pandy 白黒付けるメディア

みずほフィナンシャルグループに関する口コミ・噂

みずほフィナンシャルグループ(株式会社みずほフィナンシャルグループ/東京都千代田区大手町一丁目5番5号(大手町タワー))に関する噂・口コミランキングです。
みずほフィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(27%)、2位 凄い(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(8%)、5位 厳しい(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(5%)、8位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:209)
当サイト内にみずほフィナンシャルグループの記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「総会屋と関係がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「激務である」、5位は「残業代が出ない」、6位は「ブラック企業である」、7位は「脱税している」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

みずほフィナンシャルグループ(FG)の新たな銀行業務の基幹システムが16日、全面的に稼働した。17年越しの課題だった3系列のシステムを統一し、2002年と11年の2度にわたり信頼を失墜させた大規模システム障害の過去から決別。「鬼門」突破で仕切り直し、稼ぐ力で水をあけられている他のメガバンク2行に対し、攻勢に転じる。 みずほFGは、02年の旧第一勧業・旧富士・旧日本興業の3行統合以降、旧行のバランス維持に腐心し、経営課題の解決が実質的に後回しとなった。必要なシステム投資を先送りしたつけは重く、障害…
みずほ、反転攻勢へ=「鬼門」のシステム統合完了-収益回復へ真価問われる:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071601013&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は16日、新たな銀行業務の基幹システムを全面的に稼働させた。これにより、連休中に停止していた現金自動預払機(ATM)を含むすべてのサービスを16日午前8時から再開し、17年越しの課題だったシステム統合を完了。過去2度の大規模な障害で失墜した信頼の回復に向け大きく前進する。
みずほ、新システム全面稼働=信頼回復へ大きく前進:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071600170&g=eco
みずほフィナンシャルグループは、銀行業務の基幹システム一元化に向け、13日午前0時から16日午前8時まで全ての現金自動預払機(ATM)やインターネットバンキングなどの利用を停止する。旧システムから新システムにデータを移行する作業は今回が最後で、無事に終われば一元化が実現。これにより、金融商品開発の期間短縮や経費削減が見込まれるほか、システム障害が起きても早期復旧が可能になるという。 データ移行作業は昨年6月から段階的に進めており、9回目の今回はみずほ信託銀行の勘定データが対象。一元化が実現すれば…
みずほ、13日からATM停止=システム一元化へ最後の作業:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071101028&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は、13日午前0時から全ての現金自動預払機(ATM)やインターネットバンキングなどを休止する。傘下の銀行や信託銀行で利用する次期システムへの一元化に向けた最後の移行作業を行うためで、作業は16日午前8時まで。完了すればITと金融が融合したフィンテックが台頭する中、機動性のある金融商品開発を急ぎ、2度のシステム障害でついた汚名返上を目指す。
みずほ、13日未明からATM停止=最後のシステム移行作業:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071100876&g=eco
みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行は5日、有望な先進技術を持つベンチャー企業と新規事業開発を狙う大企業を結ぶ大規模な商談会を東京都内で開いた。過去最大となる676件の商談数を設定し、参加企業の販路拡大や異業種との連携の機会を提供。日本の競争力強化につながる新たな事業創造を支援したい考えだ。
みずほ銀、大規模商談会を開催=ベンチャー支援、過去最大676件:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070500982&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は3日までにインタビューに応じ、グループの若手社員らが社外の企業で働く兼業を認める方針を明らかにした。新たな挑戦や活躍の機会を求める社員を支援するとともに、社外での経験や発想を金融サービスの創出に生かしてもらうのが狙いだ。労務、情報管理面などの兼業ルールを詰めた上で、2019年度後半の導入を目指す。 坂井社長は「若い人がイノベーション企業で働き、スピード感や斬新なアイデアを学んで戻ってくれば、みずほのビジネスの向上につながる」と語った。閉じた社内…
社外での兼業容認=新たな経験、ビジネス向上に-みずほFG社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060400008&g=eco
みずほフィナンシャルグループで海外部門を担当するグローバルコーポレートカンパニー長の今井誠司執行役専務は29日、傘下のみずほ銀行プノンペン出張所を支店化し、カンボジアでの事業を拡大することに意欲を示した。「カンボジアの潜在成長率は非常に高く、将来のフルブランチ化は当然視野に入っている」と語った。
みずほ、プノンペン出張所の支店化視野=企業のカンボジア進出支援:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052900407&g=eco
みずほフィナンシャルグループは22日、2019年春闘の回答を労働組合に提示し、妥結した。年間賞与の1%相当分の報奨金を特別に支給する。ベースアップ(ベア)は見送った。年間一時金(賞与)は前年並みで、組合要求通りだった。 報奨金の支給は異例。18年度から進める新システム移行作業などの慰労のため、会社側が支給を決めた。
みずほ、賞与1%分の報奨金=ベアは見送り:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052201015&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は22日、気候変動問題への取り組みを強化するため、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電事業への融資基準を7月から厳格化すると発表した。併せて、対話や助言を通じて取引先企業などの「脱炭素」化を支援する。 石炭火力への融資は従来、CO2削減技術と経済性を踏まえ、個別案件ごとに判断してきた。7月以降、新規融資は原則として、効率が高くCO2排出量を抑えられる「超々臨界圧」方式の発電所か、それ以上の高効率案件に限定する。
石炭火力融資、基準を厳格化=企業の「脱炭素」支援-みずほFG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052200781&g=eco
みずほフィナンシャルグループは15日、2019年度からの新しい経営計画を発表した。計画期間を従来の3年間から5年間に変更。統廃合で削減する国内拠点を従来計画の100拠点から130拠点へ増やすなど、事業構造の改革を加速する。計画最終年度の23年度に本業のもうけを示す連結業務純益を9000億円程度へ引き上げる目標も打ち出した。 坂井辰史社長は同日の記者会見で、「ビジネス、財務、経営基盤の構造改革を三位一体で推進し、次世代金融への転換を図る」と強調した。 新計画では、前半3年間で構造改革を加速し、後半…
国内130拠点削減=みずほが新5カ年計画:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051501244&g=eco
ニュース一覧

みずほフィナンシャルグループの注目の噂

みずほフィナンシャルグループの全ての噂

みずほフィナンシャルグループのタグ

みずほフィナンシャルグループ金融持株会社千代田区東証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行2000年設立

みずほフィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社みずほフィナンシャルグループの基本情報

株式会社みずほフィナンシャルグループは、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社。略称はMHFG。 概要 かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングスの子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった。また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・...