pandy 白黒付けるメディア

みずほフィナンシャルグループに関する口コミ・噂

みずほフィナンシャルグループ(株式会社みずほフィナンシャルグループ/東京都千代田区大手町一丁目5番5号(大手町タワー))に関する噂・口コミランキングです。
みずほフィナンシャルグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(27%)、2位 凄い(24%)、3位 先進(16%)、4位 イケてる(8%)、5位 厳しい(6%)、6位 堅実(5%)、7位 コアなファンが居る(5%)、8位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:209)
当サイト内にみずほフィナンシャルグループの記事は全部で34件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「M&Aの話がある」であり、注目度3位は「総会屋と関係がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「激務である」、5位は「残業代が出ない」、6位は「脱税している」、7位は「ブラック企業である」、8位は「労働組合の話がある」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「営業力がある」です。

ニュースリンク

みずほフィナンシャルグループ元社長の前田晃伸氏が2020年1月、NHK会長に就任する。「民業圧迫」との批判が渦巻くインターネットでの番組同時配信や受信料見直しをはじめ、難しいかじ取りが迫られる中での登板。金融機関出身者として初めてNHKを率いる前田氏の手腕が試されそうだ。
ネット配信に批判渦巻く 次期トップに受信料下げ圧力―NHK:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121001022&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は10日、地方銀行などと組んで展開しているスマートフォン決済サービス「J-Coin Pay(Jコインペイ)」の加盟店に、家電量販大手ビックカメラやドラッグストア大手ココカラファインが新たに参加したと発表した。これに合わせ、利用者の増加に向け、利用金額に応じ返金される還元キャンペーンを同日始めた。
みずほFG、キャッシュレス決済の対象拡大 ビックやココカラで:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121001169&g=eco
NHKの経営委員会は9日、臨時の会合を開き、来年1月24日に任期満了を迎えるNHKの上田良一会長(70)の後任に、みずほフィナンシャルグループ(FG)元会長の前田晃伸氏(74)を任命することを決めた。
NHK次期会長に前田氏 元みずほFG会長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120900765&g=eco
みずほフィナンシャルグループは25日、地方銀行などと組んで展開しているスマートフォン決済サービス「J―Coin Pay(Jコインペイ)」の加盟店に、12月から大手コンビニのファミリーマートが加わると発表した。また、Jコインペイのアプリに、利用者の現在地付近で使える店舗を地図上に表示する機能を同月上旬にも追加する。利用者確保に向け、利便性を高める。
みずほFG、ファミマでスマホ決済開始 12月3日から:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112501042&g=eco
みずほフィナンシャルグループは、総合職に当たる基幹職と、支店の事務や窓口業務を担う一般職に相当する特定職を統合する方針を明らかにした。2021年度下期の導入を目指し、労働組合と協議し、詳細を詰める。デジタル化の進展で窓口業務の需要が減る中、人材を資産形成の相談業務などに振り向ける考えだ。 対象は、みずほ銀行やみずほ信託銀行などの従業員約3万5000人。このうち特定職は約1万3500人に上る。採用と給与体系も一本化するほか、年功序列の給与体系を見直し、業績に応じた報酬を支払うよう改める。メガバンク…
みずほ、総合職と一般職を統合 21年度下期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112001228&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は14日の記者会見で、同社が地方銀行などと組んで展開しているスマートフォン決済サービス「JーCoin Pay(Jコインペイ)」の加盟店に大手コンビニが加わることを明らかにした。時期は年内という。加盟店獲得で苦戦していたが、小売り大手の参加で一気に巻き返しを図りたい考えだ。
Jコイン、コンビニが年内加盟へ みずほFGのスマホ決済:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111401251&g=eco
香港での大規模なデモをめぐり、現地の日本企業が混乱の激化に警戒を強めている。外務省は、抗議行動がゲリラ的に発生したり、警察との衝突がエスカレートしたりする傾向がみられるとし、渡航の際の「十分な注意」を呼び掛ける危険情報を出した。出張の手控えや小売店での売り上げ減少などの影響が広がる恐れがある。 国際金融センターの香港には、日本の金融機関が多く進出。「不要不急の出張を控えるよう指示している」(三菱UFJ銀行)、「出張者の居場所が分かるようにしている」(みずほフィナンシャルグループ)などの対応を取る…
出張手控え、小売りに打撃も=日本企業、混乱激化を警戒-香港デモ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081500918&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)は14日、2019年6月末時点の連結自己資本比率(国際統一基準)が17.87%(3月末は18.85%)になったと発表した。普通株式等ティア1比率は12.37%(同12.76%)だった。
みずほFG、連結自己資本比率17.87%=19年6月末:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081400771&g=eco
みずほフィナンシャルグループは8日、中小企業の事業承継への対応を強化するため、傘下のみずほ銀行と、企業の合併・買収(M&A)仲介業者M&Aキャピタルパートナーズが業務提携契約を結んだと発表した。企業経営者の高齢化が進む中、後継者不在が経営者の頭を悩ませており、M&Aを通じた事業承継支援を目指す。
みずほ銀、M&Aキャピタと業務提携=事業承継支援で:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080800806&g=eco
みずほフィナンシャルグループ(FG)の新たな銀行業務の基幹システムが16日、全面的に稼働した。17年越しの課題だった3系列のシステムを統一し、2002年と11年の2度にわたり信頼を失墜させた大規模システム障害の過去から決別。「鬼門」突破で仕切り直し、稼ぐ力で水をあけられている他のメガバンク2行に対し、攻勢に転じる。 みずほFGは、02年の旧第一勧業・旧富士・旧日本興業の3行統合以降、旧行のバランス維持に腐心し、経営課題の解決が実質的に後回しとなった。必要なシステム投資を先送りしたつけは重く、障害…
みずほ、反転攻勢へ=「鬼門」のシステム統合完了-収益回復へ真価問われる:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071601013&g=eco
ニュース一覧

みずほフィナンシャルグループの注目の噂

みずほフィナンシャルグループの全ての噂

みずほフィナンシャルグループのタグ

みずほフィナンシャルグループ金融持株会社千代田区東証一部上場NYSE上場日経平均株価東京都の銀行2000年設立

みずほフィナンシャルグループの噂をタレコミ

株式会社みずほフィナンシャルグループの基本情報

株式会社みずほフィナンシャルグループは、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社。略称はMHFG。 概要 かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングスの子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった。また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・...