pandy 白黒付けるメディア

みずほフィナンシャルグループに関する口コミ・噂

みずほフィナンシャルグループ(株式会社みずほフィナンシャルグループ/東京都千代田区大手町一丁目5番5号(大手町タワー))に関する噂・口コミランキングです。
みずほフィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(27%)、2位 凄い(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(8%)、5位 厳しい(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(5%)、8位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:209)
当サイト内にみずほフィナンシャルグループの記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「総会屋と関係がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「激務である」、5位は「残業代が出ない」、6位は「脱税している」、7位は「ブラック企業である」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

みずほフィナンシャルグループは22日、2019年春闘の回答を労働組合に提示し、妥結した。年間賞与の1%相当分の報奨金を特別に支給する。ベースアップ(ベア)は見送った。年間一時金(賞与)は前年並みで、組合要求通りだった。 報奨金の支給は異例。18年度から進める新システム移行作業などの慰労のため、会社側が支給を決めた。
みずほ、賞与1%分の報奨金=ベアは見送り:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052201015&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は22日、気候変動問題への取り組みを強化するため、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電事業への融資基準を7月から厳格化すると発表した。併せて、対話や助言を通じて取引先企業などの「脱炭素」化を支援する。 石炭火力への融資は従来、CO2削減技術と経済性を踏まえ、個別案件ごとに判断してきた。7月以降、新規融資は原則として、効率が高くCO2排出量を抑えられる「超々臨界圧」方式の発電所か、それ以上の高効率案件に限定する。
石炭火力融資、基準を厳格化=企業の「脱炭素」支援-みずほFG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052200781&g=eco
みずほフィナンシャルグループは15日、2019年度からの新しい経営計画を発表した。計画期間を従来の3年間から5年間に変更。統廃合で削減する国内拠点を従来計画の100拠点から130拠点へ増やすなど、事業構造の改革を加速する。計画最終年度の23年度に本業のもうけを示す連結業務純益を9000億円程度へ引き上げる目標も打ち出した。 坂井辰史社長は同日の記者会見で、「ビジネス、財務、経営基盤の構造改革を三位一体で推進し、次世代金融への転換を図る」と強調した。 新計画では、前半3年間で構造改革を加速し、後半…
国内130拠点削減=みずほが新5カ年計画:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051501244&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)が2024年度までに実施する国内拠点の統廃合について、当初計画から3割上乗せし、約130拠点に拡大することが14日、分かった。収益力の強化に向け、構造改革を加速させる。19年3月期の連結決算と同時に15日発表する新経営計画に盛り込む。 みずほFGは17年11月、傘下の銀行、信託銀行、証券会社が店舗を構える全国約500拠点のうち約100拠点を、24年度までに削減する方針を公表。その後の事業環境の変化も踏まえ、新経営計画の策定に合わせ、大都市圏を中心に追加で数十拠…
みずほ、統廃合130拠点に=計画比3割上乗せ-24年度まで:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051400615&g=eco
2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで500日を切り、五輪公式スポンサー企業が五輪をPRするCMも増えてきた。その中でも、みずほフィナンシャルグループの“デート”をテーマにした内容に、甘酸っぱ
【CMウオッチャー】みずほFG、ボルダリングデートで穂志もえかの圧倒的透明感 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16349654/
まもなく小学校に入学する子どもたちに、交通安全を願う「黄色いワッペン」が贈られた。28日、東京・千代田区で、来月から小学校に入学する新1年生16人を招いて「黄色いワッペン」の贈呈式が行われた。黄色いワ
交通安全を 小学校新入生に黄色いワッペン - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16231364/
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、2019年3月期連結決算で約6800億円もの巨額損失を計上する。連結最終利益(純利益)は従来の5700億円の見通しを800億円(18年3月期は5765億円)に大幅に下方修正した。超低金
巨額損失を計上するみずほFG 対応に「周回遅れ」との酷評も - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16195878/
みずほフィナンシャルグループ(FG)は、構造改革費用を中心に約6800億円に上る損失を2019年3月期に計上する。決済などの銀行サービスに異業種が相次ぎ参入する中、みずほはメガバンクの中でも三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループに収益力で水をあけられている。20年3月期以降の業績反転へ背水の陣を敷いた格好だ。 3メガバンクの中で、みずほは経費が高止まりし、業務粗利益に占める比率は約72%(18年3月期)。三井住友の約61%、三菱UFJの約68%に比べ高く、従業員1人当…
みずほ、反転攻勢へ背水=重荷一掃狙う:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030601180&g=eco
みずほフィナンシャルグループは6日、2019年3月期の連結純利益を従来予想より9割減の800億円に下方修正すると発表した。構造改革費用の計上が理由。坂井辰史社長が東京都内で記者会見し説明する。(2019/03/06-15:29)
みずほFG、業績予想を大幅下方修正=構造改革で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030600818&g=eco
スマートフォン(スマホ)を使ったQRコード決済サービスの「陣取り合戦」が過熱してきた。みずほフィナンシャルグループ(FG)は2019年2月20日、QRコードの新サービス「J-Coin Pay」を3月1日に始めると発表。先行す
銀行か、ITか、鉄道か。QRか、ICか。 キャッシュレス陣取り合戦の勢力図 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16106319/
ニュース一覧

みずほフィナンシャルグループの注目の噂

みずほフィナンシャルグループの全ての噂

みずほフィナンシャルグループのタグ

みずほフィナンシャルグループ金融持株会社千代田区東証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行2000年設立

みずほフィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社みずほフィナンシャルグループの基本情報

株式会社みずほフィナンシャルグループは、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社。略称はMHFG。 概要 かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングスの子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった。また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・...