pandy 白黒付けるメディア

東京電力ホールディングスに関する口コミ・噂

東京電力ホールディングス(東京電力ホールディングス)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内に東京電力ホールディングスの記事は全部で33件あり、注目度1位は「経営破綻する」であり、注目度2位は「書類送検された」であり、注目度3位は「創業者の話がある」であり、4位は「M&Aの話がある」、5位は「営業力がある」、6位は「収益の話がある」、7位は「労働組合の話がある」、8位は「倒産しそう」、9位は「リストラをしている」、10位は「ブラック企業である」です。

ニュースリンク

東京電力労働組合は13日、2019年の春闘交渉で、一般社員の年収で前年度と同様3%の賃上げを経営側に要求することを決めた。初任給の引き上げも求める。東京電力ホールディングスは福島第1原発事故に伴う巨額の賠償金支払いを続けているが、労組側は組合員らの士気向上や人材確保には賃金の底上げが不可欠と判断した。19日に経営側へ申し入れる。(2019/02/13-21:24)
東電労組、年収3%増を要求=初任給引き上げも:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021301284&g=eco
東京電力ホールディングスと中部電力が共同で設立した火力発電・燃料調達会社JERA(ジェラ)は4日、垣見祐二社長(66)が退任し、後任に中部電の小野田聡副社長(63)を起用する人事を発表した。会長には東電の火力発電事業会社の佐野敏弘会長(66)が就く。4月1日付。東電、中部電が4月に国内火力発電事業をJERAに完全統合するのに合わせ、経営体制を一新する。(2019/02/04-20:26)
社長に中部電の小野田氏=会長は東電から-JERA:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020400948&g=eco
東京電力ホールディングス(HD)と中部電力が共同出資するJERAは4日、垣見祐二社長の後任に中部電の小野田聡副社長を起用する人事を発表した。会長には東電HD傘下の火力発電子会社会長の佐野敏弘氏を充てる。ともに4月1日付。東電と中部電は4月に火力発電事業をJERAに全面統合する方針で、これに合わせて経営体制を一新する。  垣見氏は退任。現会長のヘンドリック・ゴーデンガー氏は上級副社長に就く。 小野田次期社長は東京都内で記者会見し、今後の事業に関し「(電力の)安定供給を維持しながら、二酸化炭素(CO…
JERA社長に中電の小野田副社長=火力全面統合で新体制へ-東電・中部電:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020400885&g=eco
東京電力ホールディングス(HD)は18日、洋上風力発電の世界最大手、デンマークのアーステッド社と同日付で発電所の建設調査などに関する協力の覚書を交わしたと発表した。まずは東電が千葉県銚子沖で実施している地盤調査で知見やノウハウを共有する。(2019/01/18-21:07)
東電HD、洋上風力事業調査で世界最大手と協力=海外展開目指す:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011801284&g=eco
東京電力ホールディングスの小早川智明社長は18日、東京都内で記者会見し、原子力関連業界の再編統合に関し、「(原発)メーカーを含めた統合は合理的だ」との考えを示した。 東電福島第1原発の事故後、国内で原発の新増設や建て替えは止まっている。さらに、17日には日立製作所による英国での原発建設計画の凍結が決定。日本が官民一体で進めてきた原発輸出戦略は暗礁に乗り上げている。 このため、各社が人材育成や技術開発を続けるため、今後政府を巻き込み、原子力産業をめぐる再編論議が活発化する可能性がある。(2019/…
東電社長、原発再編「合理的」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011801288&g=eco
東京電力ホールディングス(HD)の大倉誠常務(福島復興本社代表)はインタビューに応じた。東京本社広報がインターネット交流サイト(SNS)に事故後の福島第1原発の写真を「工場萌(も)え」と書いて投稿し批判を浴びたことについて「東京との間で温度差や風化が起きないようにする」と述べ、社内で意思疎通を密にし、被災者に配慮した情報発信に努める姿勢を強調した。 福島関連の情報発信をする際は、復興本社を極力通すことも明らかにした。 廃炉作業の状況は、避難者が帰還するかどうかを決める重要な判断材料となる。大倉氏…
被災者配慮の情報発信=東電福島復興本社代表インタビュー:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122501979&g=eco
東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電が出資するリサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市)は21日、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の操業開始時期を現時点で2021年度とする方針を県と市に伝えた。これまで18年後半としてきたが、原子力規制委員会による審査が長引いているため開始時期を先送りした。延期は7回目。 リサイクル燃料貯蔵の坂本隆社長は、佐々木郁夫副知事らに「審査期間が見込みを大幅に超えており、現時点で審査などに要する期間を正確に見通すのが難しい」と説明。今後の手続きを踏まえ、操業開始時期を見…
リサイクル燃料貯蔵、中間施設の操業延期=21年度の見込み:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122107376&g=eco
リサイクル燃料貯蔵(RFS)は21日、今年後半としていた使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)の事業開始時期を先送りすることを県と市に報告した。新たな事業開始の目標時期は、今後の手続きを踏まえ見
中間貯蔵施設の事業開始延期 RFS、青森県とむつ市に報告 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15775109/
 東京電力ホールディングス(HD)は9日、ベトナム北部ラオカイ省のコクサン水力発電所(出力2.97万キロワット)の運営事業に参画すると発表した。同発電所の権益を事実上保有するシンガポール企業の株式の36.38%を取得した。東電HDの持ち分に対応した出力は約1万キロワットとなる。投資額は非公表。(2018/11/09-14:56)
東電HD、ベトナムの水力発電所運営に参画=CO2削減へ再生エネ拡大:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110900751&g=eco
 【ニューヨーク時事】東京電力ホールディングスの広瀬直己副会長は2日、福島第1原発事故をめぐり、「安全対策に終わりはない。これで十分だと思わないことが事故から学んだ最大の教訓だ」と強調した。米ニューヨークでの講演で語った。 2012~17年に社長として事故処理などの陣頭指揮を執った広瀬氏は、事故直後の原発の状況のほか、廃炉や除染作業などの復興に向けた取り組みを英語で紹介。現在も避難者がいることに触れつつ、「原発と周辺地域の状況は日ごとに改善、安定してきている」との見方を示した。(2018/10/
「安全対策に終わりなし」=福島原発事故めぐり米で講演-広瀬東電副会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100300260&g=eco
ニュース一覧

東京電力ホールディングスの注目の噂

東京電力ホールディングスの全ての噂

東京電力ホールディングスの噂をタレコミ