ソフトバンクグループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

ソフトバンクグループに関する口コミ・噂

ソフトバンクグループ(ソフトバンクグループ株式会社/東京都港区東新橋一丁目9番1号東京汐留ビルディング)に関する噂・口コミランキングです。
ソフトバンクグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(35%)、2位 凄い(26%)、3位 先進(13%)、4位 イケてる(10%)、5位 厳しい(7%)、6位 コアなファンが居る(6%)であると考えられます。(参考データポイント:153)
当サイト内にソフトバンクグループの記事は全部で35件あり、注目度1位は「収益の話がある」で日経等のメディアで記事にされており、注目度2位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「M&Aの話がある」であり、4位は「有給休暇が使えない」、5位は「営業力がある」、6位は「倒産しそう」、7位は「残業代が出ない」、8位は「書類送検された」、9位は「激務である」、10位は「パワハラが酷い」です。

ニュースリンク

【シリコンバレー時事】米連邦取引委員会(FTC)は2日、米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計企業アームの買収を阻止するため提訴したと発表した。エヌビディア傘下入りは競争環境を弱め、技術革新に有害な影響を及ぼすと指摘した。訴訟は来年5月に始まる予定。 アームは、ソフトバンクグループ(SBG)の傘下にある。SBGは昨年、財務と投資の強化に向け、エヌビディアと最大400億ドル(約4兆5000億円)での売却で合意したが、各国当局や企業が懸念を示している。
英アーム買収阻止へ提訴 エヌビディア傘下は「有害」―米当局:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120300187&g=eco
中国政府によるIT企業への規制強化がソフトバンクグループ(SBG)の業績を直撃している。8日発表した2021年7~9月期連結決算(国際会計基準)は、投資先の中国企業の株価が規制強化で下落したため、純損益が3979億円の赤字(前年同期は6274億円の黒字)に転落した。ただ、孫正義会長兼社長は傘下のベンチャー投資ファンドの損益好転に強気の姿勢を崩していない。
ソフトバンクG、中国リスク直撃 投資損益「真冬の嵐」も強気―孫会長兼社長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021110801029&g=eco
日本格付研究所(JCR)は2日、ソフトバンクグループの長期発行体格付けを「A-」に据え置いた上で、格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に変更したと発表した。
JCR、ソフトバンクGの格付け見通し「ポジティブ」に変更 格付け「A-」維持:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021110200820&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)が、傘下の「ビジョンファンド」を通じて、バイオベンチャー企業のアキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)に投資したことが分かった。ビジョンファンドによる日本企業への投資は初めて。アキュリス社が29日までに発表した。
ソフトバンクG、日本で初投資 睡眠障害薬のバイオ企業に:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102900548&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)は14日、南米各国やメキシコを投資先とする30億ドル(約3300億円)規模のファンドを新設すると発表した。2019年に設立した「ソフトバンク・ラテンアメリカ・ファンド」の第2弾。SBGが拠出し、追加の資金調達も検討する。
ソフトバンクG、南米ファンド第2弾 3300億円規模:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091401074&g=eco
8日の東京株式市場は、菅義偉首相の後継政権による景気浮揚策への期待などから8日続伸し、日経平均株価の上げ幅は一時300円を超えた。終値は前日比265円07銭高の3万0181円21銭となり、4月5日以来、約5カ月ぶりに3万円の大台を回復した。 8日はソフトバンクグループが急伸し、日経平均を押し上げた。好業績が見込まれる銘柄を個別に物色する動きが相場を支えている。市場からは「外国人投資家が日本株を見直す動きは始まったばかり」(中堅証券)と強気な見方が出ている。
日経平均、終値でも3万円回復 政策期待で5カ月ぶり:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090800796&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)は7日、独通信大手ドイツテレコムと戦略提携を結び、株式交換により同社株を取得すると発表した。SBGが保有する米携帯電話大手TモバイルUS株4500万株と引き換える。SBGはドイツテレコム株4.5%を持つ第2位株主となり、取締役1人を送る方針。
ソフトバンクG、ドイツテレコムに出資 第2位株主に、Tモバイル株と交換:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090700751&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)が今月末に総額4500億円の劣後特約付きの個人向け公募社債(期間7年)を発行することが1日、分かった。同日付で関東財務局に訂正発行登録書を提出した。調達資金は今年度内に期限を迎える個人向け劣後債の償還などに充てるとみられる。 発行する劣後債は償還期限が2028年9月。利回りは年1.50~2.50%を見込み、今月10日に決定する。申込期間は同13日から29日までで、払込期日は同30日。みずほ証券や大和証券、SBMC日興証券などが引き受ける。
劣後債4500億円、月内発行 個人向け―ソフトバンクG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090101094&g=eco
【ロンドン時事】ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計企業アームの米半導体大手エヌビディアによる買収に関して、英競争当局の競争・市場庁(CMA)は20日、「深刻な競争上の懸念がある」として、詳細な調査を行う必要があると発表した。これを受けて英政府が調査に踏み切るかどうかを判断する。買収が差し止められる可能性が浮上したことで、アーム売却を進めるソフトバンクグループの戦略にも暗雲が立ち込めている。
英当局、アーム買収に「深刻な懸念」 ソフトバンクの戦略に暗雲:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082100198&g=eco
ソフトバンクグループが10日発表した2021年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比39.4%減の7615億円だった。前年同期に米携帯電話子会社の株式売却に伴う一時的な利益を計上した反動で、大幅な減益となった。
ソフトバンクG、純利益4割減 米携帯電話子会社株売却の反動で―4~6月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081000803&g=eco
ニュース一覧

ソフトバンクグループの注目の噂

ソフトバンクグループの全ての噂

ソフトバンクグループのタグ

ソフトバンクグループ持株会社東京都港区東証一部上場多国籍日経平均株価福岡県発祥1981年設立

ソフトバンクグループの噂をタレコミ

ソフトバンクグループ株式会社の基本情報

ソフトバンクグループ株式会社は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。また、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高で、売上の6割を占める。また、固定電話やインターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業も行っている。各事業に関する説明はグループ会社を参照。 沿革 = 1970年代 =*1978年夏、孫正義が開発した電子翻訳機を売り込みに、日本の電機企業を10社前後訪問する。ロゴの2本線は「海援隊」の旗に基づいており、「ソフトバンクは、同志の船。マストに翻るのは、21世紀の...