pandy 白黒付けるメディア

川崎重工業に関する口コミ・噂

川崎重工業(川崎重工業株式会社/兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目1番3号神戸クリスタルタワー)に関する噂・口コミランキングです。
川崎重工業への印象・評価は、1位 商売熱心(26%)、2位 凄い(22%)、3位 先進(22%)、4位 厳しい(8%)、5位 イケてる(6%)、6位 堅実(6%)、7位 コアなファンが居る(6%)であると考えられます。(参考データポイント:161)
当サイト内に川崎重工業の記事は全部で36件あり、注目度1位は「労働組合の話がある」であり、注目度2位は「ブラック企業である」であり、注目度3位は「有給休暇が使えない」であり、4位は「品質管理の問題がある」、5位は「残業代が出ない」、6位は「倒産しそう」、7位は「創業者の話がある」、8位は「パワハラが酷い」、9位は「セクハラが酷い」、10位は「リストラをしている」です。

ニュースリンク

川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)で22日、大型運搬船「アミスネイチャー」(約3万1700トン)の命名・進水式が行われた。市民約3600人が見守るなか、船台から海へ進んでいった。今後、岸壁で内装・
全長190m、迫力の大型運搬船、海へ 川重神戸工場で「アミス ネイチャー」命名・進水式 8月完成 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14754897/
 川崎重工業(神戸市中央区)は22日、鉄道車両部門の責任者を務めていた小河原誠取
川重・車両部門責任者が退任 のぞみ台車亀裂問題で事実上更迭か(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000021-kobenext-bus_all
 川崎重工業は22日、新幹線「のぞみ」の台車亀裂問題をめぐり、鉄道車両事業の責任者を務めていた小河原誠常務が退任すると発表した。事実上の更迭人事とみられ、同日付で常務執行役員、6月下旬の株主総会で取締役をそれぞれ外れる。(2018/05/22-20:59)
川重、鉄道事業の責任者退任=新幹線台車亀裂:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052201198&g=eco
 新幹線「のぞみ」の台車亀裂問題で、川崎重工業の全社品質管理委員会は26日までに、原因などを究明する調査が不十分だと指摘した。川重は2018年3月期に台車枠交換費用として約10億円を計上した。調査結果や再発防止策の公表のめどは立っていない。 川重は今月に外部有識者を交えた同委を設置。25日に内外の専門家で構成する調査チームから1回目の報告を受けた。(2018/04/26-19:49)
川重品質委、調査不十分と指摘=交換費用10億円-新幹線台車亀裂:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042601230&g=eco
乗客と運転士計107人が死亡し、562人が負傷したJR宝塚線(福知山線)脱線事故から25日で13年。JR西日本は「安全最優先」を誓ってきたが、昨年12月、新幹線のぞみ34号の台車に破断寸前の亀裂が見
のぞみ亀裂、安全管理に厳しい目 宝塚線事故から13年 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14621971/
昨年12月に起きた新幹線台車亀裂問題は、JR西日本が抱える組織の課題を改めて示した。JR福知山線脱線事故から25日で13年。安全という「使命」について考える。「重圧感じる人いてもおかしくない」複数
【安全という使命(上)】「自分なら止められたか…」 JR福知山線脱線事故13年 変えられなかったJR西の体質 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14621305/
新幹線のぞみの台車亀裂問題を受け、JR西日本は、台車枠の検査に超音波を使った方法を導入し、20日、博多総合車両所(福岡県)で検査の様子を報道陣に公開した。超音波検査は、モニター画面に映る波形で傷の
新幹線台車に超音波検査…亀裂問題受け導入 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14608659/
 川崎重工業などは12日、オーストラリアから液化水素を輸入する実証事業の実施に当たり、同国政府から1億豪ドル(約82億円)の資金支援が決まったと発表した。低炭素社会の実現に向け、燃料電池車や発電など活用拡大を想定し、大量の水素を安定供給できる体制整備を目指す。 豪州産の石炭の一種、褐炭(かったん)をガス化し、そこから取り出した水素を冷却、液体にして輸入する。埋蔵量が豊富な石炭を利用するため、大量に低価格で水素の調達が可能という。豪州側にとっては、石炭の新たな利用方法の開拓につながる。(2018/
豪政府が82億円支援=低炭素社会へ水素輸入-川崎重など:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041201096&g=eco
 川崎重工業は30日、新幹線「のぞみ」の台車枠に亀裂が入った問題の原因を究明するため、外部有識者を交えた「全社品質管理委員会」(委員長・中條武志中大教授)を設置すると発表した。また2018年3月期に台車枠の交換費用を計上するため、連結純利益予想を3割下方修正した。増益から減益に転じる。 同委員会は4月に設置し、メンバーは10人。大学教授3人、弁護士1人、社外取締役2人、川重の役職員4人で構成する。5月をめどに終える社内調査を検証する形で原因究明を進め、再発防止策を取りまとめる。車両部門の調査終了
川重、第三者交え原因究明=新幹線「のぞみ」台車亀裂で業績下方修正:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018033001303&g=eco
 川崎重工業は30日、2018年3月期連結業績予想を下方修正し、純利益が230億円(従来予想335億円)になると発表した。米国向けの電車納入で費用が膨らむほか、新幹線「のぞみ」の台車亀裂問題を受けた製品交換に伴い、鉄道車両事業で約140億円の損失を計上する。(2018/03/30-19:37)
川重、18年3月期連結純利益を230億円に下方修正=台車亀裂で損失:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018033001137&g=eco
ニュース一覧

川崎重工業の注目の噂

川崎重工業の全ての噂

川崎重工業のタグ

川崎重工業川崎重工グループ輸送機器メーカー航空機メーカー鉄道車両メーカー軍需産業オートバイメーカー・ブランド建設機械メーカー航空用エンジンメーカー橋梁メーカーロボット関連航空機産業神戸市中央区多国籍東証一部上場名証一部上場日経平均株価老舗企業 (明治創業)1896年設立

川崎重工業の噂をタレコミ

川崎重工業株式会社の基本情報

川崎重工業株式会社は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。 概要 明治時代の造船所に始まる老舗企業であり、大正時代の第一次世界大戦による造船活況、そして世界大恐慌、昭和時代の第二次世界大戦、戦後の高度成長期と日本の近代史・産業史とともに存続してきた。現代においては、三菱重工業、IHIと共に、日本の重工業における三大企業の一つである。かつては川崎財閥の主要企業であった経緯から、川崎製鉄・川崎汽船とも関係がある。本社は神戸市中央区の神戸クリスタルタワーである。また東京都港区浜松町に東京本社も設置している。なお「川崎」は創業者の川崎正蔵の姓が由...