pandy 白黒付けるメディア

川崎重工業に関する口コミ・噂

川崎重工業(川崎重工業株式会社/兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目1番3号神戸クリスタルタワー)に関する噂・口コミランキングです。
川崎重工業への印象・評価は、1位 商売熱心(26%)、2位 凄い(22%)、3位 先進(22%)、4位 厳しい(8%)、5位 イケてる(6%)、6位 堅実(6%)、7位 コアなファンが居る(6%)であると考えられます。(参考データポイント:161)
当サイト内に川崎重工業の記事は全部で37件あり、注目度1位は「収益の話がある」であり、注目度2位は「労働組合の話がある」であり、注目度3位は「営業力がある」であり、4位は「ブラック企業である」、5位は「品質管理の問題がある」、6位は「残業代が出ない」、7位は「有給休暇が使えない」、8位は「倒産しそう」、9位は「創業者の話がある」、10位は「パワハラが酷い」です。

ニュースリンク

川崎重工業は18日、人工衛星への衝突事故の危険が増している宇宙ごみ(スペースデブリ)除去の事業化に向け、三井物産、東京海上日動火災保険と提携したと発表した。川重は2020年にデブリ分布を把握する実証衛星の打ち上げを計画しており、両社との提携を通じて、25年度の除去サービス参入に弾みをつけたい考えだ。 川重は、デブリの数や分布状況を画像センサーで把握するとともに、デブリを捕捉する特殊な組み手などを備えた小型実証衛星を開発した。20年中に計画する打ち上げに成功すれば、検証を重ねた上、25年度に実際の…
宇宙ごみ除去ビジネスで提携 川重、三井物産・東京海上と:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111800796&g=eco
川崎重工業は6日、イタリアの高級二輪メーカー、ビモータと合弁事業に乗り出すと発表した。ビモータは世界的な知名度を持つが、経営が厳しく、近年は事業が休眠状態にある。川重は名門ブランドの再生支援を通じ、自社の二輪事業強化にもつなげたい考えだ。
川重、伊ビモータと合弁=高級二輪の名門支援:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110601188&g=eco
川崎重工業は30日、2020年3月期の通期連結業績予想について、売上高を1兆6600億円(従来予想比400億円減)、営業利益を560億円(同160億円減)、純利益を250億円(同130億円減)にそれぞれ下方修正すると発表した。為替レートを円高に見直したことや、建設機械向け油圧機器が中国向けで販売減となるなど精密機械・ロボット事業の低迷が主因。
〔決算〕川重、20年3月期業績予想を下方修正=精密機械低迷など:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019093001012&g=eco
川崎重工業は26日までに、ベトナムで二輪車を輸入販売する、全額出資の現地法人「Kawasaki Motors Vietnam」(ホーチミン市)を設立し、営業を開始したと発表した。資本金は約1億6500万円。所得増加で、大型・高級機種の需要が伸びると見込んでいる。
川重、ホーチミンに二輪車の輸入販社設立=所得向上で大型・高級機種の販売増見込む:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082600540&g=eco
【シドニー時事】川崎重工業は19日、オーストラリアから液化水素を輸入する実証事業の実施に向け、関連施設の建設を開始したと発表した。燃料電池車や発電などの利用を想定し、日本への安定的な水素供給を目指す。
川重、豪の水素事業で関連施設の建設開始=21年までに稼働:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072200219&g=eco
川崎重工業は20日、2022年3月期まで3年間の中期経営計画を発表した。19年3月期に640億円だった連結営業利益を1000億円以上に引き上げる。金花芳則社長は「(成長の)土台を作るべく、ビジネスモデルや組織風土の変革を含めて、施策を断行する」と述べた。
川崎重工業、営業益目標1000億円=新中計発表、22年3月期:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052000800&g=eco
みどりの日の4日、川崎重工業(カワサキ)のオートバイ「Ninja(ニンジャ)」のライダーが三重県伊賀市に集結する「忍者の里でNinja祭り」が開かれた。絶好のツーリング日和の中、会場の同市阿保の市青
忍者の里に、カワサキNinja600台 ライダー集結 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16413657/
川崎重工業は22日、ヘッドライトの向きが基準を満たさない恐れがあるとして、オートバイ「ニンジャ250」など22車種計2万460台(2013年5月〜19年3月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交
川重2万台リコール=バイクのライトに問題 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16354759/
川崎重工業は22日、ヘッドライトの向きが基準を満たさない恐れがあるとして、オートバイ「ニンジャ250」など22車種計2万460台(2013年5月~19年3月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
川重2万台リコール=バイクのライトに問題:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042200651&g=eco
二輪車大手のホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業は4日、電動バイクのバッテリーや充電設備の規格統一に向け、協議体を設置したと発表した。まずはバッテリーなどの共通化を目指す。世界の二輪車販売の半分を占める4社で世界標準への主導権を確保したい考えだ。 世界的な環境規制の強化を受け、バイク業界でも排ガスを出さない電動化の流れが加速している。特にアジアでは、中国の新興企業などが相次いで電動バイクに参入し、異なる規格の乱立が懸念されている。
二輪4社、電動バイクで連携=規格統一に向け協議体:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040401053&g=eco
ニュース一覧

川崎重工業の注目の噂

川崎重工業の全ての噂

川崎重工業のタグ

川崎重工業川崎重工グループ輸送機器メーカー航空機メーカー鉄道車両メーカー軍需産業オートバイメーカー・ブランド建設機械メーカー航空用エンジンメーカー橋梁メーカーロボット関連航空機産業神戸市中央区多国籍東証一部上場名証一部上場日経平均株価老舗企業 (明治創業)1896年設立

川崎重工業の噂をタレコミ

川崎重工業株式会社の基本情報

川崎重工業株式会社は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。 概要 明治時代の造船所に始まる老舗企業であり、大正時代の第一次世界大戦による造船活況、そして世界大恐慌、昭和時代の第二次世界大戦、戦後の高度成長期と日本の近代史・産業史とともに存続してきた。現代においては、三菱重工業、IHIと共に、日本の重工業における三大企業の一つである。かつては川崎財閥の主要企業であった経緯から、川崎製鉄・川崎汽船とも関係がある。本社は神戸市中央区の神戸クリスタルタワーである。また東京都港区浜松町に東京本社も設置している。なお「川崎」は創業者の川崎正蔵の姓が由...