が可能な放射性物質。原子力委は指針で、削減に向けて電力事業者間での連携の必要性を指摘した。原発再稼働が進んでいない東京電力ホールディングスの保有プルトニウムを他社の原発で利用する案などが浮上している。 日本は資源の有効活
プルトニウム保有量の削減明記=原子力委、利用指針を初改定:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018073100902&g=eco
原子力施設が立地する青森県むつ市、東通村、大間町、六ケ所村の商工団体で組織する「青森地域エネルギー施設立地商工団体協議会」(会長・其田桂むつ商工会議所会頭)は12日、県に対し、電力関連企業の誘致を要
企業誘致、原発立地地域に配慮を 下北の経済団体が青森県に要請 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15002000/
東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長が6月、福島第2原子力発電所について廃炉の方向で具体的検討を進めると表明した。東日本大震災と福島第1原発事故から7年余り。東電が判断を保留してきた福島
【経済インサイド】課題山積…東電が福島第2原発の廃炉方針をこのタイミングで表明した理由は? - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14959754/
ニュース一覧

東京電力ホールディングスの注目の噂

東京電力ホールディングスの全ての噂

東京電力ホールディングスの噂をタレコミ