pandy 白黒付けるメディア

出光興産に関する口コミ・噂

出光興産(出光興産株式会社/東京都千代田区丸の内三丁目1番1号(帝劇ビル))に関する噂・口コミランキングです。
出光興産への印象・評価は、1位 先進(31%)、2位 凄い(26%)、3位 イケてる(16%)、4位 堅実(10%)、5位 コアなファンが居る(9%)、6位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:106)
当サイト内に出光興産の記事は全部で39件あり、注目度1位は「創業者の話がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、注目度2位は「値上げする」で日経等のメディアで記事にされており、注目度3位は「パワハラが酷い」でキャリコネ等のメディアで記事にされており、4位は「労働組合の話がある」、5位は「M&Aの話がある」、6位は「ブラック企業である」、7位は「天下りがある」、8位は「同族経営である」、9位は「カルテル疑惑がある」、10位は「倒産しそう」です。

ニュースリンク

出光興産の株式が、米制裁によるイラン産原油の供給不安などによる原油価格の上昇に伴って上昇を続けている。2018年8月30日に株式分割を調整した実質ベースでの上場来高値を更新した後も高値圏を維持。7月に決着した
出光株の高値と「村上戦略」 経営陣から引き出した「条件」とは - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15298235/
 出光興産は10日までに、北海道胆振東部地震による停電の影響で生産設備が停止していた北海道製油所(苫小牧市)の操業を一部再開したと発表した。ガソリンや灯油など石油製品の出荷を8日から再開。現在は施設内の非常用電源を使って作業を行っており、本格的な再開にはさらに数日かかる見通し。(2018/09/10-14:22)
出光、製油所の出荷一部再開=北海道地震で運転停止:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091000620&g=eco
 石油元売り大手の出光興産とコスモエネルギーホールディングスが、米国が禁輸を求めているイラン産原油について、10月分は輸入しないことをイラン側に通知したことが5日、分かった。最大手のJXTGホールディングスやイラン産の比率が高い富士石油も輸入を一時停止する方針を固めた。11月分以降はイラン産原油をめぐる日米の協議状況を踏まえ、改めて判断する。(2018/09/05-20:25)
イラン産原油、10月分輸入せず=出光やコスモが通知:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090501159&g=eco
 石油元売り各社によるイラン産原油の輸入が、10月に止まる公算が大きくなった。イランと対立するトランプ米政権は、11月5日からイラン産原油の輸入国に制裁を科す方針。日本は米国に制裁措置の適用除外を求めているが、米との協議は難航し、事態打開は極めて困難な情勢だ。 JXTGホールディングスや出光興産など元売り各社がイラン産原油の輸入を継続するには、タンカー確保などのため、9月上旬までに米国から制裁の適用除外を取り付けることが不可欠とされる。しかし、各国にイラン産原油の輸入停止を求めるトランプ政権は強
イラン産原油、10月に輸入停止も=米制裁の適用除外困難:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018083001238&g=eco
 出光興産は29日、ノルウェー領北海の洋上風力発電事業に子会社の出光スノーレ石油開発が参画すると発表した。同社が100%出資する現地法人を通じ、設備の建設費用を負担する。総事業費は約700億円で、出光側の拠出額は最大で約40億円に上る。(2018/08/29-13:45)
出光子会社、洋上風力発電へ参画=ノルウェー沖、最大40億円拠出:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082900640&g=eco
 【ハノイ時事】ベトナムの国営石油・ガス大手ペトロベトナムは1日、同国南部沖の南シナ海の石油・ガス田共同開発について、出光興産と国際石油開発帝石の2社と合意し、このほど契約を結んだと発表した。2020年7~9月期の生産開始を目指す。 開発予定区域は、ベトナム南部ブンタウの南東300キロ沖。中国が主張する南シナ海の境界線「九段線」に近く、中国が問題視する可能性もある。(2018/08/01-20:18)
出光・国際帝石、越企業と南シナ海で資源共同開発:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080101006&g=eco
ガソリンや灯油など石油製品の安定供給は石油元売り会社の使命だ。石油は災害時のエネルギーとして「最後のとりで」ともいわれる。石油業界の再編が一段落した。暗礁に乗り上げていた石油元売り国内2位の出光興
石油業界再編 消費者目線の経営戦略を - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15051463/
今の福岡県宗像市で藍問屋の次男に生まれた青年は神戸大に進み、外交官になる夢を抱いた。そんな息子に父は「男と生まれたからには、自分で商売するのが一番じゃ」と諭した▼恩師にも「士魂商才、武士の魂をもって
今の福岡県宗像市で藍問屋の次男に生まれた青年は神戸大に進み、外交官になる夢を抱いた… - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15027304/
 出光興産の月岡隆会長と昭和シェル石油の亀岡剛社長が10日行った記者会見の主なやりとりは次の通り。 月岡氏 創業家が反対を表明して以来2年間、迷惑・心配を掛けたことをおわびする。今後の両社にとって必要かつ貴重な時間だったと確信している。 亀岡氏 アジアで屈指の競争力を持つリーディングカンパニーになる。 -出光創業家との合意の経緯は。 月岡氏 4月以降、代理人を通じて説明し、最終的には最近合意した。収益改善や経営理念について相互理解が深まる中で創業家の主要株主の懸念が解消された。他の創業家株主が賛
月岡氏、統合はフェアに=出光興産と昭和シェル石油会見の一問一答:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071001044&g=eco
石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油の統合交渉が前進した。「企業文化が異なる」などと統合に反対していた出光創業家が賛成に転じたという。2018年6月27日に日本経済新聞(電子版)がスクープした。ただ翌日
出光報道、日経と毎日でこんなに違う 結局、「決着」は近いのか - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14980355/
ニュース一覧

出光興産の注目の噂

出光興産の全ての噂

出光興産のタグ

工業製品メーカー千代田区石油関連石炭関連災害対策基本法指定公共機関東証一部上場多国籍出光興産福岡県発祥老舗企業 (明治創業)1940年設立

出光興産の噂をタレコミ

出光興産株式会社の基本情報

出光興産株式会社は、石油類の精製・販売などを行っている日本の企業である古賀大己、寺西和男. “石油需要減、再編後押し 出光・昭和シェル統合合意 ブランド当面維持”. 朝日新聞。1949年に石油元売会社に指定された。創業者は出光佐三。通称は「IDEMITSU」または「出光」。2016年10月から2017年4月の間をメドに昭和シェル石油と経営統合をすることを基本合意している。 概要 出光佐三により福岡県門司で石油小売を業とする「出光商会」として1911年に創業。1940年に現法人が設立され、戦後高度経済成長の波に乗り、石油の輸入・精製を手がける民族資本の元売大手として発展した。2000年代前半まで...