pandy 白黒付けるメディア

出光興産に関する口コミ・噂

出光興産(出光興産株式会社/東京都千代田区丸の内三丁目1番1号(帝劇ビル))に関する噂・口コミランキングです。
出光興産への印象・評価は、1位 先進(31%)、2位 凄い(26%)、3位 イケてる(16%)、4位 堅実(10%)、5位 コアなファンが居る(9%)、6位 硬派(4%)であると考えられます。(参考データポイント:106)
当サイト内に出光興産の記事は全部で39件あり、注目度1位は「創業者の話がある」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、注目度2位は「値上げする」で日経等のメディアで記事にされており、注目度3位は「パワハラが酷い」でキャリコネ等のメディアで記事にされており、4位は「労働組合の話がある」、5位は「M&Aの話がある」、6位は「ブラック企業である」、7位は「天下りがある」、8位は「同族経営である」、9位は「カルテル疑惑がある」、10位は「倒産しそう」です。

ニュースリンク

今の福岡県宗像市で藍問屋の次男に生まれた青年は神戸大に進み、外交官になる夢を抱いた。そんな息子に父は「男と生まれたからには、自分で商売するのが一番じゃ」と諭した▼恩師にも「士魂商才、武士の魂をもって
今の福岡県宗像市で藍問屋の次男に生まれた青年は神戸大に進み、外交官になる夢を抱いた… - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15027304/
 出光興産の月岡隆会長と昭和シェル石油の亀岡剛社長が10日行った記者会見の主なやりとりは次の通り。 月岡氏 創業家が反対を表明して以来2年間、迷惑・心配を掛けたことをおわびする。今後の両社にとって必要かつ貴重な時間だったと確信している。 亀岡氏 アジアで屈指の競争力を持つリーディングカンパニーになる。 -出光創業家との合意の経緯は。 月岡氏 4月以降、代理人を通じて説明し、最終的には最近合意した。収益改善や経営理念について相互理解が深まる中で創業家の主要株主の懸念が解消された。他の創業家株主が賛
月岡氏、統合はフェアに=出光興産と昭和シェル石油会見の一問一答:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071001044&g=eco
石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油の統合交渉が前進した。「企業文化が異なる」などと統合に反対していた出光創業家が賛成に転じたという。2018年6月27日に日本経済新聞(電子版)がスクープした。ただ翌日
出光報道、日経と毎日でこんなに違う 結局、「決着」は近いのか - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14980355/
 出光興産が6月28日に開いた定時株主総会で、木藤俊一社長の取締役選任議案に対する賛成比率が96.1%だったことが2日、分かった。昨年6月の総会の月岡隆社長(当時)に対する賛成61.1%から35ポイント増加した。昭和シェル石油との経営統合に反対していた大株主の創業家の一部などが反対の議決権行使を見送ったとみられる。 出光が2日、関東財務局に議案の賛否に関する報告書を提出した。創業家の出光株保有比率は現在約28%。総会の直前に、創業家の資産管理会社「日章興産」(3月末で約13%保有)や出光昭介名誉
出光社長の選任、賛成96%=創業家一部が反対せず-株主総会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070201097&g=eco
 石油元売り大手の出光興産は28日、東京都内で株主総会を開き、昭和シェル石油との経営統合をめぐる従来方針などを株主に説明した。経営陣は、これまで合併に反対していた創業家側と協議を再開したと表明し、統合に向けて理解を求めた。創業家側から発言はなかった。 出席者によると、株主からは昭和シェルとの経営統合に関する質問が続出。これに対し、経営陣は「現状で決まっていることはない」と説明した上で、昭和シェルとの交流人事などに関し、「できる部分から連携を深めていく」と訴えた。出光が視野に入れる2019年春の合
出光、創業家と協議再開表明=昭和シェルとの統合で-株主総会:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062800194&g=eco
 出光興産と昭和シェル石油の経営統合で、反対していた出光の筆頭株主と創業家の主要メンバーが賛成に転じた。しかし、一定の影響力を持つ出光昭介名誉会長らは反対を貫く構え。合併手法には「物言う株主」から注文が出ており、2019年春を目指す統合には火種がくすぶっている。 出光は15年に昭和シェルと経営統合で基本合意したが、創業家は「企業文化が違う」と反発。創業家の賛同が得られず、統合は延期に追い込まれ、ライバルのJXホールディングスと東燃ゼネラル石油の統合に後れを取る結果となった。 株主や利害関係者の間
出光、創業家賛成も残る火種=「物言う株主」に動き:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062701352&g=eco
[東京 27日 ロイター] - 出光興産<5019.T>と昭和シェル石油<5002.T>が20
出光、創業家側との協議再開は事実=昭和シェルとの経営統合の報道で(ロイター) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000079-reut-bus_all
 石油元売り大手、出光興産の筆頭株主と創業家の主要メンバーがこれまで反対していた昭和シェル石油との経営統合で賛成に転じたことが27日、分かった。出光昭介名誉会長とその次男は現在も反対しているが、創業家の主要メンバーが賛成に転じたことで、出光と昭和シェルは2019年春に経営統合する見通しとなった。 両社は15年に経営統合で基本合意したが、計約28%の出光株を保有する創業家やその関連会社の反対で実現できずにいた。(2018/06/27-17:41)
出光、昭和シェル統合へ=創業家が一転賛成:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062700947&g=eco
 石油連盟は25日、木村康会長(JXTGホールディングス会長)の後任に月岡隆出光興産会長が就任したと発表した。木村氏は2012年5月に就任し、3期6年務めた。 月岡氏は就任記者会見で、トランプ米政権が各国に対しイラン産原油の輸入削減を求めていることについて「情報収集をしている段階だ」と説明。削減に踏み切る場合、代替調達先の確保などが必要となるため「8月上旬ごろまでの見極めが重要だ」とし、日本政府と連携し原油の安定供給に努めると語った。(2018/05/25-18:34)
石連会長に月岡氏=「原油安定供給に努める」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052501167&g=eco
 出光興産は12日、中国・四川省成都市の開発区内に有機EL(エレクトロルミネッセンス)材料の工場を設立すると発表した。同日、中国側と基本合意した。8000万元(約13億円)を出資して現地法人を設立し、2019年度中の工場完成を目指す。(2018/04/12-20:55)
出光興産、中国四川省に有機EL関連工場設立へ:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041201234&g=eco
ニュース一覧

出光興産の注目の噂

出光興産の全ての噂

出光興産のタグ

工業製品メーカー千代田区石油関連石炭関連災害対策基本法指定公共機関東証一部上場多国籍出光興産福岡県発祥老舗企業 (明治創業)1940年設立

出光興産の噂をタレコミ

出光興産株式会社の基本情報

出光興産株式会社は、石油類の精製・販売などを行っている日本の企業である古賀大己、寺西和男. “石油需要減、再編後押し 出光・昭和シェル統合合意 ブランド当面維持”. 朝日新聞。1949年に石油元売会社に指定された。創業者は出光佐三。通称は「IDEMITSU」または「出光」。2016年10月から2017年4月の間をメドに昭和シェル石油と経営統合をすることを基本合意している。 概要 出光佐三により福岡県門司で石油小売を業とする「出光商会」として1911年に創業。1940年に現法人が設立され、戦後高度経済成長の波に乗り、石油の輸入・精製を手がける民族資本の元売大手として発展した。2000年代前半まで...