pandy 白黒付けるメディア

スルガ銀行に関する口コミ・噂

スルガ銀行(スルガ銀行株式会社/静岡県沼津市通横町23番地)に関する噂・口コミランキングです。
スルガ銀行への印象・評価は、1位 商売熱心(37%)、2位 先進(24%)、3位 凄い(11%)、4位 コアなファンが居る(9%)、5位 堅実(8%)、6位 硬派(8%)であると考えられます。(参考データポイント:119)
当サイト内にスルガ銀行の記事は全部で48件あり、注目度1位は「収益の話がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、注目度2位は「残業代が出ない」であり、注目度3位は「有給休暇が使えない」であり、4位は「創業者の話がある」、5位は「M&Aの話がある」、6位は「ブラック企業である」、7位は「詐欺話がある」、8位は「リストラをしている」、9位は「暴力団とつながりがある」、10位は「労働組合の話がある」です。

ニュースリンク

日銀は17日、金融システムの安定性を半年ごとに評価するリポートを公表し、不動産業向けの貸し出しが過大になっている可能性があると警鐘を鳴らした。対象となる指標で1990年以来約28年ぶりに「過熱」のサインが出たため。日銀は「不動産市場全体がバブル期のような過熱状態にあるとは考えにくい」と分析しながらも、動向を注視する必要があるとしている。 過熱が確認された指標は、不動産業向け貸出残高を名目GDP(国内総生産)で割った比率。2018年の後半に入って安定的な活動水準の上限を約28年ぶりに超えた。スルガ…
不動産融資に「過熱」サイン=バブル期以来28年ぶり-日銀リポート:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041701139&g=eco
20代、30代のサラリーマンを狙ったマンション投資詐欺が横行している(※写真はイメージです)昨年、世間を騒がせた「かぼちゃの馬車」事件では、被害者の多くは、もともと資産運用に色気のある高所得者層だったとさ
20代、30代の若手サラリーマンがマンション投資詐欺の″カモ″にされるワケ - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16322672/
スルガ銀行は12日、不正が発覚して金融庁から停止を命じられていた投資用不動産融資について、来月中旬の決算公表後に再開する予定だと発表した。法令順守の徹底など経営の改革と安定化に向け、候補先の企業と具体的な提携協議を行っていることも明らかにした。 12日は金融庁が昨年10月に命じた投資用不動産融資に関する業務停止の期限だった。今後の方針を含む業務改善計画の進展状況を公表した。 不正の温床となったシェアハウス向け融資をめぐっては、約890人の顧客と交渉を行い、うち約9割と金利引き下げや返済条件の変更…
不動産融資、来月にも再開=提携、候補先と協議-スルガ銀:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041200967&g=eco
スルガ銀行は10日、同行の資本業務提携に関する報道に対し、「当社が発表したものではない」とした上で、「経営改善のため、複数の企業との提携等を含めたさまざまな選択肢を検討しているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。
スルガ銀:資本業務提携の報道に「決定した事実ない」=複数の企業と提携含め検討:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041000677&g=eco
家電量販店のノジマが、5%未満のスルガ銀行株式を取得したことが9日、分かった。同行は投資用不動産向けの不正融資問題を受け、経営再建の途上にある。ノジマが今後、株を買い増し、支援に名乗りを上げる布石となる可能性もありそうだ。 スルガ銀は昨年10月、シェアハウスなど投資用不動産に対するずさんな融資で、金融庁から一部業務停止命令を受けた。同処分は今月12日に期限を迎えるため、事業再建に向けた外部支援の行方が注目されている。
ノジマがスルガ銀株取得=5%未満、買い増しの可能性も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040901240&g=eco
土地神話は崩壊していないのか。国交省が3月19日に公表した「公示地価」によれば、地価は4年連続で上昇している。地価が上がればマンションの分譲価格や、アパートの賃料も値上がりするのは当然。地価上昇に、不動
「スルガ銀行」「レオパレス」不正を暴いた「金融庁アンケート」公表迫る - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16258091/
金融庁は28日、スルガ銀行による投資用不動産向けの不正融資問題を受け、全国の金融機関に行った実態調査の結果を公表した。不動産購入者の所得確認を、給与明細などの原本を基にすべての融資で行っていた銀行が全体の25%にとどまるなど、融資審査が不動産業者任せになっている実態が浮き彫りになった。 金融庁は融資審査書類の改ざんなどが見つかった一部金融機関について、詳細な調査を進めており、必要なら立ち入り検査も行う方針だ。 スルガ銀では不動産業者が偽造した給与明細や預金通帳のコピーを使って融資審査を通す不正が…
融資審査、不動産業者任せ=所得の原本確認、25%-金融庁調査:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032801225&g=eco
2019年の公示地価では、三大都市圏、地方中核都市に比べ出遅れていた地方圏の住宅地の回復が目立った。名古屋市に近い愛知県一宮市や、福岡県春日市など県庁所在地に隣接し通勤・通学圏となる住宅地が上昇。子育て世代を呼び込む地域の取り組みが奏功して下落に歯止めがかかったケースも相次いだが、アパート建設に急ブレーキがかかるなど不動産市況には変調の兆しもうかがえる。 一宮市は名古屋市中心部に通うサラリーマン世帯の人気が高まり、マンション建設が増加。地価上昇率は住宅地で全国11位となった。春日市は博多や天神と…
通勤・通学圏の地価上昇=融資減、市況に変調兆し-19年公示地価:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031900933&g=eco
スルガ銀行(静岡県沼津市)の創業家ファミリー企業への不適切融資などの問題で、現経営陣が創業家出身の岡野光喜前会長ら旧経営陣ら8人(故岡野喜之助元副社長の遺族4人を含む)に総額約32億4千万円の損害賠
スルガ銀前会長ら争う姿勢 不適切融資めぐる訴訟 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16148864/
スルガ銀行が創業家の関連企業に対する不適切融資などで損害を被ったとして、岡野光喜前会長ら旧経営陣5人に約32億4400万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、静岡地裁(小池あゆみ裁判長)
スルガ銀前会長ら争う姿勢=創業家企業向け融資訴訟−静岡地裁 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16148236/
ニュース一覧

スルガ銀行の注目の噂

スルガ銀行の全ての噂

スルガ銀行のタグ

スルガ銀行地方銀行信託兼営金融機関静岡県の金融機関沼津市東証一部上場VJAJCB老舗企業 (明治創業)1895年設立

スルガ銀行の噂をタレコミ

スルガ銀行株式会社の基本情報

スルガ銀行株式会社は、静岡県沼津市に本店を置き静岡県・神奈川県を主たる営業エリアとする日本の地方銀行である。実店舗は五大都市圏でも展開しており、ネットバンキングでは全国展開している。 概要 1887年に岡野喜太郎が結成した共同社を前身として、1895年に設立された。「スルガ銀行」の表記は、同行の商号が株式会社駿河銀行であった1990年から使用し、2004年に正式に商号とした。ネットバンキングへの着目や他業態との提携など、耳目を引く個性的な営業戦略を次々と打ち出し、ネット支店を開設した2000年前後には、株価が一時2,590円とバブル期をはるかに超える高値で取引された。 沿革 * 1895年10...