pandy 白黒付けるメディア

東京電力ホールディングスに関する口コミ・噂

東京電力ホールディングス(東京電力ホールディングス)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内に東京電力ホールディングスの記事は全部で34件あり、注目度1位は「経営破綻する」であり、注目度2位は「書類送検された」であり、注目度3位は「創業者の話がある」であり、4位は「M&Aの話がある」、5位は「営業力がある」、6位は「収益の話がある」、7位は「労働組合の話がある」、8位は「倒産しそう」、9位は「リストラをしている」、10位は「ブラック企業である」です。

ニュースリンク

東京電力ホールディングス(HD)は22日、厚生労働省に対し「当面の間、東電福島第1原発での特定技能外国人労働者の就労は行わない」とし、受け入れを凍結する方針を報告した。廃炉作業を行う協力企業にも伝えた。 厚労省は21日、東電HDが福島第1原発の廃炉作業などに特定技能の外国人労働者を受け入れる方針を示していたことについて「慎重な検討を要請する」との通達を出し、検討結果の報告を求めた。
東電HD「当面受け入れない」=廃炉作業への外国人労働者:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052201112&g=eco
東京電力ホールディングス(HD)は22日、福島第一原発の現場作業に「特定技能」の在留資格を持つ外国人労働者を当面、受け入れないと発表した。東電は3月、現場に外国人労働者を受け入れる方針を決めていたが
福島原発の特定技能外国人就労、当面受け入れず 東電 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16499189/
東京電力ホールディングス(HD)は21日、東電福島第1原発の廃炉作業に「特定技能」の在留資格を持つ外国人労働者を受け入れることについて、「慎重に検討を進め、検討結果を厚生労働省に報告する」とのコメントを発表した。
東電HD「慎重に検討」=廃炉作業への外国人受け入れ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052101022&g=eco
5月11日、東日本大震災が発生してから8年2か月◆人的被害・避難者数・2011年3月11日、国内最大規模となるM9.0の地震が発生し、大津波により東北地方の太平洋沿岸に大きな被害をもたらした。警察庁によると、2019年3
東日本大震災から8年2か月 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16441014/
東京電力ホールディングス(HD)と中部電力が折半出資する「JERA(ジェラ)」が、再生可能エネルギー事業に本腰を入れる。発電容量は現在65万キロワットに過ぎないが、令和7(2025)年度までに8倍近
【経済インサイド】国内火力で約5割握る巨大「JERA」 再生エネルギーに本腰 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16425469/
東京電力ホールディングス(HD)が、4月から創設された新在留資格「特定技能」の外国人を福島第1原子力発電所(福島県)での作業に受け入れる可能性を示し、波紋を呼んでいる。「原発の廃炉作業は人手不足の解
【ニュースの深層】「特定技能」外国人は原発作業の“即戦力”か 東電の受け入れ方針に波紋  - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16420354/
東京電力ホールディングスの小早川智明社長は25日の記者会見で、原子力規制委員会がテロ対策施設の設置が遅れた原発を停止する方針を示したことに関連して、「原発事業者で知恵を出し合う必要がある」と語り、各社と連携していく考えを示した。 同日発表した2019年3月期連結決算は増収減益。販売電力量が減少したものの、燃料価格上昇に伴う燃料費調整額が増加したため増収を確保した。一方、福島第1原発の廃炉費用や損害賠償費用で1780億円の特別損失を計上したため、純利益は減少した。
東電HD、原発テロ対策で連携=19年3月期は増収減益:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042501432&g=eco
東京電力ホールディングスの小早川智明社長は25日、決算会見の席上、日本電子力発電の東海第2原発(茨城県東海村)再稼働に向けた支援について、「テロ対策施設の工期も踏まえ、経済性を総合的に評価したい。適切に判断したい」と述べた。  東海第2の再稼働をめぐっては、電気の供給を受ける東電などが、安全対策工事費などを支援する姿勢を示している。ただ、原子力規制委員会は原発のテロ対策施設が期限までに完成しない場合、原発の停止を命じる方針を決めた。再稼働に向けた費用は膨らむ可能性が高い。 小早川社長は「リスクが…
東電社長:東海第2支援、工期踏まえ経済性を評価して適切に判断=テロ対策施設:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042501313&g=eco
【ニューヨーク時事】東京電力ホールディングスの広瀬直己副会長は18日、米ニューヨークのコロンビア大学で講演し、「(東電福島第1原発)事故の教訓に基づき、原発を再稼働させたい」と訴えた。日本での発電が火力に頼りすぎている状況には懸念を示した。 広瀬副会長は、原発の再稼働がごく一部にとどまっている日本の現状を紹介。原発事故で得た教訓の一つとして、訓練の重要性を挙げた。「東電が(事故以前は)『原発は100%安全だ』と伝えてきたことを後悔している」とも発言。原発の立地自治体などと連携し、非常時に備えた訓…
教訓生かし原発再稼働=広瀬東電副会長、日本の火力依存を懸念:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041900259&g=eco
東京電力ホールディングス(HD)は18日、新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者を福島第1原発の廃炉作業などに受け入れる方針を明らかにした。深刻化する人手不足を補うのが目的とみられる。ただ、日本語能力の不足で十分な意思疎通ができなければ、作業員の事故などにつながる恐れもあり、受け入れに当たっては厳重な管理運営が求められる。
福島廃炉作業に外国人=新在留資格で受け入れ-東電HD:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041801111&g=eco
ニュース一覧

東京電力ホールディングスの注目の噂

東京電力ホールディングスの全ての噂

東京電力ホールディングスの噂をタレコミ