みずほフィナンシャルグループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

みずほフィナンシャルグループに関する口コミ・噂

みずほフィナンシャルグループ(株式会社みずほフィナンシャルグループ/東京都千代田区大手町一丁目5番5号(大手町タワー))に関する噂・口コミランキングです。
みずほフィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(27%)、2位 凄い(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(8%)、5位 厳しい(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(5%)、8位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:209)
当サイト内にみずほフィナンシャルグループの記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「総会屋と関係がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「激務である」、5位は「残業代が出ない」、6位は「ブラック企業である」、7位は「脱税している」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

みずほフィナンシャルグループ(FG)は25日、東京都内で定時株主総会を開催した。4月に公表した石炭火力発電所に関する投融資方針をめぐり、経営側は「2040年度には関連融資の与信残高をゼロとする目標をおおむね達成できる」と強調。50年度までに達成するとしてきたこれまでの目標を前倒しできるとの見通しを明らかにした。 猪股尚志執行役常務は株主の質問に対し、「電力会社やエネルギー企業に対し、事業構造転換を促していくことが金融機関としての使命だ」と説明。取引先との対話を通じ、脱炭素社会の実現を目指す考えを…
石炭火力、40年度融資ゼロに 目標前倒し―みずほ株主総会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062500959&g=eco
気候変動をめぐり、環境団体が金融機関に対策強化を求める声が強まっている。25日に開かれるみずほフィナンシャルグループ(FG)の株主総会で、NPO法人「気候ネットワーク」は気候変動に関して株主提案。環境への貢献を重視するESG投資が拡大する中、地球温暖化対策につながる投融資の実行を求めており、どこまで他の株主の支持を得られるかが焦点となる。
みずほに気候変動対策を要求 環境NPOが株主提案:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062401034&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は24日、新型コロナウイルス感染症に絡む給付金の支払いに活用するため、電子マネーでやりとりするキャッシュレス決済「JーCoin Pay(Jコインペイ)」の送金サービスを開始した。新型コロナの影響で、自治体や大学による給付金やイベント中止などに伴う返金など送金ニーズが高まっており、これらの需要を取り込むことで利用者拡大を目指す。
みずほFG、給付金支給に電子マネー 明大が活用、事務負担軽減も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062400803&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は10日までにインタビューに応じ、2021年度までに、みずほ銀行で個人顧客の相談対応に特化した店舗を5月末の約5倍、100店に拡充する方針を明らかにした。高齢化に新型コロナウイルスの影響も加わり、資産の運用・承継などに関する相談需要が高まるとみている。 坂井氏は、みずほ銀の店舗運営について「法人と個人両方を扱う総合対応に重点を置いていたが、より機能別に特化していく」と強調。小規模法人・個人向けの既存店を転換し、効率的に再編する考えを示した。 みず…
個人特化型、5倍の100店 相談対応重視―みずほFG社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061001010&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は2日、基幹システムを外部での運用に切り替えると発表した。傘下のシステム運用子会社株式の65%を日本アイ・ビー・エム(IBM)に売却し、システム運用に特化した共同出資会社を設立。日本IBMが持つ人工知能(AI)など先端技術を生かし、システム運用の高度化を図る。 新会社は7月1日に設立し、日本IBMが社長を選ぶ。みずほFGの出資比率は35%に低下するが持ち分法適用会社にとどまる。
みずほFG、システム運用を外部化 日本IBMと共同会社設立:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060201128&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大で多大な影響を受けた企業や個人を支援するため、「J―Coin(Jコイン)基金」を設立すると発表した。同社がまず5億円を拠出する一方、傘下のみずほ銀行が提供するスマートフォン決済サービス「JーCoin Pay(Jコインペイ)」を活用し、利用者らから幅広く寄付を募る。
みずほFG、新型コロナで基金設立へ 医療機関や家庭を支援、5億円拠出:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052001134&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は15日、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電所の建設案件に関する新規の投融資を6月1日から廃止すると発表した。2019年度に約3000億円に上った、関連融資などの与信残高を30年度までに半減、50年度までにゼロにすることを目指す。 地球温暖化対策の加速を求める世界的な機運の高まりを受けた措置。ただ既存の石炭火力発電所を、CO2排出量を減らせる「超々臨界圧」などの高効率設備に更新する場合は、融資を検討することもあるという。
みずほ、石炭火力の新規融資廃止 50年に残高ゼロ目指す:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041501049&g=eco
みずほフィナンシャルグループは1日、2020年3月期連結決算に、394億円の有価証券評価損を計上すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、傘下のみずほ銀行やみずほ信託銀行、みずほ証券の保有する政策保有株式の時価が急落したため。純利益4700億円とした業績予想や期末配当予想に変更はない。
〔決算〕みずほFG、394億円の評価損計上 政策保有株が急落―20年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040101018&g=eco
経団連が副会長として、みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博会長(67)を充てる方向で最終調整に入ったことが26日、分かった。3月9日の会長・副会長会議で内定し、6月の定時総会を経て就任する。 佐藤氏は2011年にみずほFGの社長に就任し、18年から会長。みずほ銀行と旧みずほコーポレート銀行の統合などの経営改革を進めた。経団連では現在、会長の諮問機関である審議員会の副議長を務めている。
経団連副会長にみずほ佐藤氏 3月内定へ最終調整:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022601183&g=eco
みずほフィナンシャルグループは21日、スマートフォンアプリを通じ個人向けに販売する「デジタル社債」発行に向け、実証実験を開始したと発表した。小口、少額から簡単に購入することができ、若年層など新たな顧客層の開拓につなげたい意向だ。
個人向け「デジタル社債」 顧客層開拓へ実証実験―みずほ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022101242&g=eco
ニュース一覧

みずほフィナンシャルグループの注目の噂

みずほフィナンシャルグループの全ての噂

みずほフィナンシャルグループのタグ

みずほフィナンシャルグループ金融持株会社千代田区東証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行2000年設立

みずほフィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社みずほフィナンシャルグループの基本情報

株式会社みずほフィナンシャルグループは、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社。略称はMHFG。 概要 かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングスの子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった。また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・...