pandy 白黒付けるメディア

NTTドコモに関する口コミ・噂

NTTドコモ(NTTドコモ)に関する噂・口コミランキングです。
当サイト内にNTTドコモの記事は全部で38件あり、注目度1位は「リストラをしている」であり、注目度2位は「ブラック企業である」であり、注目度3位は「独占禁止法に抵触するおそれがある」でDIAMOND online等のメディアで記事にされており、4位は「経営破綻する」、5位は「残業代が出ない」、6位は「激務である」、7位は「暴力団とつながりがある」、8位は「着服話がある」、9位は「痴漢した人がいる」、10位は「書類送検された」です。

ニュースリンク

NTTドコモは26日、複合現実(MR)を手がける米ベンチャー「マジックリープ」と資本業務提携に合意したと発表した。ドコモが2億8000万ドル(約310億円)を出資する。次世代通信規格「5G」を活用し、ゲームや産業などでの新たなサービスの展開を目指す。
ドコモ、MR米ベンチャーに出資=5G活用で新サービス:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042601249&g=eco
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社は23日、相手の電話番号を打ち込み、無料でメッセージを送信できる個人間の通信アプリ「+(プラス)メッセージ」について、5月から企業も参加できるようにすると発表した。個人は銀行口座の預金残高などの情報が企業から直接届くため、ホームページなどを開く手間が省ける。企業も住所変更などで個人宛ての文書が送り返されるリスクが軽減する。 企業は、会員登録などを通じ把握している個人の携帯電話番号を利用。本人を容易に確認できるため、預金残高や電話料金の…
無料通信アプリ、企業も参加=残高など直接通知-携帯大手3社:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042301180&g=eco
日銀は24、25日に開く金融政策決定会合で、最新の景気予測である経済・物価情勢の展望(展望リポート)をとりまとめる。世界経済の減速懸念が強まる中、景気や物価の下振れリスクについて議論。新たに示す2021年度の物価上昇率の見通しは、目標の2%に届かない見込みだ。 金融政策は、物価目標の実現に向けて粘り強く緩和を続ける必要があるとして、長短金利を操作する大規模緩和を維持する公算が大きい。 日銀が公表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、輸出や生産の落ち込みを背景に大企業製造業の景況感が2四…
24日から日銀決定会合=景気・物価の下振れ議論:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041600982&g=eco
NTTドコモは15日、端末代金と通信料金を分離する新たな料金プラン2種類を発表した。通信料金は最大で現在より4割の引き下げとなる。6月1日から提供を開始する。月額5980円で最大30ギガバイトまで高速通信できる「ギガホ」と、通信データ量に応じ、月額1980円から4980円まで変動する「ギガライト」の2種類。いずれも税別。
NTTドコモ、最大4割値下げ=6月から、携帯の新プラン発表:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041500692&g=eco
新幹線のトンネル内での携帯電話利用に向け、総務省東北総合通信局が対策工事への補助金交付を決めた。これで2020年度には東北・北海道新幹線(東京—新函館北斗間)と秋田新幹線(盛岡—秋田間)の全トンネル
新幹線、全トンネルで携帯OKへ 東北・北海道・秋田 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16314436/
総務省は12日、有識者会議を開き、NTTドコモをはじめ大手携帯電話4社に割当先を決めた次世代通信規格「5G」に必要な電波について、企業や自治体などにも地域限定で割り当てる方針を決めた。遠隔医療や自動運転などは人手不足が深刻な地方でニーズが強く、生産ラインを自動制御する「スマート工場」は地方産業の活性化につながるため、特定の周波数帯を開放して、高速・大容量通信の利用環境をきめ細かく整備する。 総務省は今年秋にも企業や自治体などを対象に地域版5G導入計画の申請を受け付け、必要な審査を経て、免許を付与…
総務省、携帯大手以外にも5G割り当てへ=遠隔医療や「スマート工場」後押し:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041201200&g=eco
通信速度が現在の数十倍になる第5世代の通信規格「5G」のサービスが2020年から始まる。5Gを使えば、2時間の映画が数秒でダウンロードでき、スマートフォンの操作でストレスを感じる場面は減りそうだ。車の自動運転や遠隔医療などにも活用でき、日常生活の利便性向上へ期待は大きい。 5Gの主な特長は「高速・大容量」「低遅延」「多数同時接続」の三つ。高速通信の特性を生かせば、例えば、仮想現実(VR)ゴーグルを使い、遠く離れた家族や友人らと、隣同士に座って会話しながら会場でスポーツを観戦しているような臨場感が…
スマホ操作ストレスなく=5G、自動運転や遠隔医療でも:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041000969&g=eco
電波監理審議会(総務相の諮問機関、会長・吉田進京大名誉教授)は10日の答申で、高速・大容量の通信が可能になる第5世代通信規格「5G」の周波数を申請があった大手携帯電話会社に割り当てることを認めた。今年夏以降の試験提供を経て、2020年に商用サービスが始まる見通し。いよいよ日本でも5G時代が幕開けする。 5Gの通信速度は現在の数十倍。通信の遅延がほぼなく、一度に多くの機器に同時接続できるため、自動運転や遠隔医療など産業への応用も幅広く見込まれている。 石田真敏総務相が同日夕、NTTドコモ、KDDI…
日本も5G通信時代へ=携帯大手に周波数割り当て:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041000197&g=eco
NTTドコモは8日、地方銀行と協力し、IoT(モノのインターネット)を活用した中小製造業向けのサービス「docomo IoT 製造ライン分析」の提供を始めた。製造機械の稼働状況を可視化・分析し、作業工程の効率化など生産性向上を後押しする。
ドコモ、製造業向け生産性向上サービス=地銀と連携:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040800902&g=eco
NTTドコモは2日、人工知能(AI)を活用したオンデマンド交通システム「AI運行バス」の本格的な商用運行を開始したと発表した。全国10カ所で実証実験を続けてきたが、このうち、九州大学(福岡市)と正式契約を交わした。2日の運行出発式で吉沢和弘社長は「九州大学でスタートし、全国で交通課題を抱える地域に展開していきたい」と強調。2020年度までに全国100カ所での導入を目指す。
NTTドコモ、九大でオンデマンド型AIバス=商用運行開始:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040200534&g=eco
ニュース一覧

NTTドコモの注目の噂

NTTドコモの全ての噂

NTTドコモの噂をタレコミ