みずほフィナンシャルグループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

みずほフィナンシャルグループに関する口コミ・噂

みずほフィナンシャルグループ(株式会社みずほフィナンシャルグループ/東京都千代田区大手町一丁目5番5号(大手町タワー))に関する噂・口コミランキングです。
みずほフィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(27%)、2位 凄い(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(8%)、5位 厳しい(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(5%)、8位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:209)
当サイト内にみずほフィナンシャルグループの記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「総会屋と関係がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「激務である」、5位は「残業代が出ない」、6位は「脱税している」、7位は「ブラック企業である」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

みずほフィナンシャルグループ(FG)は23日、2021年3月期の連結純利益予想について、従来の3500億円から4650億円に引き上げた。企業に対する資金繰り支援に伴う手数料収入が増加したほか、株高を受けた株式等関係損益の改善が寄与したため。前期の4485億円を上回り、減益予想から一転して増益となる見通し。
みずほFG、増益へ上方修正 手数料収入が増加―21年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042301186&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、国内外の金融機関に多額損失を発生させたとみられる米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関連する金融取引で、100億円規模の損失を計上する恐れのあることが1日、分かった。野村ホールディングスや三菱UFJ証券ホールディングスでも多額損失の可能性が明らかになっており、日本の金融機関で影響が広がっている。
みずほ、100億円損失か 米投資会社との取引:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040101341&g=eco
みずほ銀行と親会社のみずほフィナンシャルグループは31日、2月末から相次いだシステム障害に関する報告書を金融庁に提出した。原因については、システムの運用面で「横断的なチェックや統制が十分に機能しなくなっていた」と説明。再発防止へ、危機管理専門の責任者の設置や、現金自動預払機(ATM)にキャッシュカードや預金通帳が取り込まれにくくすることを盛り込んだ。 同行は4月初旬に記者会見を開き、説明する方針だ。金融庁は両社に対し集中的にヒアリングを実施。2週間で4度の障害を起こし金融インフラへの信頼を失墜さ…
みずほ、金融庁に報告書 横断的チェック体制に不備―システム障害:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021033101430&g=eco
みずほ銀行で相次ぎ発生したシステム障害をめぐり、同行と親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)が今月末までに金融庁に提出する報告書の概要が26日、明らかになった。2月末からわずか2週間で4度発生したトラブルに直接の因果関係はないとした上で、システムの一部で起きた不具合が全体に及ぼす影響などを把握できなかったとして、運用の不備を認める。 再発防止策として、システム全体を監視する新たな仕組みの導入を検討。一時停止した現金自動預払機(ATM)にキャッシュカードや預金通帳が取り込まれて顧客に迷惑を掛…
システム運用に不備 金融庁への報告書概要―みずほ銀:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032700063&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は22日、傘下のみずほ銀行で相次いだシステム障害の原因を外部の目で究明する「システム障害特別調査委員会」のメンバーを決定したと発表した。既に委員長に起用された岩村修二弁護士に加え、システム専門家ら3人を新たに選任した。 委員に選任されたのは経済関係法令が専門の鵜瀞恵子東洋学園大学特任教授、NTTドコモ子会社のドコモ・システムズ(東京)の西川清二取締役、角谷直紀弁護士。みずほFGは、4度の障害を踏まえ17日に第三者委を設置。今後、検証作業を進め、原因究明と再発防…
システム専門家らを選任 障害究明の第三者委―みずほFG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032200968&g=eco
みずほフィナンシャルグループは22日、システム障害特別調査委員会(委員長・岩村修二弁護士)のメンバー3人が決まったと発表した。3人は、鵜瀞恵子東洋学園大特任教授、西川清二ドコモ・システムズ取締役、角谷直紀弁護士。委員選定は、日弁連「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」に沿って行ったとしている。
みずほ障害特別調査委のメンバー決定 鵜瀞、西川、角谷3氏:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032200740&g=eco
みずほ銀行のシステム障害で、親会社みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が17日、初めて公の場に出て陳謝した。これまで「当事者の銀行が責任を持って対処する」(藤原弘治みずほ銀頭取)として記者会見などに出席することはなかったが、度重なる障害で事態が深刻化し、ようやく重い腰を上げた形だ。最初のトラブルから既に半月以上が経過しており、対応がまたも後手に回った印象は拭えない。
親会社ようやく前面に 対応またも後手―みずほ障害:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031701252&g=eco
みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長が17日の会見で、内定していた全国銀行協会の会長就任を当面見合わせると表明したことを受け、全銀協は18日の理事会で対応を協議する。現在の三毛兼承会長(三菱UFJ銀行頭取)が当面続投する方向だ。 全銀協会長職はメガバンク3行が1年ごとに持ち回りで引き受けているが、「準備に半年かかる」(関係者)とされる。三毛氏は4月1日付で、親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ会長となる。
三菱UFJの三毛氏続投へ 全銀協会長、18日に協議:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031701223&g=eco
みずほ銀行で多発するシステム障害を受け、親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)は17日、4月1日付で予定していた藤原弘治頭取の交代を取り消すと発表した。併せて、外部の専門家らで構成する第三者委員会の設置も発表。みずほFGの坂井辰史社長が3月17日午後5時から、東京都内で記者会見し、原因究明と再発防止のための体制などについて説明する。
みずほ銀、頭取交代を撤回 システム障害で、第三者委設置―坂井FG社長が今夕会見:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031700861&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が17日午後に記者会見することが分かった。2月以来、相次いだ傘下のみずほ銀行でのシステム障害について説明する見通し。持ち株会社の坂井社長が一連のトラブル発生で会見するのは初めて。 みずほ銀では、2週間の短期間に現金自動預払機(ATM)の8割が一時停止するなど4度のシステム障害が発生している。 これまで同銀の藤原弘治頭取が、会見で経緯や顧客対応を説明してきたが、親会社のみずほFGの企業統治姿勢も問題視されており、坂井社長が詳しく説明するとみられる。
みずほFGの坂井社長が午後会見 システム障害で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031700610&g=eco
ニュース一覧

みずほフィナンシャルグループの注目の噂

みずほフィナンシャルグループの全ての噂

みずほフィナンシャルグループのタグ

みずほフィナンシャルグループ金融持株会社千代田区東証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行2000年設立

みずほフィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社みずほフィナンシャルグループの基本情報

株式会社みずほフィナンシャルグループは、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社。略称はMHFG。 概要 かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングスの子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった。また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・...