ソフトバンクグループに関する噂・口コミランキング
pandy 白黒付けるメディア

ソフトバンクグループに関する口コミ・噂

ソフトバンクグループ(ソフトバンクグループ株式会社/東京都港区東新橋一丁目9番1号東京汐留ビルディング)に関する噂・口コミランキングです。
ソフトバンクグループへの印象・評価は、1位 商売熱心(35%)、2位 凄い(26%)、3位 先進(13%)、4位 イケてる(10%)、5位 厳しい(7%)、6位 コアなファンが居る(6%)であると考えられます。(参考データポイント:153)
当サイト内にソフトバンクグループの記事は全部で35件あり、注目度1位は「収益の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度2位は「創業者の話がある」でJIJI.com等のメディアで記事にされており、注目度3位は「M&Aの話がある」であり、4位は「有給休暇が使えない」、5位は「営業力がある」、6位は「倒産しそう」、7位は「残業代が出ない」、8位は「書類送検された」、9位は「激務である」、10位は「パワハラが酷い」です。

ニュースリンク

ソフトバンクグループ(SBG)が東京国税局の税務調査を受け、2021年3月期までの2年間で約370億円の申告漏れを指摘されたことが24日、関係者への取材で分かった。この期間はSBGの税務申告が赤字だったため、追徴課税は発生しなかったとみられる。
ソフトバンクG申告漏れ 370億円、追徴なし―東京国税局:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023012400928&g=eco
【ロンドン時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は9日、スナク英首相がソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長らと協議し、子会社の英半導体設計大手アームをロンドン証券取引所に上場させるよう求めたと報じた。相次ぐ首相交代による政治の混乱で中断していたSBGへの働き掛けを再開したという。
英首相、SBG首脳らと協議 半導体子会社の上場巡り―報道:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023010900544&g=eco
暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの経営破綻の衝撃が広がっている。日本では度重なる暗号資産の流出事件を受けて利用者保護の制度が整備され、他国に比べ影響は限定的だ。ただ、米国ではFTXと関係の深い業者の経営が行き詰まり、一部サービスの停止に追い込まれた。業界は本格的な「冬の時代」到来に身構えている。
「冬の時代」に身構え FTX破綻、投資冷え込み―暗号資産業界:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112000234&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)が11日発表した2022年9月中間連結決算(国際会計基準)は、純損益が1290億円の赤字(前年同期は3635億円の黒字)だった。中国電子商取引最大手アリババ集団の一部株式を手放したことに伴う利益を計上。過去最大の3兆円超の純損失だった4~6月期に比べ、赤字幅は大幅に縮小した。 新興企業に投資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資損失は4兆3535億円(前年同期は5491億円の損失)に膨らんだ。世界的な株価下落を背景に、投資先の企業価値が減少した。 ただ、7~…
9月中間、1290億円の赤字 7~9月期は黒字転換―ソフトバンクG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111101066&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)は28日、2022年9月中間決算記者会見への孫正義会長兼社長の出席は冒頭あいさつのみになると明らかにした。決算説明は財務担当役員が行い、質疑応答にも出席しない。理由は「傘下の英半導体設計大手アームの成長に注力するため」という。会見は11月11日を予定している。 SBGの決算会見には孫氏が出席し、30分以上にわたりプレゼンテーションを行うのが恒例となっていた。8月に開かれた4~6月期決算会見では、国内上場企業で過去最大となる3兆円もの赤字に陥ったことを「しっかりと反省…
孫氏、決算説明せず 11月の会見―ソフトバンクG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022102801214&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)が、傘下の英半導体設計大手アームをめぐり、韓国サムスン電子との戦略的提携に向け協議することが22日、分かった。SBGは、世界的な株安を受けた投資先の企業価値低下で収益が悪化。業績好調なアームを戦略の中核と位置付けており、サムスンとの提携で成長を加速させる狙いがあるとみられる。
韓国サムスンと戦略提携協議へ 傘下の英アームめぐり―ソフトバンクG:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092200480&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)は15日、保有する中国電子商取引最大手アリババ集団の株式について、現在資金調達に活用している分を除き、SBG子会社に譲渡したと発表した。2023年3月期の単体決算で2兆6065億円の売却益が出るが、連結には計上されない。SBGは、将来の資金調達への利用の可能性を踏まえて株式を移したとしている。
ソフトバンクG、アリババ株を子会社に移転 将来の資金調達にらみ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022091500833&g=eco
【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは14日、ソフトバンクグループ(SBG)がハイテク企業に投資する新たなファンドの立ち上げを検討していると報じた。規模は不明だが、自己資金を活用する可能性が高いと伝えている。 SBGは2017年、サウジアラビアの政府系ファンドなどから資金を募り、「ビジョン・ファンド」を設立。その後、「ビジョン・ファンド2」も設けた。ただ、出資先の米共用オフィス大手ウィーワークが経営不振に陥り、巨額の金融支援を強いられるなど、つまずきも目立っている。
ソフトバンクG、新ファンド検討 自己資金で―米紙報道:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022091500008&g=eco
ソフトバンクグループ(SBG)は31日、新興企業に投資する主力の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」をけん引してきたラジーブ・ミスラ副社長執行役員が同日付で辞任したと発表した。1月には孫正義会長兼社長と報酬をめぐり対立したと伝えられたマルセロ・クラウレ副社長執行役員(当時)が退任したばかり。昨年来、孫氏の後継候補と目された幹部は事実上全員SBGを去った。
ソフトバンクG、副社長辞任 主力ファンドけん引:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022083101061&g=eco
ソフトバンクグループは31日、ラジーブ・ミスラ副社長が同日付で辞任したと発表した。ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)1の運営会社の最高経営責任者(CEO)は同氏が継続するとしている。  辞任は本人からの申し出で、「新しいチャレンジに取り組む時間を確保するため」と説明しているという。
ソフトバンクグループ、ミスラ副社長が辞任 31日付、SVF1には関与継続:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022083100907&g=eco
ニュース一覧

ソフトバンクグループの注目の噂

ソフトバンクグループの全ての噂

ソフトバンクグループのタグ

ソフトバンクグループ持株会社東京都港区東証一部上場多国籍日経平均株価福岡県発祥1981年設立

ソフトバンクグループの噂をタレコミ

ソフトバンクグループ株式会社の基本情報

ソフトバンクグループ株式会社は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。また、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高で、売上の6割を占める。また、固定電話やインターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業も行っている。各事業に関する説明はグループ会社を参照。 沿革 = 1970年代 =*1978年夏、孫正義が開発した電子翻訳機を売り込みに、日本の電機企業を10社前後訪問する。ロゴの2本線は「海援隊」の旗に基づいており、「ソフトバンクは、同志の船。マストに翻るのは、21世紀の...