武田薬品工業に関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

武田薬品工業に関する口コミ・噂

武田薬品工業(武田薬品工業株式会社/本社:大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号〒103-8668東京本社:東京都中央区日本橋二丁目12番10号)に関する噂・口コミランキングです。
武田薬品工業への印象・評価は、1位 商売熱心(30%)、2位 先進(28%)、3位 凄い(16%)、4位 イケてる(6%)、5位 堅実(6%)、6位 厳しい(6%)、7位 コアなファンが居る(4%)であると考えられます。(参考データポイント:207)
当サイト内に武田薬品工業の記事は全部で35件あり、注目度1位は「創業者の話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度2位は「有給休暇が使えない」で日経等のメディアで記事にされており、注目度3位は「労働組合の話がある」であり、4位は「残業代が出ない」、5位は「収益の話がある」、6位は「M&Aの話がある」、7位は「リストラをしている」、8位は「いじめがある」、9位は「倒産しそう」、10位は「暴力団とつながりがある」です。

ニュースリンク

武田薬品工業は13日、アルツハイマー型認知症の治療薬に関し、スイスのバイオ医薬品企業とライセンス契約を締結したと発表した。武田は契約一時金として1億ドル(約155億円)を支払うほか、開発の進捗(しんちょく)などに応じて最大で21億ドル(約3200億円)を支払う。武田は、全世界での開発と商業化を担う。
武田、認知症治療薬のライセンス取得 スイス企業に最大21億ドル:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024051301124&g=eco
武田薬品工業のワクチン部門トップを務めるギャリー・デュビン氏は、同社が開発したデング熱ワクチンの日本での申請に向けて当局との調整を本格化させていることを明らかにした。16日までに時事通信のインタビューに応じ、世界的な感染拡大を受けて、海外への旅行者向けに申請する方向で「当局と活発に話し合っている」と述べた。
国内申請「当局と活発協議」 デング熱ワクチン、旅行者対象に―武田薬幹部:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024031600020&g=eco
武田薬品工業は27日、感染が急拡大しているデング熱のワクチン、「QDENGA」を新たにインドで製造すると発表した。年間で最大5000万回分を製造し、現在ドイツで製造している分と合わせ、2030年までに1億回分を供給する予定だ。東南アジアなどデング熱の流行国に近いインドでつくることで流通コストを抑え、より安価な供給を目指す。
デング熱ワクチン、インドで製造 年5000万回分、流行国に近く―武田薬品:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024022700624&g=eco
武田薬品工業京都薬用植物園(京都市左京区)は30日、国際種子交換事業を柱とする連携協定を京都大フィールド科学教育研究センター上賀茂試験地(京都市北区)と締結した。生物多様性の保全に貢献することを目指す。
武田薬品工業、種子交換事業で京都大と協定:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024013001034&g=eco
武田薬品工業は18日、買収前のアイルランド製薬大手シャイアーが米バイオ医薬品大手アッヴィから受領した違約金の取り扱いについて、アイルランド歳入庁に1億3000万ユーロ(約200億円)を支払うことで和解したと発表した。通期の業績予想は「必要に応じて適切に見直し、修正があれば26日の決算時に公表する」としている。
武田、アイルランド歳入庁と和解 1億3000万ユーロ支払い:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023101800551&g=eco
【パリ時事】世界保健機関(WHO)は2日、蚊を媒介とする感染症、デング熱のワクチンとして、武田薬品工業が開発した「QDENGA(キューデンガ)」を推奨すると発表した。欧州連合(EU)やインドネシア、ブラジルなどでは既に承認済み。 WHOは、感染が深刻化した地域などに暮らす6~16歳を接種の対象に推奨。デング熱はアフリカやアジア、中南米での流行拡大が懸念されており、専門家はキューデンガについて「幅広い使用の可能性を秘めた最初のデング熱ワクチンだ」と述べた。
武田薬品のワクチン推奨 デング熱で6~16歳に―WHO:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023100300129&g=eco
武田薬品工業は23日、希少疾患の治療などに使われる血漿(けっしょう)分画製剤の製造能力を増強するため、大阪工場(大阪市)内に新たな製造施設を建設すると発表した。投資額は総額1000億円規模で、2030年の稼働を目指す。
武田薬品、大阪に新工場 1000億円投じ血漿分画製剤増産:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023032300973&g=eco
武田薬品工業は13日、米創薬ベンチャーのニンバス・セラピューティクス(ボストン)との間で、皮膚病の一種「乾癬(かんせん)」の治療薬候補を開発中の子会社ニンバス・ラクシュミ(同)の全株式を取得することで合意したと発表した。買収額は40億ドル(約5500億円)。
武田、米創薬ベンチャー買収 約5500億円、皮膚病薬:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022121301181&g=eco
武田薬品工業は8日、同社が開発したデング熱ワクチン「QDENGA」が、欧州連合(EU)当局に承認されたと発表した。QDENGAは感染歴などの事前検査が不要な世界初のデング熱用ワクチン。流行国のインドネシアで8月に承認されており、EUは2件目となる。
武田のデング熱ワクチン、EUも承認:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022120801105&g=eco
武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は12日までにインタビューに応じ、同社が開発し、インドネシアで承認を受けたデング熱ワクチン「QDENGA」について、将来的に日本でも承認申請する方針を明らかにした。 ウェバー社長は「まずブラジル、フィリピンなどの流行国を優先する」とした上で、その後日本でも「ヨーロッパと同じような形で、旅行者を対象とした承認を取っていきたい」と語った。 QDENGAは、感染歴などの事前検査が不要な世界初のデング熱用ワクチン。8月にインドネシアで初めて承認され、中南米、東南アジ…
デング熱ワクチン、日本でも申請へ 旅行者対象に承認目指す―武田薬品社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111200314&g=eco
ニュース一覧

武田薬品工業の注目の噂

武田薬品工業の全ての噂

武田薬品工業のタグ

医薬品メーカー東京都中央区大阪市中央区東証一部上場名証一部上場福証上場札証上場多国籍武田薬品工業日経平均株価老舗企業 (江戸時代創業)1925年設立

武田薬品工業の噂をタレコミ

武田薬品工業株式会社の基本情報

武田薬品工業株式会社は、日本の製薬会社である。タケダ、Takeda、武田薬品とも略称される。国内の製薬会社で最大の売上高を誇る。 会社概要 * 大和国広瀬郡薬井から大坂・道修町に出てきた長兵衛が薬種仲買商の「近江屋喜助」の下で奉公した後、のれん分けによって独立し、薬種商「近江屋」を開いたのが創始で、1781年から現在に至るまで本社を大阪府大阪市中央区道修町に構えてきた。* 当主は代々長兵衛を襲名し近江屋長兵衛として薬種問屋を営んだ。創業以来、聖徳太子の十七条憲法に基調をなす 「和を以って貴と為す」 の考え方を基本として、「事業は人なり、しかも人の和なり」 を掲げた。* 四代目から武田姓を名乗...