みずほフィナンシャルグループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

みずほフィナンシャルグループに関する口コミ・噂

みずほフィナンシャルグループ(株式会社みずほフィナンシャルグループ/東京都千代田区大手町一丁目5番5号(大手町タワー))に関する噂・口コミランキングです。
みずほフィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(27%)、2位 凄い(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(8%)、5位 厳しい(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(5%)、8位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:209)
当サイト内にみずほフィナンシャルグループの記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「総会屋と関係がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「激務である」、5位は「残業代が出ない」、6位は「ブラック企業である」、7位は「脱税している」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長はインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、金融のデジタル化が加速すると指摘した。その上で、スマートフォンを通じたサービスを充実させ、支店の代わりになるよう機能を高めるとの考えを示した。主なやりとりは次の通り。
「スマホ、支店代わりに」 坂井みずほフィナンシャルグループ社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092800849&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は28日、同社と傘下の銀行、信託銀行、証券の4社の本社・本店に勤務する従業員約1万2000人のうち、3000人程度を常に在宅勤務とする方針を明らかにした。東京・大手町、丸の内のオフィスへの従業員の集約を始める11月から順次、実施する。新型コロナウイルス対策として取り組む柔軟な働き方を一段と進める。
従業員3000人、常に在宅勤務 みずほFGなど4社の本社対象:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092800902&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は14日、2020年6月末時点の連結自己資本比率(国際統一基準)が16.74%(3月末は17.25%)になったと発表した。普通株式等Tier1比率は11.36%(同11.65%)だった。
みずほFG、連結自己資本比率16.74% 20年6月末:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081400962&g=eco
フィッチ・レーティングスは4日、みずほフィナンシャルグループの長期発行体デフォルト格付け(IDR)の格付けアウトルックを「安定的」から「弱含み」に変更したと発表した。外貨建て・円建て長期IDRは「A-」を据え置いた。
フィッチ、みずほFGの格付けアウトルックを「安定的」から「弱含み」に変更:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080400875&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は30日、スマートフォンで募金ができる新サービス「ぽちっと募金」の提供を開始したと発表した。同社のスマホ決済サービス「JーCoin Pay(Jコインペイ)」の送金機能を活用し、思い立ったらすぐに一口100円から「ぽちっと」寄付ができる。忙しさに気を取られ募金機会を逃していた利用者に添うサービスという。
みずほFG、スマホで「ぽちっと募金」開始 一口100円から手軽に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073000737&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、九州南部の豪雨災害での救援など被災者支援として、500万円を寄付すると発表した。寄付先は未定。被災地の復旧にも役立てもらう考え。
みずほFG、被災者支援で500万円寄付 みずほ銀など金利優遇も―九州南部豪雨:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070600655&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は25日、東京都内で定時株主総会を開催した。4月に公表した石炭火力発電所に関する投融資方針をめぐり、経営側は「2040年度には関連融資の与信残高をゼロとする目標をおおむね達成できる」と強調。50年度までに達成するとしてきたこれまでの目標を前倒しできるとの見通しを明らかにした。 猪股尚志執行役常務は株主の質問に対し、「電力会社やエネルギー企業に対し、事業構造転換を促していくことが金融機関としての使命だ」と説明。取引先との対話を通じ、脱炭素社会の実現を目指す考えを…
石炭火力、40年度融資ゼロに 目標前倒し―みずほ株主総会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062500959&g=eco
気候変動をめぐり、環境団体が金融機関に対策強化を求める声が強まっている。25日に開かれるみずほフィナンシャルグループ(FG)の株主総会で、NPO法人「気候ネットワーク」は気候変動に関して株主提案。環境への貢献を重視するESG投資が拡大する中、地球温暖化対策につながる投融資の実行を求めており、どこまで他の株主の支持を得られるかが焦点となる。
みずほに気候変動対策を要求 環境NPOが株主提案:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062401034&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は24日、新型コロナウイルス感染症に絡む給付金の支払いに活用するため、電子マネーでやりとりするキャッシュレス決済「JーCoin Pay(Jコインペイ)」の送金サービスを開始した。新型コロナの影響で、自治体や大学による給付金やイベント中止などに伴う返金など送金ニーズが高まっており、これらの需要を取り込むことで利用者拡大を目指す。
みずほFG、給付金支給に電子マネー 明大が活用、事務負担軽減も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062400803&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は10日までにインタビューに応じ、2021年度までに、みずほ銀行で個人顧客の相談対応に特化した店舗を5月末の約5倍、100店に拡充する方針を明らかにした。高齢化に新型コロナウイルスの影響も加わり、資産の運用・承継などに関する相談需要が高まるとみている。 坂井氏は、みずほ銀の店舗運営について「法人と個人両方を扱う総合対応に重点を置いていたが、より機能別に特化していく」と強調。小規模法人・個人向けの既存店を転換し、効率的に再編する考えを示した。 みず…
個人特化型、5倍の100店 相談対応重視―みずほFG社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061001010&g=eco
ニュース一覧

みずほフィナンシャルグループの注目の噂

みずほフィナンシャルグループの全ての噂

みずほフィナンシャルグループのタグ

みずほフィナンシャルグループ金融持株会社千代田区東証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行2000年設立

みずほフィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社みずほフィナンシャルグループの基本情報

株式会社みずほフィナンシャルグループは、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社。略称はMHFG。 概要 かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングスの子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった。また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・...