pandy 白黒付けるメディア

日産自動車に関する口コミ・噂

日産自動車(日産自動車株式会社/'''グローバル本社'''神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号)に関する噂・口コミランキングです。
日産自動車への印象・評価は、1位 先進(38%)、2位 凄い(28%)、3位 イケてる(9%)、4位 厳しい(6%)、5位 コアなファンが居る(5%)、6位 堅実(5%)、7位 商売熱心(3%)、8位 硬派(2%)であると考えられます。(参考データポイント:176)
当サイト内に日産自動車の記事は全部で51件あり、注目度1位は「パワハラが酷い」でキャリコネ等のメディアで記事にされており、注目度2位は「倒産しそう」であり、注目度3位は「リストラをしている」でライブドアニュース等のメディアで記事にされており、4位は「ブラック企業である」、5位は「品質管理の問題がある」、6位は「リコールの話がある」、7位は「M&Aの話がある」、8位は「残業代が出ない」、9位は「有給休暇が使えない」、10位は「収益の話がある」です。

ニュースリンク

災害時の非常用電源として、電気自動車(EV)や家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の活用が拡大している。自動車メーカーなどと自治体の間で緊急時にEVを無償貸与する協定を結ぶ動きが加速。災害が多発する日本で、「走る蓄電池」とも言われるEVやPHVへの期待は今後一段と高まりそうだ。 日産自動車は昨年9月に東京都練馬区と、11月には神奈川県横須賀市と、それぞれEVやPHVを無償貸与する協定を締結。また、3月にEVに蓄電した電力を使って生活する車中泊の体験会を計画している。 三菱自動車も2…
EVを非常用電源に=「走る電池」、災害時に活用:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021800129&g=eco
【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は15日、日産自動車が仏自動車大手ルノーとの経営統合の阻止に向け、日本政府に支援を求めていたと報じた。日産幹部らがルノーの筆頭株主である仏政府の圧力を警戒し、カルロス・ゴーン被告が昨年11月に逮捕される数カ月前に経済産業省に要請した。 報道によると、経産省は当事者間の対話や意思決定を円滑にすることを目的とした合意文書案を作成。同省が協議を監視することを認める内容なども盛り込んだ。一方で、日産幹部の間では、日本政府による過度な干渉に…
日産、経産省に介入要請=ルノーとの統合阻止で-米紙:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021600379&g=eco
来日中の仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長は15日、横浜市の日産自動車本社を訪れ、同社経営陣らと会談した。業務運営の課題などについて意見を交換し、提携関係の重要性を改めて確認したとみられる。 スナール氏は今年1月、カルロス・ゴーン被告の後任としてルノー会長に就任した。同被告の不正問題を受けて悪化した日産、ルノー両社の関係改善を目指し、14日に来日。同日夜には日産の西川広人社長、三菱自動車の益子修最高経営責任者(CEO)と東京都内のホテルで会合を開き、3社の企業連合の強化について協議…
ルノー会長、日産経営陣と会談=横浜の本社を訪問:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021500913&g=eco
日産自動車と仏自動車大手ルノーが悪化していた関係の修復に動きだした。ルノーのジャンドミニク・スナール会長は就任から1カ月もたたずに訪日。日産の西川広人社長と2度目の直接会談を行い、「融和」を演出した。ただ、両社は資本関係の見直しや日産会長人事をめぐる火種を抱えており、協調路線の行方には不透明感もある。 日産とルノー、三菱自動車の3社連合は2018年に計1075万台の新車を販売し、世界首位の独フォルクスワーゲン(1083万台)に肉薄した。3社は規模を生かした資材調達などでコスト削減を進めている。西…
日産・ルノー、融和演出=資本、人事には火種:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021401124&g=eco
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告らの裁判に向けて裁判官と検察側、それに弁護側による初めての三者協議が14日に東京地裁で開かれました。三者協議は東京地裁で午後5時すぎから45分間ほど行われ、ゴー
日産前会長、ゴーン被告ら 裁判に向け初の三者協議 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16023455/
企業不祥事が相次ぐ中で、ガバナンス(企業統治)の向上につなげられるだろうか。法制審議会が、会社法改正の要綱を山下法相に答申した。社外取締役を1人以上置くことを大企業に義務づける。上場企業のほか、非
社外役員義務化 ガバナンス向上につなげたい - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16023086/
【パリ時事】フランス自動車大手ルノーのティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)は14日、決算発表後の記者会見で、日産自動車との連合を率いていたカルロス・ゴーン被告をめぐる不正問題について「多大なショックを与えたが、重要なのは継続だ」と述べ、日産との連携を引き続き重視する姿勢を示した。一方、仏政府が画策しているとされる日産との経営統合に関しては「時期尚早だ」と明言を避けた。(2019/02/14-22:02)
ルノーCEO、日産との連携重視=経営統合は「時期尚早」:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021401363&g=eco
仏ルノーの新会長に就いたジャンドミニク・スナール氏が14日、就任後初めて来日し、3社連合を組む日産自動車の西川(さいかわ)広人社長兼CEO(最高経営責任者)、三菱自動車の益子修会長兼CEOとのトップ
仏ルノー会長が初来日 日産・三菱自トップと3者会談へ - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16022242/
法制審議会(法相の諮問機関)は14日の総会で、虐待などで実親が育てられない子供に家庭的環境を与える「特別養子縁組」制度の利用拡大のため、原則6歳未満の対象年齢を15歳未満へ引き上げる民法の改正要綱な
特別養子年齢引き上げを答申 法制審 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16021205/
自身の役員報酬を有価証券報告書に過少に記載したとして金融商品取引法違反罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)らの公判に向け、裁判官と検察側、弁護側による初の3者協議が14日、東
ゴーン被告公判、整理手続き実施へ 初の3者初協議 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16021873/
ニュース一覧

日産自動車の注目の噂

日産自動車の全ての噂

日産自動車のタグ

日産自動車東証一部上場横浜市西区神奈川区1933年設立日経平均株価

日産自動車の噂をタレコミ

日産自動車株式会社の基本情報

日産自動車株式会社は、自動車販売台数がトヨタに続く第2位の日本の自動車メーカー。通称とブランド名は「日産 」。日本国外の一部では、高級車ブランドである、「インフィニティ 」も展開しており、現在はフランスの自動車製造大手ルノーとアライアンス関係である。 概要 本社は神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号。芙蓉グループに属する東証一部上場企業であるが、フランスの自動車製造大手ルノーが株式の44パーセントを所有しアライアンス関係である。日産自動車の関連会社には、委託製造会社である日産車体、モータースポーツ専門のニスモなどがある。また、国外では高級車の「インフィニティ」ブランドおよび新興国向けの低価...